2019年6月15日 (土)

相乗効果

昨日は高齢者のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

梅雨ながらが降りませんでしたが、

せっかくなので『雨にぬれても』などの映画音楽を弾いたり、

『雨降りお月』などを利用者さんに歌ってもらったりしました。

 

ところで、通訳案内士の仕事の経験が少しずつ増えてくると

こういったピアノの活動にも相乗効果が出てくると感じています。

 

持ち時間をきっちり守って時間内で楽しんでもらうこと、

紙やジェスチャーを使って分かりやすく、

無理強いをしてはいけない、

しかし、相手のペースにはまらないように進行はサクサクと、など

本質的に似ていることが多いからではないかと思っています。

 

今回、このジェスチャーで混乱してしまいました。

 

歌の伴奏の前に「2番まで歌いますよ~」と最初に声をかける際、

指でも数字を示そうとしたのですが、

親指と人差し指を立てるのか?

人差し指と中指のチョキなのか?

分からなくなったのでした。

 

仕方ないので両方やりました。

指の運動みたいですね。(^^ゞ

 

実は、ドイツ人やスイス人のお客様と電車に乗る時、

「〇番線の電車に乗りますよ~」

と指でも示すようにしています。

2番線を使う機会も多く、

外国式?の親指と人差し指の"2"を何度も練習したからでしょう。

 

こうした混乱を乗り越え!?

ドイツ語もピアノもパワーアップしていけたらと思っています。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

笑顔になるピアノ

今月も月に一度の病院でのピアノ演奏に行ってきました。

梅雨にはまだ早かったので、明るい5月の雰囲気のある曲を弾きました。

 

私は患者さんやご家族に背を向ける位置でピアノを弾くのですが

生演奏を聴くことによって

だんだんと笑顔になっていく様子が伝わってきます。

 

そして何よりも、音楽を聴いた感想を語り合っているのを見ると

「ああ、今日もここに来て本当によかった」

と思えるのです。

非日常の風が吹いたらいいな・・・と。

 

楽器演奏は継続的な練習が必要です。

月に一度の活動のため、また地道に指を動かすことにしましょう。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

パスポートのいらない世界旅行♪

月に一度のデイケアセンターでのピアノ演奏に行ってきました。

一時間の持ち時間の中で、おもに世界の音楽を弾くので

パスポートのいらない世界旅行♪

と銘打っています。

 

今回は、 

『野ばら』、『エデンの東』、『アマポーラ』、『グノーのアヴェ・マリア』など

さわやかな風が吹くイメージで選曲しました。

 

長時間のフライトは無理でも、音楽を通して世界旅行にご案内~~。

この活動を何年続けても、一つとして同じ旅はありません。

 

来月はにまつわる名曲の季節、選曲するのが今から楽しみです。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

令和元年のピアノ

昨日は病院でのピアノ演奏でした。

ライフワークとして続けている活動なので

仕事とは全く別物として時間を確保しています。

 

とはいえ、練習時間にはやはり限りがあり、

久しぶりに楽譜を見たら、音符がおたまじゃくしに見えました。(^^ゞ

今までこんなことは一度もなかったのに・・・。

なぜおたまじゃくしを言われるか、やっと理解できました。

一方、指は普通に動くところがまた人体の不思議でもあります。

 

演奏後に書く書類には、”令和元年”と記入しました。

手書きで令和と書いたのは初めてですねぇ~。

元年というと、なんだか気持ちも引き締まります。

 

初心を忘れず、ピアノもしっかり続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

元号にまつわる2つの話

今月は、ドイツ語圏のお客様のご案内と

いつものピアノ演奏で日が過ぎていきます。

そんな中、元号について実感することがありました。

 

以前、ガイドの際に使うドイツ語の元号リスト(西暦と対比させた表)を作りました。

明治神宮や皇居に行く時に見せようかなーーと思いつつ、

元号の話を出すとかえって混乱するので持ち歩くだけとなっていました。

 

しかし、今年に入り、元号の概念がドイツ語圏でも報道されたようで

一気に関心が高まりました。

 

元号リストを見せると

「Heiseiはどういう意味? Reiwaは?」

と聞かれます。

 

明治神宮では、元号リストを見せながら

Meiji時代についても説明しやすくなりました。

 

もう一つ。

 

毎月行っている高齢者のデイケアセンターでのMCで

「私は毎月来ていますが、次に来る時は令和元年になります。

明治、大正、昭和、平成に続き、令和の名曲も楽しみましょう」

などと話しました。

 

見渡したところ、大正生まれの方は多そうです。

昭和と平成を生き、今も楽しく音楽を聴くことができる。

すごいなぁ・・・。

 

いい音楽を提供できるよう、私も健康に気をつけて活動していきますよー。

| | コメント (2)

2019年3月 4日 (月)

旅立ちの日に♪

今日は、月に一度の病院でのピアノ演奏でした。

雨が降ったので、楽譜にゴミ袋をかぶせて出かけました。(^^ゞ

 

病院の中に入ればポカポカと暖かく、雨のこともつい忘れそうになります。

『早春賦』や『うれしいひな祭り』などの季節ものを弾きました。

 

そのうちの一曲について、ボランティア仲間さんに

「きれいな曲ですね」

と声をかけられました。

 

希望にあふれた曲調が印象的な『旅立ちの日に』という曲で、

若者の定番卒業ソングだそうです。

 

実は、クリスマスや卒業の音楽は弾く機会が限られており、

演奏当日に向けての練習の負荷が重くなります。

絡まる指を乗り越え、このような感想をいただけたことはありがたい限り。

 

来月は桜の季節ですね~。

また事前にしっかり準備しておくことにしましょう。(^-^)

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

今月もピアノを弾きに。

先週土曜日は高齢者のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

 

月に一度の活動のはずが、新しい仕事を始めたりした関係で

時はあっという間にスギ、2,3週間に一度のような感覚です。

この勢いでスギ花粉の季節も過ぎてくれるといいのですが・・・。

 

今回は『太陽がいっぱい』などの映画音楽も数曲弾きました。

50代後半から60代のスタッフの方たちの世代にぴったりだったようで

むしろスタッフの方が喜んでいたかもしれません。

 

それにしても、私にとってのピアノは「呼吸する」といった

生きることそのもののような気がしています。

 

荒波を知らないが故、というのも大きいとは思いますが

旅行関係の仕事が忙しくなったとしても

来月も、再来月も、楽しい音楽を提供していきたいです。

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

週末のあれこれ。

1月も残り少なくなりました。

私の毎日もだんだんと具だくさんになっています。

 

■木曜日その1

旅行の仕事を扱っている都内の会社にて面接を受ける。

デカいスーツにもだんだん慣れてきました。

結果は合格

しかし、これからが本番です。

仕事に穴を空けないよう、スケジュールと体調の管理はしっかりと。

 

■木曜日その2

東京ドームのふるさとまつりにて、若いご夫婦とドイツ語会話。

ベルリン出身のお二人は、仕事で日本に滞在しているとのこと。

ようこ夫がドイツ語に気づき、私が話しかけたのですが

向こうは日本人がドイツ語を話すのにとても驚いていました。

 

ああ、そろそろドイツ語のクラスを決めて勉強を再開しなければ・・・。

 

■金曜日

デイケアセンターでのピアノ演奏。

久しぶりにシューマンの『トロイメライ』を弾く。

クラシックの曲は練習に時間がかかるため、

比較的余裕のある時にしか準備できません。

パワーを注いだ甲斐あって、楽しんでもらえたようです。

 

あああああ、来月は何を弾くべきか。

私の中ではいつもこの心配ばかりです。

 

■土曜日

ようこ夫の先輩方との飲み会に私も参加。

家族ぐるみ化が進み、小学生を含めて3家族が集まりました。

イタリア料理のお店でワインを飲みながら盛り上がり、

気が付くと、会計は先輩の旦那様(メンバー最年長)に

やっていただいていました・・・。(タラーーーーッ:汗、汗、汗)

 

Img_20190119_184716_r1  

 

さて、今週はどんな毎日になるでしょうか。

よい一週間を!

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

今年も病院に音楽を。

昨日は七草がゆの日でした。

年が明けてもう一週間が経ってしまったとは・・・。

朝はゆっくりと炊いた七草がゆをいただいて胃を休め、

午後は病院でのピアノ演奏でした。

 

冬もきれいな名曲が多く、

「病院でこのような音楽が聴けるとは!」

と、とても驚かれました。

生演奏のある心おだやかなひとときを過ごし、

また病気と向き合う気力が出たら何よりです。

 

今年も毎月病院に行って季節の音楽を届ける予定です。

元気オーラが出せるよう、私も健康管理に努めます。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

2018年、ボランティア納め

12月も終わりに近づき、時間がどんどん過ぎていきます。

先週土曜日は、高齢者のデイケアセンターでピアノを弾きました。

 

今月はの音楽も演奏。

選曲をクリスマスだらけにしてしまうと、なじみのない方もいるため、

3曲+『きよしこの夜』をみんなで歌うプログラムにしました。

うむ、このぐらいがちょうどよい感じです。

 

月に一度の演奏で年間12回、病院も合わせると24回になります。

9月は旅行とピアノの発表会とガイドの下見が一度に押し寄せ、

どうなることかと思いましたが、なんとか時間を作ることができました。

 

最近は「ボランティア」という言葉もよく聞かれるようになりましたが、

私は引き続き、音楽の世界で持続可能なボランティアを目指します。

 

今年はこれにてボランティア納め、

来年は七草がゆの頃、病院で活動再開です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧