2018年6月17日 (日)

『カルミナ・ブラーナ』(2018.6.16 東京文化会館)

東京文化会館にて、合唱舞踊劇『カルミナ・ブラーナ』を鑑賞しました。

最近、私が上野に来るのは研修か案内か展覧会か・・・という感じで

大ホールの中に入るのは、いつ以来かも思い出せないほどです。

 

そんな私も、子供の頃は親に連れてきてもらい、

この大ホールでよくバレエを観ました。

 

この『カルミナ・ブラーナ』は、中世に書かれた詩(ほとんどラテン語)に

1900年代にドイツ人のオルフが曲をつけた作品で

短い歌が次々と演奏される形式です。

 

演出は、創作バレエの第一線で活躍している佐多達枝先生。

舞台中心にダンサーのスペース、

上手と下手にコロス(踊り付きの合唱)、合唱隊、

歌によっては独唱のソプラノ、テノール、バリトン、児童合唱が登場します。

オーケストラピットには東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の皆さん。

想像以上の壮大なコラボレーションでした。

 

ラテン語といえば、"Ave verum corpus" などの宗教音楽を思い起こします。

しかし、『カルミナ・ブラーナ』においては、配布された対訳によれば

季節の風景や酒場の様子、もっと日常のことが描かれていました。

 

一曲目は、CMなどで一度は聴いたことのある「おお、運命の女神よ」

迫力ある合唱でつかみはOKです。

他の曲は知らないながらも、メロディーは新しい感じで聴きやすいです。

 

演奏中は字幕がないため、歌の意味が分からないのですが

バレエのダンサーによって視覚化することで、

明るい内容なのか、コミカルな内容なのか、理解できました。

久しぶりのバレエは、あの頃と変わりなく、

脚を斜めにスーッとあげたり、トゥ(つま先で)立ったりして

子供の頃にこのホールに来たことを懐かしく思い出しました。

 

独唱のバリトンは、加耒徹さん。

聴くたびに引き出しが増えていると感じます。

今回も出番が多く、さまざまな声色を楽しませてもらいました。

加耒さんはオペラも学び、舞台にも立っているからでしょうか、

舞台に出てきた時の流れのスムーズさ、

そして、他の出演者との存在感のバランスがよいと思いました。

 

ものすごいエネルギーが押し寄せてくる舞台でした。

今も頭の中には、「おお、運命の女神よ」がぐるぐる回っています。 

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

『THE ALFEE 45th Anniversary 春ノ巻』(2018.5.27 NHKホール)

5月27日(日)は、THE ALFEEのNHKホールでのコンサートでした。

私はなんと5年ぶりのNHKホールです。

毎年コンサートがあるのにねぇ・・・。

 

※MCの内容、曲名が登場します。ネタバレ注意※

 

 

 

2階席下手(しもて)側に、いつものコンサート仲間と3人での参加です。

さすがはNHKホール、開演前から客席の熱気と集中力がすごいっ!

 

中学生、高校生、大学生の頃に聴いたあの曲、この曲も演奏され、

桜井さんの美声もしっかりと堪能♪

今でもその頃の歌は、歌詞がすっと出てくるのが不思議です。

 

そして、こぶしを振り上げて、ノッていながらも、

いつものようにステージにいてくれるTHE ALFEEと

アル友(とも)さんたちにほっとする自分がいました。

 

高見沢さんは、7月13日に出版される本について語っていました。

これからはTHE ALFEEと作家の二刀流でがんばるそうです。

 

これほどグループとしてのキャリアの長い高見沢さんが、

本を書けたことを素直に喜んで話していたのが印象的です。

タイトルは『音叉』(文藝春秋)、ぜひよろしくお願いします。(^o^)

 

さて、コンサートのラストは、『TIME AND TIDE』でした。

きらきらと光る波打ち際の光景を描くバラードの名曲。

なかなか生で聴く機会がなく、一音も聴きもらすまいと

会場全体がものすごく集中していたように思いました。

 

今回のコンサートも心から楽しんで元気をもらいました。

6月はいろいろとハードになりそうですが、乗り切れそうな気がしています。

| | コメント (2)

2018年4月 8日 (日)

『Katsumi Toi's 25th Anniversary Live performance Exelsior』(2018.4.7 六本木)

昨日は久しぶりにライブに出かけました。

舞台を中心に活躍中の戸井勝海さんが25周年を迎えた記念の会です。

 

私は昼部に参加。

1999年の『レ・ミゼラブル』から観ているので、20年近くになりますね。

Img_20180407_154239  

客席はレストランのようにテーブルがあり、最初に軽食をいただきました。

 

会場が暗くなると、ほどなく戸井さんの硬派な朗読でライブが始まります。

楽しみにしていた歌は、ピアノの生伴奏で披露されました。

軽い感じの曲、重い意味を持つ曲。

歌が始まると、表情や声であっという間にその世界観に引き込まれます。

 

ここでスペシャルゲスト、土居裕子さんが登場。

戸井さんの(大)先輩で、ハリのある安定した歌声が素敵な方です。

私の中では、ミュージカル『ひめゆりの塔』がとても印象に残っています。

 

土居さんと並んでいるだけで、

タジタジとなる戸井さんがなんだか可笑しかった~。

土居さんとのデュエット、土居さんのソロ『タン・ビエットの唄』もあって

とてもバランスのよいゲスト出演だったと思います。

 

戸井さんのトークは真面目な人柄そのままでした。

ものすごい汗をかくという話も本当なんだなぁと思ったりも。(^^ゞ

 

今回、本当にいろいろな歌が演奏されました。

あえて一曲感想を書くとしたら、『マイ・ウェイ』

今までは漠然と聴いていた曲ですが、

戸井さんの真摯な歌声にのって、歌詞の素晴らしさが心に届きました。

と思ったら、会場中がすすり泣きに・・・。

歌の力はすごいですね。

 

80歳でも舞台に立ちたいという戸井さん、

トークや選曲の中に、新たな挑戦への意気込みが感じられました。

50周年に向けて、ますますのご活躍を楽しみにしております!

| | コメント (2)

2018年3月 4日 (日)

第58回 遊史郎の落&P

3月3日のひな祭りに、

高円寺Grainにて”第58回 遊史郎の落&P”を開催いたしました。

 

今回は初参加の方が4名様。

開演前の食事タイムに、リピーターさんたちと乾杯する姿もありました。

 

そんな和やかな雰囲気の中、ピアノから始まります。

『ロンドンデリーの歌』、サン=サーンスの『白鳥』を弾いたのち、

落語「天狗裁き」とのコラボ曲はドビュッシーの『夢』を選びました。

摩訶不思議な響きが印象的な曲です。

 

続いて、三遊亭遊史郎師匠の落語です。

「天狗裁き」は、主人公が見た夢(実際には見ていない)を話すよう、

いろいろな登場人物にしつこくせがまれる噺。

最初は近所の人だったのが、最後は天狗まで登場します。

こちらも夢を見ているような不思議なストーリーでした。

 

休憩をはさみ、後半は唱歌で構成されたピアノの『春の歌メドレー』から。

ひな祭りの音楽もメドレーに取り入れました。

 

落語二席目は「紺屋高尾」だったので、

人と人のつながりをしみじみと歌った『糸』にしました。

花魁の高尾と紺屋職人との物語はいかに進んでいくのか?

間近で聴く落語に客席が集中しているのが伝わってきました。

 

遊史郎師匠の大熱演の後は、お客様との歓談タイムです。

落語に登場した高尾がどれほどの美人だったのか?

きっと、人それぞれの高尾像があるよね~、

といった話題で盛り上がりました。

 

ご来場ありがとうございました。

60回目指してがんばります!

 

二席をしゃべった後の三遊亭遊史郎師匠です。

Yushiro58  

 

※このイベントに一度参加してみたいという方がいらっしゃいましたら

 プロフィール欄に出ているメールアドレスにぜひご一報ください。

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

『藝大130周年記念音楽祭 迫真のオーケストラ』

1月8日(祝)、早速今年1回目の演奏会に行ってきました。

会場は、上野の東京藝術大学構内にある奏楽堂です。

 

藝大130周年を祝う催しの一つで、

大学の卒業生や教員、学生で構成されたオーケストラを聴く企画でした。

いつも仲良くしていただいている卒業生から情報をいただきました。

 

パンフレットによると、オーケストラのメンバーは、

藝大を卒業して外国の大学院の首席だったり、

〇〇管弦楽団コンサートマスターだったり、

さまざまな音楽大学の先生だったり・・・、スゴ腕揃いという印象でした。

 

演奏曲目はベートーヴェンの作品二曲。

 

一曲目は、<<ピアノ協奏曲第5番>>「皇帝」で、ピアノは迫昭嘉先生です。

ピアニストとしてはもちろん存じ上げていましたが、

東京藝術大学の音楽学部長だとは直前まで知りませんでした。

 

ベートーヴェンのメロディーの美しさ、優しさが惜しみなく伝わってくる演奏で

キラキラと輝くトリルなど、もう鍵盤に目がクギ付け・・・。

 

曲が進むにつれ、

ピアノとオーケストラがどんどん近づいて一体化していく様子もまた、

協奏曲を聴く醍醐味だと思います。

(指揮:小泉和裕、コンサートマスター:相曽賢一朗)

 

休憩をはさみ、二曲目は、あの有名な<<交響曲第5番>>「運命」

指揮は一曲目と同じく小泉氏、

コンサートマスターは藝大学長の澤和樹先生でした。

 

澤先生については、若手のヴァイオリン奏者育成に力を入れているという記事を

日経新聞で読んだことがあり、その温かいオーラを間近で感じとりました。

 

♪ジャジャジャジャーーーン。

「運命」はドラマチックでありながら、

各楽器のハーモニーが美しい名曲だと改めて認識。

 

よい音を聴くと、頭の中がきれいになったような気がします。

今年も音楽を楽しむ一年になりそうです。

ありがとうございました。(^-^)

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

『BEST HIT ALFEE FINAL 2017 冬フェスタ』(2017.12.24 日本武道館)

THE ALFEEファン歴34年余り。

30年続いているの武道館コンサートに

遅ればせながら、初めて参加しました。

 

クリスマスイブに家を空けるなんて・・・と思い込んでいたら、

ようこ夫はお風呂掃除をしながら、快く送り出してくれました。

 

さてさて、どんなコンサートなのでしょうか?

まず、アリーナと一階席の入口にツリーがあって驚きました。

Img_20171224_174315_r1  

 

コンサートの看板には、リースも飾られています。

Img_20171224_213050  

 

チケットもぎりの皆さんは、サンタトナカイの格好をしていて

クリスマスムード満載でした。

 

おっかなびっくりアリーナ席に向かうと、

いつものコンサート仲間さん2人が温かく迎えてくれました。(^o^)

 

この日は、一年に一度だけ聴くことのできる

THE ALFEEのが登場すると言われていて、

いつ出るか、いつ出るか、と一曲目から構えてしまいます。(^^ゞ

 

3人のハーモニーがいつにも増して素晴らしく、

あの曲、この曲を楽しんでいるうちにアンコールへ。

 

アンコールでは、クリスマスツリーの衣装を着た桜井さん、

トナカイの坂崎さん(相対的に普通に見える)、

チャイナドレスを着た高見沢さんが登場。

 

高見沢さんを見た桜井さんが、あの美声で

「クリスマスというよりは、旧正月みたいだな」

の一言がツボに入りました。

サービス精神旺盛な3人に頭が下がります。

 

そして、一回目のアンコールラスト、さりげなーく

年に一度の「聖夜-二人のSilent Night-」が始まりました。

私はカセットテープで聴いていたので、初めての生演奏に感激しました。

テープよりも、かわいい感じに聴こえますね♪

 

サンタクロースの衣装を着たダンサーズ?が出てきて曲に合わせて踊ります。

もう、そのインパクトが強すぎて

ついついステージのTHE ALFEEを見失ってしまったほど。

 

楽しく過ごした後は、バラードの名曲、

何十年経っても人気のメッセージソングが演奏され、終演となりました。

 

二階席は立見まで出るほどぎっしり満員の日本武道館。

楽曲やファンへの想いなど、THE ALFEEの底力を感じた一日でした。

来年のライブも、とてもとても楽しみにしています。

 

そして、いつもコンサートに誘ってくださるコンサート仲間さん、

今年もお世話になり、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2017年12月24日 (日)

第57回 遊史郎の落&P

12月23日(祝)、高円寺Grainにて、

”第57回遊史郎の落&P”を開催いたしました。

初参加の方が3名、他はリピーターの方々です。

 

出来立ての中華料理を楽しんでいただいた後、

ピアノ、落語、休憩、ピアノ、落語という流れで進めます。

食事の段階から、顔見知りのお客様同士が健康の話で盛り上がったりして、

回数を重ねるならではのやりがいもあります。

 

さて、私は「パッヘルベルのカノン」などを演奏。

三遊亭遊史郎師匠の落語『河豚(ふぐ)鍋』の前には、

料理番組のテーマ曲を弾きました。

 

落語『河豚鍋』は、河豚のを心配する人々が

いかに人に食べさせて、安全性を確認するか?

という笑いあふれる噺です。

今だったら、むしろ人にとられないようにさっさと食べてしまうところですが・・・。

 

休憩をはさみ、「クリスマス・メドレー」としてヨーロッパの音楽を選曲。

 

落語『宿屋の富』の前には、宿屋つながりでイーグルスの「Hotel California」です。

スリランカ旅行の際、どこのホテルに行っても、

夕食時にこの曲の生演奏があったので、準備しておいたのでした。

ピアノをギター風に弾くのも、なかなか面白いものです。

 

落語は、本当はお金持ちでもなんでもない主人公が

つい見栄をはってしまう様子が可笑しくてたまらないだけでなく、

宿屋で買ったクジが当たるかどうか?というハラハラドキドキもあります。

 

師匠の熱演にお客様も大笑い!

噺の中だけでもお金持ちになりたいものです。

 

三遊亭遊史郎師匠

Yushiro1223  

 

終演後は、師匠も含めて和やかに語り合いました。

年末のお忙しい中、ご来場の皆様にお礼申し上げます。

 

---

今年一年、落&Pを応援してくださり、ありがとうございました。

また来たくなる会を目指して、これからも工夫していきたいと思います。

2018年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

『グランプリファイナル 2017 AICHI/NAGOYA』(2017.12.7 日本ガイシホール)

フィギュアスケートのグランプリファイナルのチケットが当選し、

2泊3日で名古屋に行ってきました。

チケット取りは9月頃の抽選に応募したので、数か月がかりの計画です。

 

グランプリファイナルは、カナダや中国など、

世界各地で行われた大会で好成績を収めた選手が出場できる国際大会です。

 

会場の日本ガイシホール

Dscn0967  

 

私は一日のみ、

Jr.ペア、Jr.男子シングル、Jr.女子シングル、

氷上オープニングセレモニー(愛知県知事と名古屋市長のご挨拶)、

Sr.ペア、Sr.男子シングル、Sr.アイスダンス

という流れで、14:10~21:40頃まで全競技を観戦しました。

(各種目6組ずつ)

 

やはり直近の大会を勝ち抜いた選手ばかりなので、

どの種目もレベルが高くて驚くばかりです。

 

Jr.男子シングルのアレクセイ・クラスノジョン選手は、

コサックダンスのような衣装で、コロブチカを演技しました。

あまりにも素晴らしくて、スタンディングオベーションで称えました。

 

Jr.女子シングルは、6人中5人がロシアから出場、

残り1人は日本人の紀平梨花選手。

堂々としたもので、リンクを存分に使った見事な滑りでした。

 

種目が終わるごとに整氷休憩が入り、会場の外に出ることもできます。

 

街をあげての大歓迎、はち丸くんも来ていました。

写真撮影のみならず、握手までしてくれたのですよ~。

Dscn0972_r1  

 

風呂敷も重要アイテム。

Dscn0971_r1  

 

さて、競技に戻りましょう。お待ちかねのシニアが始まります。

 

Sr.ペアは、アクロバティックなジャンプなども見どころです。

ドイツから出場のペアが1位でした。

何もかもがきれいに決まっているなぁと感じました。

 

会場に貼られた滑走順

Img_20171207_151742  

 

続いて、Sr.男子シングルです。

 

ジェーソン・ブラウン選手は、テレビで見る通り優しそうな感じで、

その人柄を表すようなスケーティングでした。

 

今回、生観戦を楽しみにしていたセルゲイ・ボロノフ選手も登場しました。

オペラグラス越しに、イケメンであることを確認。

 

地元名古屋出身の宇野昌磨選手は、なめらか~に滑るのが印象的でした。

トリプルアクセル後の突然の転倒には、会場が?何が起きた?という空気になり、

すぐに大きな拍手で応援しました。

 

ネーサン・チェン選手の生4回転も拝めました。

多少軸が傾いても着氷してしまう様子はスゴイの一言です。

勝ちたいオーラも強く感じられたなぁ・・・。

 

だんだん私も疲れが出てきましたが、

この日最後のアイスダンスも観ていきましょう。

 

アイスダンスというと、男女2人が静かな音楽に合わせるのかと思いきや、

ラテンのリズムに乗って、テンポよくクルクルと踊るのでびっくりしました。

しかも、美男美女で身長も高め、オペラグラスが手放せなくなりました。

 

努力を積み重ねてきた選手たちに大きな拍手を送り、

あるときは手拍子、あるときはスタンディングオベーションをすることで

爽快な気分になります。

 

今回活躍した選手の多くは平昌オリンピックにも出場することでしょう。

またテレビ観戦の楽しみが増えました。

 

キス&クライのレプリカが名古屋駅に出現!

お客さんがここに座って記念撮影していました。

Dscn0976  

 

(名古屋観光、名古屋めしについては別記事に数回に分けて掲載します)

| | コメント (2)

2017年12月 3日 (日)

『BEST HIT ALFEE 2017 秋フェスタ』(2017.11.4 東京国際フォーラム)

一か月遅れのコンサートレポートになりますが、

11月にTHE ALFEEのコンサートに行ってきました。

 

会場は有楽町の東京国際フォーラム ホールA。

開演20分ほど前にホールに到着すると、

高見沢さんが小説を発表している”オール讀物”の物販が撤収していました。

机の上には何もなかったので、売り切れたのかもしれません。

小説も人気があるのだったら、本当にうれしいことです。

 

さて、今回の席は、約5000名収容の大きなホールの、

なんと、ろろろ、6列目でした。(しかもタカミー側!)

いつものコンサート仲間と一緒に

「オペラグラスを持ってきたけど、タカミーから見えたら恥ずかしいよねぇ」

などといって、 大きさよりも恥ずかしさが勝り、肉眼にしました。(^^ゞ

 

THE ALFEEの持ち歌の数は非常に多く、

コンサートの回数を重ねるほど、曲目が予測できなくなっています。

 

☆☆注意:ここから先、曲目を含みます☆☆

 

 

 

そんな中、30年以上前の曲である「トラベリング・バンド」は、

今もよいノリを保っています。

間奏のキーボードのフレーズが、当時ものすごいインパクトで・・・。

クラシックピアノを習っていた私が、

いつかは、こういう曲を弾きたい!!と思ったのを覚えています。

 

もう一曲、「悲しみが消える時--you are the rock--」 もよかったなぁ。(^-^)

大学のキャンパスが描かれた初夏の風景・・・と思っているこの曲、

いつ、何度聴いても、ゆったりとした気持ちになります。

 

アンコールではグループサウンズの曲も演奏され、

全体的にバランスのよい感じのステージでした。

 

12月20日には新曲「人間だから悲しいんだ」が発売されるとのこと。

コンサート時点で、リードボーカルは未定

3人でオーデイションをすると話していました。

 

THE ALFEEはますますパワフルに!

これからのコンサートも楽しみです。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

『ポッペアの戴冠』(2017.11.23 東京オペラシティ)

勤労感謝の日に、演奏会形式のバロック・オペラを鑑賞しました。

生誕450年の大作曲家、モンテヴェルディの作品です。

 

『ポッペアの戴冠』 (指揮:鈴木優人)

 

舞台の中央には、指揮者と管弦楽のバッハ・コレギウム・ジャパン。

珍しい古楽器の生演奏を、手元の動きを観ながら聴くことができます。

なんというぜいたく!!

その周りを囲むように階段があり、オペラの歌手たちが登場しました。

(舞台構成:田尾下 哲)

 

この公演の驚くべき点は、出演者全員がとにかく上手いのです。

さらに、ほとんどの出演者が何役も演じるため、

役の数よりも出演者の数が圧倒的に少ないのが印象的でした。

 

ところで、このオペラはサスペンスタッチの略奪愛ストーリーです。

よって、絶世の美女ポッペアは魅力たっぷりの方だったらいいなぁ・・・。

その期待に応え、ソプラノの森麻季さんが演じたポッペアは

エキゾチックでとてもお綺麗でした。

 

パワフルでコミカルな動きも多いオペラの中、

皇后役の波多野睦美さん(メゾ・ソプラノ)の歌は心に染み入りました。

 

バリトンの加耒徹さんは、神の使者メルクーリオとして

大きなホールの中心に立ち、堂々とソロを披露しました。

 

休憩2回を含めて4時間に及ぶ上演後は、拍手が鳴り止まず・・・。

なんだかすごいものと出合ってしまった感じがします。

バロック・オペラに圧倒された一日となりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧