2017年1月23日 (月)

盛りだくさんな週末

金曜日から月曜日の盛りだくさんな週末のご報告です。

 

◇金曜日

ハケンの仕事。モットーは、正確な情報処理と笑顔。

仕事を頼みやすい人でいたいなーと思っています。

 

◇土曜日

午後は高齢者のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

ピアノ演奏は、なるべく週に二回以上にならないように予定を分散させるのですが

今回は先方の都合で、病院とデイケアセンターが同じ週になりました。

曲のイメージに合わせ、電子ピアノの音色を選んだのが好評だったようです。

 

夜は、ようこ夫の学生時代の先輩ご夫婦と4人でご近所新年会

いろいろな日本酒を少しずつ飲みながら

17時半から午前0時までしゃべり続けました。

 

ちなみに、夫婦で出かける日の飲み会シールは、

わかりきっていても水色とオレンジ色の2枚を貼ります。

 

◇日曜日

飲んだ翌日でも、朝からピアノのレッスン♪

もちろんレッスン用の課題もあり、

仕事や家事、ボランティア以外の時間に練習します。

一見大変そうですが、この練習を真面目にやっていると指がよく動きます。

 

午後は家で都道府県男子駅伝観戦。

ラスト7区の青山学院大学の選手たちの駆け引きが面白かったです。

 

あまりにもくたびれたので、夜はようこ夫と近所のレストランで食事。

レストランに入ると、まさかのドイツ語が聞こえてくる!!

お酒もまわった頃、お店の方に了解を得て、そのお客様に話しかけました。

その方たち、お店のことを

Restaurantとは言わずにLokal(ロカール)と言っていました。

 

◇月曜日

ドイツ語会話教室。

毎週通っていると、どのぐらい上達したのかが分かりづらいけれど

日曜日のようにたまに実践すると、

なんとなーーく進歩が実感できる気がしないでもありません。

 

帰宅後、日曜日に会ったドイツ人からいただいた名刺あてに

御礼のメールを書き書き。

 

そしてようやくこのブログを更新できる状態になりました。(^-^)

今年も工夫しながら、いろいろな経験をしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

3日間

台風の影響などで、不安定な天候が続きます。

メダルで盛り上がりを見せたリオオリンピックも閉会式が行われ、

2016年の夏が過ぎていきます。

そんな夏の3日間の報告です。

 

○土曜日 デイケアセンターでのピアノ演奏

午前中は雷雨、午後は晴れる予報でした。

雨には遭わずに会場に着きましたが、

道中が暑くて暑くて、汗だくになってしまいました。(^^ゞ

 

リオオリンピックが終盤のタイミングだったので

ブラジルの音楽『サンバ・デ・ジャネイロ』もプログラムに入れました。

ウケるかどうか心配だったものの、

高齢の皆さんが笑顔だったのでほっとしました。

 

○日曜日 ピアノのレッスン

ピアノ教室の2週間の夏休みを終え、久しぶりにレッスンへ・・・。

日頃の演奏活動を支えるのは、基礎練習

先生からのアドバイスをしっかりメモしました。

 

実はオリンピックやスポーツ大会のある時は

ピアノの練習成果が上がる傾向にあります。

テレビ観戦の好きな私ならでは?

選手たちのたゆまぬ努力に影響を受けているのかもしれません。(^-^)

 

○月曜日 台風と観劇

台風がやってきた!昼頃にすごいことになる予報です。

まず、午前中のドイツ語会話教室は臨時休講となりました。

午後は、ドイツ語からハシゴする予定だった観劇予定があります。

 

前売りチケットを買ってあるし、うーーん、どうするべきか。

気持ちを落ち着かせるため、リオオリンピックの閉会式の中継を見ました。

緑色の煙突の周りでダンス・・・のあたりから。

後から、あの煙突は土管の出口だったことが分かりました。

 

さて、観劇の方はというと・・・。

レインコートと長靴を履き、一度、玄関のドアを開けて、、、、閉めて、

またドアを開けて出発しました。

出かけるまでは勇気が要りましたが、行ってよかった~。

観劇レポートは改めてアップします。

 

8月も残り約一週間。

計画通りに進められるよう、暑さに気をつけてがんばります。

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

マスタリズムを提出

梅雨入りの知らせも聞かれる中、いかがお過ごしでしょうか?

ブログにあまり登場しませんが、私は日曜日にピアノ教室に通っていて

2月頃からずっと、発表会に向けた準備をしてきました。

 

ドラムとベースのプロミュージシャンにサポートしていただく関係で

そのための楽譜(マスタリズム)制作が必要です。

締め切りは本日日曜日、余裕で作り終えられるはずが・・・。

 

マスタリズム

Img_1052  

もともとは、月曜日から土曜日まで少しずつマスタリズムを書き、

日曜日に提出する予定でした。

 

しかし、月曜と火曜はドイツ語会話教室や仕事などで進捗なし。

水曜日も午後に予定があり、夜はドイツ語ガイドクラスで

五線紙に向かうことすらできませんでした。

 

しかも、ガイドクラスの途中、急に鼻の蛇口をひねったように

終わったはずのスギ花粉症のような事態に。>_<

 

頼みの綱の木曜日に作業を進めようとするものの、

どうにもこうにも調子が出ず、やむを得ず休養日にしました。

 

こうなってくると、マスタリズムの制作が間に合わないことによる

発表会棄権の危険が高まってきます。

棄権する場合と、残る日程で書き終える場合を頭で想像しながら、

ぼんやりと過ごす木曜日。

 

金曜日は仕事に出かけ、残るは土曜日一日です。

 

間に合わなかった時、先生にどれだけ迷惑をかけ、

自分がどれだけ悔しいかをシミュレーションして、制作開始っ。

幸い、体調はいつも通りに戻っています。

 

断続的に、合計7~8時間はかかったでしょうか。

分かりやすくて見やすい楽譜であればあるほど、

本番での演奏が素晴らしいものになると信じて

ついに完成させました。

 

本日、先生のチェックを受けて最終版マスタリズムを提出。

試験の出願が間に合ったような安堵感でいっぱいです。

 

これからはいよいよ、演奏の練習フェーズです。

カッコよく弾けたらカッコイイ楽曲になるはずなので、

想定した通りになるように、しっかり指を動かそうと思っています。

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

冬の六本木へ。

今日は、学生時代からの友人と六本木に出かけました。

朝から家のことをドタバタと片付け、

東京ミッドタウンで早めのランチをするために出発≡3

 

ミッドタウンもクリスマスの装い

Img_02072

野菜たっぷりの和食をいただいたら、

国立新美術館で開催中の ニキ・ド・サンファル展 へ!

 

物を埋め込んだような(絵のような)立体

鮮やかな色をしたものすごく大きなオブジェなど、

作品はもちろんのこと、

その時期のニキの生き方がどうであったかを考えながら

興味深く観ることができました。

 

撮影が許可された”ブッダ”

Img_0199 

左端に写っている人と比べると、大きさがイメージできるでしょうか?

 

美術鑑賞の後は、お茶をしながら

今後の展覧会情報などを教えてもらいました。

美術館めぐりも、ゆるゆると定期的に続けていると

それなりに体験が蓄積されていくような気がします。

 

さらに、同じ美術館で開催中の日展にも入場。

審査に通った大きな油絵を観て回りました。

 

最後に、東京ミッドタウンのイルミネーションを楽しみましょう。

Img_02092 

 

音楽に合わせてイルミネーション畑が光るショー♪

Img_02192 

Img_02252 

Img_02212 

 

クリスマスツリーもありました。12月は、もうすぐですね。

Img_0239 

一日でいろいろなものを目にして、リフレッシュできました。

誘ってくれた友人に感謝です。ありがとう~。(^v^)

| | コメント (2)

2015年8月28日 (金)

夏の美術館めぐり

7月、8月は暑い日も多く、空調の効いた美術館めぐりにぴったりです。

今年の夏に行った4ヶ所の美術展の報告です。

すでに会期終了しているものもありますが、ご了承ください。

 

■7月14日 三井記念美術館

『春信一番 写楽二番』

 

三越前駅すぐの重厚な雰囲気の美術館です。

アメリカのフィラデルフィア美術館に所蔵されている浮世絵が

時代を追って展示されており、初心者にも分かりやすかったです。

鈴木春信の当たりのやわらかい色合い、生き生きした写楽の人物画等、

落ち着いた雰囲気の中でじっくりと鑑賞できました。

 

■8月14日 茨城県天心記念五浦美術館

『異界へのいざない 妖怪大集合』

 

ようこ夫の実家に帰省し、高速道路で東京に戻る前に寄りました。

福島県に接する五浦(いづら)は、

日本美術に貢献した岡倉天心が住んでいた場所。

その場にふさわしい、文化の香りあふれる立派な美術館です。

 

今回は妖怪をテーマに、歌川国芳、河鍋暁斎、水木しげる・・・、

いろいろな時代の絵を観ることができました。

夏休みとあって、小学生たちも熱心に見入っていました。

Img_9575

 

■8月21日 出光美術館

『躍動と回帰』

 

ツウが訪れるような、厳かな空気の漂う美術館です。

桃山時代の美術品をまとめて観るチャンス!とばかりに出かけました。

 

うつわの展示も多く、その頃のことを具体的にイメージすることができました。

南蛮の雰囲気をもつ黒っぽい蒔絵

(漆に貝などで装飾を施したもの)は素晴らしく、

時を超えて、南蛮貿易を実感しました。

 

■8月24日 サントリー美術館

『国宝 曜変天目茶碗と日本の美』

 

大阪の藤田美術館の収蔵品が東京にやってきました。

明治時代の実業家 藤田傳三郎(とその息子たち)のコレクションで

時代もさまざま、日本のみならず、唐などの作品もありました。

タイトルにもなっている国宝 曜変天目茶碗は、

うつわの中に宇宙が存在するような、不思議で美しい茶碗でした。

 

名作率が高い美術展ではありましたが

一番興味をもったのは、お金持ちであるだけではなく

美術品に対するあくなき執念を持ち続けた藤田傳三郎その人です。

 

さあ、いよいよ芸術の秋が近づいてまいりました。

秋も、自分のペースで気軽に美術作品を楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (2)

2015年5月10日 (日)

ミッフィー展とグッズ

銀座松屋で開催されている『ミッフィー展』に行きました。

 

会場には、作者ディック・ブルーナさんの原画が惜しみなく展示され、

プロジェクションマッピングという技術により、

実物のミッフィー人形に色が加えられていく様子が見られました。

 

また、日本のアーティストによる”ミッフィー・アートパレード”コーナーがあり、

180cmもあるミッフィーが様々なセンスでアレンジされていました。

サンバイザーをつけてニンジン柄の服を着たミッフィーや

木の板に隠れているミッフィーなどがかわいかったです。

 

撮影OKコーナーには、ミッフィー映画で使われたセットもありました。

_r1

 

そして、出口の直後のグッズ売場がすごかった!

つくづく、この後に予定を入れていなくてよかったと思った次第・・・。

ちょっと見ただけでも欲しいものだらけで

一旦売場を出て、お茶を飲んで心を落ち着けてから買い物を始めました。

 

最初に目に入ったのは、初期の頃のミッフィー入りエプロン。

なんて穏やかな顔立ちなんだろう・・・と、即決しました。

Img_9341 

 

クリアーファイルとペンケース。

Img_93342 

ペンケースはもともと買う予定で、この日を待っていました。

会場では小さく見えましたが、今使っている物と同じサイズです。

クリアーファイルも種類が多かったのですが、

なぜか?この洋服ダンス風の柄がピンときました。(^^ゞ

特にこの花柄の洋服は子供の頃から好きでした。

 

レターセット

Img_9337 

これまた種類豊富で、カラフルなデザインを選びました。

他にポストカードも購入。

 

買った物は以上ですが、迷った品々を未練がましく記しておくと・・・。

 

飛行機で使うアイマスクネックピロー(首に巻く枕)

 →12時間乗っても眠れない体質なので、使う場面がないかも?

おしゃれな喫茶店にありそうな口が長くて細いホーローのポット

 →家にヤカンがあるし・・・。

青地に花柄のワンピースモチーフのしっかりした布カバン

 →これを持って街を歩きたーーいと思ったものの5000円超えだったので断念。

マスキングテープ

 →メタリック柄がかわいくて、んーーーーーーと悩むことしばし。

和風ティッシュカバー

 →高くなさそうだし、最後まで本当に使うかどうか考えました。

 

さらに、松屋銀座デパート内を上から下まで移動して

スナッフィー(茶色い犬)を探すイベントにも参加しました。

 

見ーつけた!でも、どこにいたかはヒミツです。

_r1_2 

結局、展覧会を小一時間観る予定が、

童心に帰ってミッフィーワールドを楽しんだ一日となりました。

ディック・ブルーナさん、いつまでもお元気でいてください。

| | コメント (4)

2015年2月25日 (水)

小休止(^-^)

今週は仕事が休みのため、小休止中です。

 

この時間は私にとってとても大切で、

次の活動に向けての休憩だけではありません。

 

魚を焼くグリルの重曹を交換したり、

玄米をまとめて精米したり、

粗大ごみの大きさを測って収集をお願いしたり、

行きたかったコンサートのチケットを申し込んだり、

もう、次から次へとやるべきことが出てきます。

 

ようやく一段落。(^-^)

 

正社員として働く仕事先の方たちは、

休みをはさむ今の業務について、私に申し訳なさそうにするけれど

このおかげで、ピアノもドイツ語も家事もできているのです。

 

なかなか上手く伝えることが出来ず、こちらこそ申し訳ない気持ちになります。

(・・・ので、ブログに書いてみました(^^ゞ)

 

さあ、せっかくの休みを有意義に使わなければ!

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

深夜のグランプリファイナル観戦(ネタバレ有り)

おはようございます。

二日連続のフィギュアスケート、グランプリファイナル観戦を終えたところです。

テレビの生中継はないので、海外サイトの映像を見ていました。

 

開催地はスペインのバルセロナ。

時差の関係で、男子フィギュアは午前4時台後半からの観戦となりました。

昨日はショートプログラム、今日はフリースケーティングでした。

 

仮眠をとると起きられなくなりそうだったので、ずっと起きていましたよー。

せっかくの夜更かしを有意義に過ごそうと思い、

ドイツ語の授業で配られた読み物を消化していました。

 

映像は途中で止まったり、

動きと音が大幅にずれていたり、

ジャンプ等で動きが大きくなるとモザイク状になったりして

「んんんんん?」

となることもしばしばでしたが、

リアルタイムで見られるありがたさに、手を合わせなければなりません。

 

 

さて、ここからは順位に関するネタバレ有りです。

テレビの放送を待ちたい方は読まないでくださいね。

 

私はこれから一時間半ほど寝て、ピアノのレッスンに行きます。

無事に起きられることを願って・・・。

 

 

ショートプログラムで6人中5位だったフェルナンデス選手がフリーで好調。

羽生結弦選手が1位になるためには、

その点数を超えられるかどうかがポイントになってきます。

 

大阪のNHK杯での不安そうな顔、

演技後の悲しそうな顔はもう見たくない・・・という一心で応援していました。

 

止まりがちな映像を見ていると、ジャンプが成功しまくっているようです。

動きが柔らかく、に対して優しく滑っているようにも見えて、

これはすごいことになるぞ!と背中がぞくぞくしてきました。

 

結果は、高得点を出して1位。

PCの前で、小さな音を出して拍手をしました。

テレビの放送が待ち遠しい。

 

練習の成果が出たのでしょうね。

2013年に続き、連覇おめでとうございます☆

私もいろいろなことをあきらめずにがんばろう、という気持ちがわいてきました。

 

それでは寝ます。おやすみなさい。Zzz...

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

『2014年、ソチの思い出~リンクに咲き誇る花たちへ~』

昨日は、ポピュラーピアノ教室のピアノ発表会@新宿 でした。

 

4年前には、『2010年、バンクーバーの思い出』として

発表会で2曲のメドレーを演奏しました。

 

今回は、よりパワーアップを目指し、

ソチオリンピックのフィギュアスケートで使われた4曲と

コブクロのNHKテーマソングをメドレー風にアレンジしました。

プロのドラム、ベースと一緒に弾きます。

 

曲の構成は以下の通りです。

 

■オープニング『今、咲き誇る花たちよ』

さあ、中継が始まりますよ!

 

■『パリの散歩道』(羽生結弦選手 ショートプログラム)

脚を”へ”の字にして横に滑るシーンも印象的でした。

私の希望で、ベースのソロを入れました。

 

■『ノクターン』(浅田真央選手 ショートプログラム)

ソチでは16位になった演技でしたが、その後のフリーでの立ち直りを表現したくて、

ピアノソロで有名な部分を弾きました。

 

■『ピアノ協奏曲第二番 第一楽章』(浅田真央選手 フリー)

重々しい出だしと、うねるような流れを繰り出すラフマニノフの名曲です。

弾きながら、トリプルアクセルを何度も飛んでいる気持ちになりました。

 

■『ロミオとジュリエット』(羽生結弦選手 フリー)

羽生選手の高いジャンプも素晴らしいけれど、

時々見せる寂しそうな表情も心に残りました。

前のラフマニノフから一転して、寂しさを表現できれば・・・と思いました。

 

■エンディング『今、咲き誇る花たちよ』

名残惜しいですが、テレビ中継もこれにておしまい。

ドラム、ベースとともに華やかに締めくくりました。

 

アレンジが終わってから気づきましたが、

通しで弾くと、ものすごく体力を使うことが判明。

発表会では、どうにか曲の終わりまでたどり着いてよかったです。

 

聴きに来て下さった皆様、ありがとうございました。

4年後のピョンチャンオリンピックまで現役でいられるよう、

私も努力していきたいと思います。

 

Piano


 

| | コメント (4)

2014年5月 1日 (木)

午前中に練習

早いもので、5月に入りました。

4月より始めたピアノの新しい練習方法も、無事に一か月続いています。

 

3月までは、家事を最優先にして、合間に15分の練習を数セット。

出番やレッスンの近さに応じて、セット数を決めていました。

それも、あれこれ優先しているうちに、時間帯は夜遅くに・・・。

しかし、この方法では、増えてきたレパートリーの維持が難しくなってきました。

 

ここで今一度、私のライフスタイルを整理しておくと

・人前で弾くピアノ

・2つの試験の合格を目指すドイツ語

・レッスン代のための月に6日の仕事

・丁寧にやりたい家事

何かを変えないと、ピアノが大変なことになりそうです!

 

そのヒントは、インタビュー記事の中にありました。

NIKKEIプラス1 食の履歴書 荒川静香さん(2014年3月29日付)

Img_7340  

荒川静香さんは、2006年トリノオリンピックの金メダリストで

現在はプロフィギュアスケーターです。

 

記事には、

”平日の午前中に1~2時間。選手時代と同じ技を必ずこなす。”

と書いてありました。

 

なるほど!これなら他のことと並行してできるかもしれない。

ただ、心配なのは、ピアノに1~2時間割り当てることで

ドイツ語の勉強時間が減るかもしれないことです。

考えても仕方ないので、まず、一か月挑戦してみることにしました。

 

ふむ、なかなか面白い結果になりました。

 

ピアノの練習前に、洗濯機のボタンを押し、お米を研いで浸水させる。

指の運動や練習曲などを一通りこなした後、炊飯開始

その後、レパートリーを3,4曲ランダムに選び、

指使いや音の強弱などを確認しながら練習・・・。

仕事のある日は、ショートバージョンで対応。

 

練習内容は、すべてノートにつけています。

曲名だけでなく、時間帯、天気、テンポ(速さ)はどのぐらい、などなど。

こうしておくと、次の練習にスムーズに入ることができるのです。

 

以上の点は、想定内だったのですが、

思いがけないよかった点を3つ挙げておきます。

 

・適度な疲れで、練習後のお昼御飯が超おいしい!!

・洗濯も炊飯も出来ているので、午後の時間が空き、

 結果的に、インターネットのドイツ語サイトを見る時間が作れた。

・夜、お酒を遠慮なく飲める。

 

これだけの効果が出ると、ずっと続けられそうです。

 

ところで、荒川静香さんは現在、

体調の理由(オメデタ)で演技披露をしておりませんが、

私は運よく、お休み寸前の4月11日に代々木で観ることができました。

 

テレビで見るよりも華奢で、エレガントな流れの中、技を確実に決めていました。

きっと今でも、午前中の練習は続けていることと思います。(^-^)

 

私もライフスタイルを実現するため、がんばります!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧