2020年6月10日 (水)

『有元葉子 うちのおつけもの』

ライフスタイルや料理本のラインナップが好きな書店、

ブックファースト新宿店に行きました。

 

好きなエリアを見て周った結果、こちらの本を購入しました。

『有元葉子 うちのおつけもの』

Img_20200610_000405  

きれいな本が数冊並んでいたので新刊かと思いきや、

2011年11月に出版された本でした。

家にいる時間が長くなり、こういった本の需要が高まっているのかもしれません。

 

本を見ていると、”おつけもの”といっても

塩、ぬか、しょうゆ、いろいろあることが分かります。

 

早速、この中に出ていた、にんにくのみそ漬けを始めました。

本ではガラス瓶を使っていましたが、我が家では野田琺瑯を利用。

Img_20200609_194455  

3~4日後から食べられるそうです。

私の好きな豚肉と相性がよいようで、出来上がりが楽しみです。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

心はドイツへ~『秘める恋、守る愛』~

4月17日はTHE ALFEEの高見沢さんの誕生日です。

ファンにとっては忘れられないこの日に、

作家 髙見澤俊彦の2作目『秘める恋、守る愛』が出版されました。

文藝春秋社の『オール讀物』に連載された小説が単行本となったのです。

 

舞台はドイツ。

時空を超えて、ミュンヘンやレーゲンスブルクを行ったり来たりします。

Img_20200417_193435  

 

ドイツが出てくるだけでもうれしいのに

語学学校でドイツ語を学ぶ日本人が主人公だったのには、本当に驚きました。

連載初回を読み、『オール讀物』編集部に小説の感想を送ったりしたなぁ・・・。

 

本を購入された方はぜひとも裏表紙をご覧くださいませ。

このタイトルがドイツ語になったらいいなぁと思っていたら、

さりげなーく出ていました。

直訳ではなく、素敵な形容詞が選ばれていました。*^^*

 

本来ならば、ドイツ語圏のお客様と日本を旅していたはずの私ですが

今はこの本を読み、心だけでもドイツに飛んで行きたいと思います。

 

ドイツや旅の好きな方にもおすすめしたい一冊です。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

これでカラダだいじょうぶだぁ~!

志村けんさんのご活躍は皆さんご存知の通りですが、

私は料理本を愛用していました。

あの語り口を思わせる文章で、作りやすくておいしい!

2000年代に仕事が超多忙だった頃、この本を見ながら食事を用意しました。

91380541_2621546484641869_66332965530773  

90823236_2621546627975188_78164089161111 

体に優しいレシピをありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

※左のGoogle検索に”志村けん”と入力すると、料理写真が出てきます。

| | コメント (11)

2019年3月 8日 (金)

趣味どきっ! 人と暮らしと、台所

今日は家でくつろぎました。

好きな25分番組(録画)を3本連続で見るぜいたくは、たまりませんねぇ~。

 

最近、NHK Eテレで放送されている”趣味どきっ!”

『人と暮らしと、台所』シリーズにハマっています。

バタバタしていて、録画が3本も溜まっていたとは!

 

テキストも購入。

青枠にはバラエティ豊かな出演者の名前が出ています。

Img_20190308_165408_r1_2  

 

写真がきれいな誌面も読み応えがあります。

こちらは、第1回講師の料理研究家 有元葉子さんのページ。

20190308165841

 

番組では、心地よい音楽と落ち着いたナレーションとともに

講師の台所が紹介されます。

 

その方の詳しい経歴はほとんど出てこないのに、

生き方や家族に対する考え方などが

台所を通して見えてくるのが不思議です。

 

それぞれの回を見ながら、

真似しようかな~、と、おしゃれになった自宅の台所を想像してみたり、

雑然としているところを整理しようと思ったり、

いやでも、あまり無理してもよくないな・・・と考え直したり、

クールダウンともいえる時間を過ごしています。

 

有元葉子さんは、一日の終わりに素手で台所を洗っていました。

料理研究家 コウケンテツさんは、

一品!作るごとにコンロに飛んだ汚れをささっと拭いていました。

 

どちらも真似できていませんが、そのうちやってみようかな?

 

このシリーズは、残り3回。

もう少し楽しめそうです。(^^)

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

『音叉』を買いに。

THE ALFEEの高見沢さんの本を買いに

新宿駅西口にある大型書店に行ってきました。

 

広い売場のどこに置いてあるのか・・・?

ファンとしては気になりますよねぇ。(^^ゞ

 

ここでは二か所、音楽書男性作家の売場にありました。

音楽書の中ではなるほど、経験の長いバンドらしいオーラを放っています。

 

おそるおそる行った男性作家のコーナーには、

浅田次郎、五木寛之など名だたる作家の本が置かれていて

その中にありました!

そして私は、偉い作家の先生の中にあった本を一冊購入。

 

小説は”髙見澤俊彦”名義で書いています。

Img_20180716_153820_r1  

 

装丁にはホログラムも。

Img_20180716_154052  

高見沢さんがコンサートで、うれしそうに話していました。

コンサートの照明のようにも見えます。

 

それにしても、黒地に黄色いブーツとは、

ロックな世界観をうまく表現している装丁だと思います。

 

実は12年前の春、たまたま本の装丁の展覧会に行ったことがあります。

ブログ記事はこちら

 

その時にいいなぁと思った装丁家が大久保明子さんでした。

髙見澤さんの本も大久保さんによるものです。

12年の時を経ても、変わりなくご活躍の様子に

私もとてもうれしくなりました。

 

さて、部屋を涼しくして読みましょうか。

『音叉』出版、おめでとうございます。

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

ミッフィーは泣いている

小さな頃から大好きだった、オランダ生まれの ミッフィー こと うさこちゃん

我が家の本棚には、この絵本が飾られています。

 

ドイツ語で”ミッフィーは泣いている”というタイトルの絵本です。

オランダ語版がドイツ語に翻訳されています。

Img_22802  

 

私のうさこちゃんファン歴は長く、幼稚園の頃だったでしょうか、

最初に買ってもらったグッズは枕カバーでした。

青地に小さいうさこちゃんの絵が連続してプリントされた布地。

とても気に入ってよく眠りました。

 

もう少し大きくなると、花柄のワンピースを着たぬいぐるみを買ってもらいました。

耳にワイヤーが入っていて、絵本のようにピンとしていたのが嬉しかったなぁ。

 

写真の絵本は、

1999年にベルリンの本屋さんをめぐってようやく見つけたものです。

 

まだドイツ語を話すことができず、

大学の第二外国語で覚えた

「イッヒ ズッヘ アイン ビルダーブッフ!」(私は絵本を探しています)

と言って、お店の方を困惑させた覚えが・・・。

 

あれから時は経ち、うさこちゃんの手帳やペンケースを使う大人になりました。

 

ディック・ブルーナさん。

こんなにもかわいいキャラクターを誕生させてくださって

本当にありがとうございました。

これからもミッフィーを大切にしていきたいと思います。

| | コメント (4)

2015年11月11日 (水)

料理本の”ながら読み”

今週は仕事も休みで、比較的マイペースに過ごしています。

 

そんな時は、料理本の”ながら読み”のチャンス!

家にある料理本を手に取り、

旬の食材、必要な材料、作る手順などを復習するのです。

 

本を見ているうちに

「この盛りつけ、やってみようかな」

「なるほど、この色の料理にはこのだったかっ!」

などと、だんだん頭の中で話が広がってくるのですが・・・。(^^ゞ

 

というのも、私は週に1,2回買い物+生協で

一週間のうちに摂取したい肉や魚、野菜(葉物、根菜)などを調達し、

後から食材が使えそうなメニューを考えるからです。

 

この野菜は、あの本のこの辺りに出ていたなーと思い出しながら、

料理本を開いています。

 

最近買った料理本はこちら。

『味噌汁専門店の具だくさん味噌汁100』

Img_01852_2 

東京駅のKITTEにお店を出している美噌元さんの本です。

季節に合った味噌汁が紹介されていて、器の使い方もセンスがあり、

楽しく”ながら読み”しています。
 

| | コメント (2)

2015年7月31日 (金)

真夏の読書

暑い夏の日、家でぐったりしていたいところですが

8月末に試験を受ける関係で、ドイツ語や日本史を勉強中です。

 

その一環で買った本をご紹介します。

日本橋 木屋 ごはんと暮らしの道具 

 

1792年に創業した 日本橋 木屋 が監修した本です。

刃物のお店としても有名ですね。

 

月ごとに6つの道具が写真入りで紹介され、

その歴史やエピソードが一ページに端的に書かれています。

 

江戸時代の百科事典『和漢三才図会』等の内容も含まれていて

ライフスタイル本というよりは、粋な文化史のテキスト風です。

先人の工夫や歴史の古さに驚いたりも・・・。

 

木屋といえば、私は木曽さわらのお櫃(ひつ)を愛用していますが

この本を読んでいると、あれもこれも欲しくなってしまいました。

 

例えば、六月の物相型。ひょうたんなどの形にご飯をくりぬきます。

お茶の葉を焙じる道具、茶焙じも使ってみたいなぁ・・・。

煮魚の調理の際に使用する敷き笊(ざる)もあったら便利そうです。

 

さぁて、一段落したら、本の内容を復習しながら

お店に実物を見に行くことにしましょう。(^-^)

| | コメント (2)

2015年3月15日 (日)

常備菜作りの午後

日曜午前はピアノのレッスン、月曜午前はドイツ語会話教室です。

どちらも午後の時間が空くので、必ずどちらかの時間帯に常備菜を作っています。

しっかり冷やせる白いホーロー容器はとても便利。

 

今週は、手元のレシピ本から

きゅうりのあえ物かつおふりかけを選びました。

Img_9084 

味見したところ、ごま油の効果で中華風になっています。(^-^)

 

Img_9087 

こちらのふりかけは、おかかおにぎりのような風味です。

レシピの4分の1の量で作っても膨大になってしまいました。(^^ゞ

 

他に焼いた鮭をほぐしたものも準備し、

食事的には無事に新しい一週間を迎えられそうです。

 

<<参考レシピ>>

きゅうりのあえ物:『曲げわっぱと常備菜で、おいしさぎっしり、おべんとう。』

おかかふりかけ:『野田琺瑯のレシピ』

| | コメント (2)

2014年6月17日 (火)

野田琺瑯のレシピ

月曜日のドイツ語会話教室の後、

ちょっとした解放感で、本屋さんに立ち寄ることがあります。

 

今日は、日頃愛用している琺瑯(ホーロー)容器のレシピ本を買いました。

(新刊です♪)

『野田琺瑯のレシピ』 

この本の発売については全然知らなくて、店頭で見て初めて知りました。

Img_7778_2 

 

私はいろいろな形の容器を持っていて、主に冷蔵庫で使っています。

 
Img_7779 

 

 
Img_7782 



Img_7784 

 

家にある容器のすべてに、調理済みの食材が入っていると安心します。

今週は特にバタバタしそうなので・・・。

 
 

ピンク色のラベルは、マスキングテープを使用。

もともと楽譜を作る時のために買ったものでしたが

油性ペンがにじまないのと、はがした跡がきれいなのとで重宝しています。

Img_77852 

 

レシピ本を見たところ、いくつか作ってみたい料理がありましたので

そのうちまたブログでご紹介できたら・・・と思っています。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧