2019年8月20日 (火)

間宮林蔵記念館

いわきへの帰省の途中、間宮林蔵記念館を訪問しました。

間宮林蔵といえば、カラフトの西側の間宮海峡

6月に稚内を旅した時、

うっすらとカラフト(サハリン)見たのをきっかけに興味を持ちました。

 

時間帯の関係で逆光ですが、宗谷岬で撮影した間宮林蔵の像。

Dscn3013_r1  

 

何となく、海沿いの北の方出身なのかなー?と思っていたら、

現在の茨城県つくばみらい市の出身と知り、驚きました。

 

常磐自動車道の谷和原インター近くに記念館があり、

帰省の折に訪ねた次第です。

 

田んぼの広がる地帯に建つ間宮林蔵記念館。

敷地内に移築された生家も保存されています。

北見ナンバーの車が駐めてあったので

北海道からのお客さんが来ていたのかもしれません。

Dscn3230  

 

間宮林蔵の像。

眉が太くて目のぱっちりした方だったようです。

Dscn3231_r1  

 

69106955_2176873322442523_31399440835065  

Dscn3233  

 

館内では、間宮林蔵についてのビデオを見た後、

2回にわたるカラフト探査の様子が描かれた絵や文章、

大きくて精密な地図などを見学できます。

 

ビデオによると、子供の頃から数理に長けており、

近くの川を堰き止めようとしている大人たちに的確なアドバイスをして

見事に達成したというエピソードが残っています。

これがきっかけで江戸で勉強する機会を得られたそうです。

 

21歳の時、箱館(函館)で伊能忠敬と出会い、師弟関係の約を結びます。

あの立派な地図は伊能忠敬の教えてあってのものだったのですね。

 

また、探査の際には、地元民に攻撃されそうになっても

コミュニケーション能力の高さで友好的に切り抜けたとのこと。

そして、2回目の探査で海峡を見つけたのです。

 

この海峡を間宮海峡として世界に紹介したのが

ドイツ人医師のシーボルトだったのです。

記念館にはシーボルトが発表した地図も展示されていました。

 

このような形で少しずつ興味の範囲が広がっていくのもいいものです。

次はシーボルト博物館あたり?

少しずつ知識を広げていけたらと思います。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

miffy and Yamanote Line

先日、東京駅八重洲口近くの飲み会に参加しました。

飲む前に東京駅の地下にあるmiffy styleという

ミッフィーグッズを扱っているお店に立ち寄りました。

 

ちょうど"miffy and Yamanote Line"というフェアの最中で

うさこちゃんが山手線の色の服を着ているグッズが売られていました。

JR東日本商品化許諾済の品々です。

 

もーーーーー超かわいくて、見れば見るほど欲しくなります。

飲み会の時間が迫る中、チケットファイルを購入しました。

Img_20190726_134231  

ディック・ブルーナ先生が使う緑はもっと濃い色ですが、

今回は山手線に合わせたのでしょう。

「絵本の中で使われた絵」の背景を電車にしてあるというのも面白いです。

 

絵の上にはオランダ語で電車での注意事項が書いてあります。

ドイツ語を勉強していると、なんとなく意味が分かります。 

 

このチケットケースの素晴らしい点は、

横幅の広いアルフィーのチケットがすっきり入るところです。

実は今まで、ちょうどのチケットファイルがなくて困っていました。

Img_20190726_134329_r1  

このうさこちゃんは私の中でベスト1といってもいいほど好きな絵です。

手を後ろで組み、首を少しかしげている様子がとてもかわいいです。

 

この後に飲み会がなければ、もっとあれこれ買うところでした。

8月3日には第2弾が出るそうです。また東京駅に行かなければ!(^x^)

| | コメント (2)

2019年5月10日 (金)

名前のこと。

通訳案内士の繁忙期はもう少し続きます。

気力と体力で何とか乗り切ろう !といったところです。

 

ところで、お客様と会った時にまず名乗るのですが、

私は「YOKO」とお伝えしています。

オノ・ヨーコさんの世界的なご活躍のおかげで

どのお客様にもすぐ覚えてもらえます。

 

さらに、漢字の意味も説明すると

「なるほど~」

とうなずかれます。

 

期待を込めて

「名字はオノ?」

と聞かれますが、残念ながらオノさんではありません。

 

最近は横浜の港を利用される方も多いので

"YOKOHAMA"のYOKOとも結びつきやすいようです。

 

私の両親が名付けの際に

「外国人と仕事をするであろう」

と予想したかどうかは謎ですが、この名前でよかったです。

 

この日も仕事。

「YOKO!」と街なかで30回ぐらい呼ばれました。(^^ゞ

さすが歌舞伎座。令和力高い看板ですね~。

Img_20190509_160903  

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成は 夢を叶える 三十年

久しぶりのブログ更新となります。

タイトルは早々に決まっていたのですが・・・。

 

平成の時代、みなさんにとってどんな時間だったでしょうか?

人生の3分の1以上ともいえる三十年、

私にはとても分かりやすい区切りでもありました。

 

思い起こせば三十年前、平成元年になってすぐに大学受験でした。

どの学科を受けたらよいのやら・・・。

 

子供の頃からピアノを通してドイツの音楽に触れており、

「こんな素晴らしい曲を作る作曲家の国の言葉を知りたい!」

というのがそもそものドイツ語への興味でした。

ドイツ語を学びたいという気持ちはこの頃からありましたが、 

入試はどんどん迫ってくる。

結局その当時一番得意だった数学の方面を受けることにしました。

 

理科があまり得意ではなくて、一浪して大学に入学。

男子ばかりの情報工学科でのびのびと過ごしました。

数学も物理も大変だったけれど、

第二外国語はドイツ語、入試で中断していたピアノもまた習い始めました。

卒業時には、ある理由で大学から表彰されています。

 

運悪くバブルははじけ、しかし通信の急速な発達に向けて

通信の会社で音声の研究開発の仕事をさせていただきました。

この時に学んだマネジメントは今も役に立っています。

 

その後、高齢化社会というキーワードが出てきた頃、

福祉関係者から、デイケアセンターでのピアノ演奏を頼まれました。

最初はレパートリーがなくて困りましたが、少しずつ曲を増やし、

二十年近くも活動を続けています。

この活動は天職だと思っています。(^o^)

 

家庭をもちながら働きましたが、仕事の両立が上手くいかず、

残念ながら通信の仕事を退職しました。

理系の仕事は面白かったけれど、

もっと努力の余地のある分野の方が合っているような気もしました。

 

急に時間ができた私にようやくドイツ語を学ぶ時間ができました。

最初は本当に楽しい趣味として始めたのです。

それでも、もっと勉強したい、もっと勉強したいと思って

ハケンの仕事を見つけてまでもドイツ語を学び続けました。

通訳案内士試験を受けることになるとも思ってもいませんでした。

試験にはずいぶん受験料を払いましたねぇ。(^^;;

 

はっと気が付くと平成三十一年

高齢者のデイケアセンターや病院、落&Pでピアノを弾き、

浅草や明治神宮で

「私についてきてくださーい!」

とドイツ語でお客様を案内している自分がいます。

 

また、移動通信の発達により、ガイド業務がどれほど楽になったのか、

かつて通信業界にいた私はとてもうれしく思うのです。

 

ところで、大学卒業時の表彰理由は以下の通りでした。

「先生方がずっと願っていた研修旅行を企画実施してくれてありがとう。

 あなたに〇〇〇賞を授与します」

 

物理は・・・アレだったけれど、まさか旅行が評価されるとは!

その慧眼にはただただ驚くばかりです。

この一言がその後の想像力の幅を広げたに違いありません。

 

平成は 夢を叶える 三十年

 

ありがとうございました。

| | コメント (4)

2019年4月21日 (日)

美術館ランチ~根津美術館~

先日、学生時代の友人と久しぶりの美術館ランチをしました。

今回は六本木のミッドタウンで食事をして

根津美術館で屏風を鑑賞、またミッドタウンに戻るというプランです。

 

根津美術館では、『尾形光琳の燕子花図』が開催されています。

思ったほど混みあっておらず、ゆっくりと見ることができました。

 

そしてこちらの美術館のもう一つの見どころは庭園です。

私は初めて散策しました。

中にはカフェもあって木々を眺めながらお茶を飲むことができます。

 

あちこちに茶室が建っています。

Img_20190419_134241  

 

もう少しすると花が咲くのでしょう。今はきれいな緑の葉が見られます。

Img_20190419_134940  

 

鳥居もあるのですねー。

Img_20190419_134436_r1  

 

起伏のある庭園には池や橋もあり、趣のある空間でした。

季節ごとに変わっていくであろう葉の色にも興味をもちました。

 

ミッドタウンに戻り、ジャン=ポール・エヴァンでリッチなお茶タイム♪

Img_20190419_144309  

 

この美術館訪問は、来たるご案内に向けての下見だったのですが

いつも美術館ランチをする友人に声をかけて、

楽しいお昼とお茶もセットになりました。(^o^)

一人で行ったら気づかなかったことも多く、有意義な一日となりました。

どうもありがとう。また行きましょう~。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

急遽、耳鼻科へ。

本日土曜日は早朝から仕事をし、今後のご案内ルートの下見を少々、

食材の買い物をして、家でゆっくりする予定でした。

 

ここに急遽、耳鼻科が加わりました。

花粉症の薬がなくなる来週月曜日の診察を予約していたのですが

なぜか薬の個数が合わず、日曜日で薬が切れてしまうことに気づきました。

 

月曜日はデイケアセンターでピアノを弾きます。

鼻をかみ、くしゃみをしながらピアノを弾く姿を想像して真っ青に・・・。

 

診察時間残り一時間を切ったタイミングに耳鼻科へ駆け込み、

無事に薬を処方していただきました。

 

ところで、薬の個数が合わない理由には心当たりがあります。

一度、薬を飲んだかどうかどうしても思い出せなくなり、

飲み忘れはまずいので、少し時間を置いて一錠。

 

まさか自分が服薬をしたかどうか忘れるなんて!

油断ならぬ。残り数週間、気をつけます。

| | コメント (2)

2019年3月31日 (日)

ソラカラちゃんの桜グリーティング

桜の季節になりました。

 

土曜日ははとバスツアーに参加して、

東京スカイツリーの天望デッキにのぼりました。

 

エレベーターを降りると、なんとソラカラちゃんがいるではありませんか!

ソラカラちゃんは、東京スカイツリーの公式キャラクター。

この日はソラカラちゃんとお客さんが一緒に写真撮影できる

桜グリーティングというイベントが開かれていました。

後から調べたところ、15分ほどのイベントだったので偶然も偶然でした。

 

有名人に会った時と同じようなワクワク感で

小さなお子さんのいる家族連れに混じって写真撮影の列に並びましたよ~。

いやほんと、仕事中でなくて本当に良かった。

 

いつもは青いコスチュームのソラカラちゃんが桜色になっていました。

髪の毛にも桜のアクセサリーをしています。

Img_20190330_134026  

 

写真撮影の後にはソラカラちゃんとタッチ。

Img_20190330_134038  

あまりのオーラにタジタジとなる私が写っております。

 

近くで見ると、とても賢そうな顔立ちのソラカラちゃん。

大人一人でも快く対応してくれてどうもありがとう。

外国人のお客様をたくさんご案内できるようにがんばります!

| | コメント (2)

2019年3月25日 (月)

甥が泊まりにくる。

この週末は甥が学会出席のために上京、我が家に2泊していきました。

小さい頃から時々泊りに来た甥も、早いもので博士課程の学生です。

 

甥とはいわき帰省の時に会っているものの、

みんなが大音量&多重音声で話しかけるので

細かい話はまーーったく出来ず、今回久しぶりに近況を聞きました。

 

いわきの実家は、甥がずっと学生生活を続けていることで

「あんだって、ながなが就職しねえんだ?」

と思っているようです。

 

しかし、このたび甥は本格的な研究者への道を歩み始めていることを知り、

叔父叔母としては安心しました。

 

そして、甥からのお願いは

「おじちゃんたちから研究のことを実家に説明して。その方が信じてもらえるから」

でした。

 

お任せください!人が分かるように説明するのはお安い御用です。

 

まーそれにしても、

あの甥がスーツの袋(上半身を半分にした黒い手持ちのついたアレ)を

持って現れた時には感慨深いものがありました。

大きぐなっだねぇ。

 

これからも精神的に支援していかなければ~と思いました。(^o^)

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

はとバスでお出かけ

土曜日は、夕方発のはとバスツアーにようこ夫と参加しました。

こちらが東京駅丸の内南口のりばです。

Img_20190309_163043  

 

題して”東京タワー極上の夜景 シンフォニーディナークルーズ”!

 

若いバスガイドさんの案内で東京タワーへ。

150メートルのメインデッキから、増上寺がよく見えます。

Img_20190309_172020  

 

地上に戻ると、ちょうど日没時刻に重なり、

点灯したばかりの東京タワーを間近で見られました。

53417866_1921423694654155_217896370  

 

この日まで雨続きだった東京でしたが

さすが、晴れ男のようこ夫がいると晴れますねぇ。

 

バスは一路、日の出桟橋まで≡3

 

こちらの船に乗りました。

東京湾をハート型に描く航路で2時間30分のクルーズです。

53584945_1921423941320797_539545728  

 

はとバス専用の部屋にこのようなセッティングがしてありました。

53373535_1921424031320788_660680323  

フランス料理のフルコースを楽しむ間、

配膳の方がマイクを持って見どころガイドもするという

はとバスらしい!?サービスもあって

時間はあっという間に過ぎていきます。

 

大井ふ頭のあたり

Img_20190309_210219  

 

ライトアップされたレインボーブリッジをくぐります。

Img_20190309_211601  

 

船内を散策してお土産を買ったら、あらもう下船。

 

それにしても、バスツアーはここからがラクです。

再び東京駅までバスに乗り、解散となりました。

 

実は今回のはとバスの旅は、今後の仕事のために

「バスツアーを体験する」

ことも目的でした。

 

バスガイドさんがとても平易な言葉を使うこと、

より楽しむための情報(日没時刻など)をさりげなく提供することなど、

いろいろ勉強になりました。

 

バスツアーはハマるとハマりそうです。

また他のコースに乗ってみようかな~。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

休日当番医

2月になりました!

旅行関係の早朝&短時間の仕事が始まり、

ドイツ語のクラスも決まり、

今までのピアノの活動も含めてさあがんばるぞーーと思った矢先、

鼻が蛇口をひねったような状態になりました。

 

風邪?花粉症?インフルエンザ?

素人ではどうにもこうにも区別がつきません。

インフルエンザだったら、明日以降の予定をキャンセルしなければ・・・。

 

しかし、インフルエンザの予防接種は受けており、熱もありません。

とはいえ、インターネットを見れば見るほど

自分に当てはまるような気がして心配になってきます。>_<

 

今日は休日当番医という制度で日曜日も診察している病院に行きました。

優しい落ち着いた先生に病状を説明して

(といっても、鼻水が止まらないだけなのですが・・・)

念のため、インフルエンザの検査をしていただきました。

 

結果は陰性

 

ほっとしました。

この時期から花粉に強く反応しているようです。

診察と鼻の薬で5000円ほどかかりましたが、

明日からも普通に予定をこなせる安心感にはかないません。

 

花粉がいなくなるまで、マスクをしてがんばるぞーー!

| | コメント (4)

より以前の記事一覧