2017年8月28日 (月)

茨城のごちそう

袋田では、滝の近くにある”思い出浪漫館”に宿泊しました。

内装がきれいなホテルでした。

 

血の巡りがよくなって歯痛が出ると困るため、

せっかくの温泉はごくごく短時間に・・・。

 

さて、夜はレストランにて、お楽しみのコース料理です。

茨城の素材もいろいろと使われています。

 

先付と季節の旬菜

Img_20170818_175519_2  

豆をかたどった器が欲しくなりました。

 

天ぷら

Img_20170818_180416_3  

揚げたてのさくさくが何よりのぜいたくです。

 

お造り

Img_20170818_181342_2  

おちょこに入っているのは、地元のコンニャクです。

 

鮎の塩焼き

Img_20170818_184324_2  

ほどよい塩加減が上品でした。

 

地酒の飲み比べも注文しました。茨城はお酒がおいしいのです。(^^)

Img_20170818_184946_3  

 

常陸ポークと常陸牛のお野菜蒸し 胡麻ポン酢

Img_20170818_184951_2  

ゆっくりと蒸された肉や野菜たち。

蒸すと野菜の甘みが引き出されるのですね~。

常陸牛はやわらかくて溶けるようでした。

 

冷し煮物

Img_20170818_185515_2  

ひんやりとした野菜で料理をしめくくります。

 

ご飯とみそ汁は、セルフサービスで取りに行きました。

好きな時に好きな量、というのも満足感があります。

 

デザート 葛切りと季節の果実

Img_20170818_192102_2  

歯に優しい果物たちでした。ビタミン補給!

 

心配された歯痛も、薬が効いたようで

茨城のごちそうを無事、おいしくいただくことができました。

 

今度は体調万全で温泉と料理を楽しみたいです。(^^ゞ

 

---

後日、歯科で診てもらったところ、

初夏に治療した歯の咬み合わせが少し合っていないとのこと。

強い力がかからないよう調整してもらったら、すごく楽になりました。

お騒がせいたしました・・・。

 

以上、3回にわたって

いわき帰省と袋田の滝(と歯痛)についてお届けしました。

お付き合いありがとうございました。

| | コメント (2)

2017年6月30日 (金)

東京ステーションホテルのフレンチ懐石

6月もついに最終日となりました。

遅ればせながら、5月にくらげちゃんと行った豪華ランチについてです。

 

今回は、東京ステーションホテル内のレストラン Blanc Rougeを訪問しました。

ホテルは東京駅の建物の中にあるため、新幹線も見えるのです。

おしゃべりしながらも、ついつい窓の外を見たくなりますよ~。

Img_20170511_1251552  

 

今回は、フレンチ懐石 <丸の内レディース> をいただきました。(要事前予約)

さまざまな料理が少量ずつ何種類も出てくるという

手間がかかるにもかかわらず、リーズナブルなコースです。

※写真は5月に撮影したメニューです。

 

グリーンピースのムースとジュレ と 空豆

Img_20170511_123433 

 

時計回りに:

スモークサーモン アボカドバジル風味、

烏賊のグリーンオリーヴタプナード和え

鰊(にしん)のマリネ 香草サワークリーム添え

Img_20170511_125207  

 

左から:

海老の網焼 インゲンのサラダ

鱚(きす)のソテ レモンパセリ風味、ズッキーニのフリット チーズ風味

Img_20170511_130919_1  

 

上から:

川俣シャモ入りクネルと舟形マッシュルームのプロシェット

バイヨンヌ産生ハム アスパラガス チーズ入りクレープ 

Img_20170511_132126  

 

鶏のコラーゲンスープ 生姜と豆乳風味

Img_20170511_133246  

 

高知県宿毛(すくも)より直送 鮮魚のソテ 香草サラダ添え

オレンジとトマトのヴィネグレット

Img_20170511_134604  

 

各種フルーツのマセレ 本日のソルベ添え

Img_20170511_140437  

 

使われる食材、調理法の多彩さ、美しい器、細やかな盛り付け、などなど

いろいろな観点から楽しむことができました。

海鮮系が多かったのも、魚好きの私にはとてもうれしかったです。

 

くらげちゃんとは、人間関係のことなどを語り合いました。

連日のようにバタバタしている私のことを

くらげちゃんはいつも落ち着いて、その進む道を応援してくれています。

今改めて豪華ランチの写真を見て、その温かい気持ちを思い出しました。

すっかり日記のアップが遅くなってしまったけれど、どうもありがとう。(^-^)

| | コメント (2)

2017年6月26日 (月)

精米しました。

6月は帰省、研修、ピアノやドイツ語の準備、歯の治療等で

バタバタと過ぎてしまいました。

 

ハッと気づくと、自宅で精米したお米が底をついていました。

頼みの綱の稲庭うどんもなくなっており、炭水化物不足が発覚!

うーん困った、困った、困った。

 

精米機を準備して、貯蔵してある玄米を精米すればよいのですが

後片付けまで想像すると、どうしてもやる気がおきません。

 

思案の結果、すぐ近くに住むようこ母の元へ行き、

お米を恵んでもらいました。(^^ゞ

 

どうにか一食をつなぎ、ようやく自分で精米の運びとなりました。

Img_20170625_132224  

15合あります。安心感でいっぱいです。

 

しかし、あのやる気の無さはなんだったのだろうか。

梅雨の蒸し暑さのせい・・・かもしれません。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

東京スカイツリー、モンスターカフェ

ついに6月になりました。

なかなかデジカメを買いに行く時間が作れないまま、

外国人に人気のスポットに出かけました。

(今回もスマホで撮影です)

 

☆東京スカイツリー

早いもので5周年

以前は仕事帰りにツリーのふもとに何度となく寄り道したものです。

今回も一人での訪問です。

Img_20170526_155027_1  

350メートルの天望デッキにのぼりました。

平日午後だったからでしょうか、

外国人、特にアジアの方が多いように感じました。

 

カフェの見学がてら、遅めの昼食を摂りました。

Img_20170526_163156  

星型のライスが面白いですね。

量は少なめですが、軽食にはちょうどよかったです。

 

この後、仕事で一緒だった方たちとの飲み会に参加しました。

地元ならではの話など、いろいろ聞かせてもらいました。

 

 

☆モンスターカフェ

これまた平日の午後、原宿にある外国人に人気のカフェへ・・・。

KAWAII MONSTER CAFE (ハデなページに飛ぶのでご注意ください)

メニューが面白いらしいので、一度食事をしてみたいけれど、

友人とゆっくりおしゃべりという感じでもなさそうだったので

通訳案内士の仲間と2人で出かけました。

 

店内はまるでアミューズメントパークのようです。

写真撮影はOK!という観光客に優しいコンセプトでした。

 

ケーキ型のメリーゴーラウンド。ショーの舞台にもなります。

Img_20170529_141548_r12  

 

このエリアの席に座りました。

Img_20170529_162448_r1  

 

お皿をパレットに見立てたパスタ。

Img_20170529_143352  

絵の具に見えるのは、味の異なるソースです。

ブルーはバター味だったかな?

口にするのはちょっと勇気が要りました。

 

ポテトフライのソースも絵の具風です。

黄色いマスタードソースばかりつけてしまいました。

Img_20170529_143848  

 

ショーも観られました。

Img_20170529_151253  

 

カラフルな照明と食事に圧倒される私・・・。

しかし、この環境の中、通訳案内士の仲間としっかり情報交換しましたよ~。

 

そして、話に聞いていた通り、外国人のお客さんがとても多く、

一人で来ている方、仲間と誕生日のお祝いをしている方など

こういった文化を十分に楽しんでいるようでした。

 

いやーーー、外国からお客様をお迎えする準備は大変ですね。

語学、歴史、日本の伝統文化、海外の知識のみならず、

実際に赴いて体験することも大事だと思いました。

人気スポットを一度に見て周るのは難しいため、

これからも少しずつ巡る予定です。

| | コメント (2)

2017年5月16日 (火)

江戸NORENぐるめ

国技館での研修の際、最寄りのJR両国駅の新名所で食事をしました。

その名は、江戸NOREN。2016年11月にオープンしました。

食事処12店舗と観光案内所、そして土俵があります。

 

ランチは、築地食堂 源ちゃん にて。

研修で一緒だった初対面の方と、3人で語り合いながらのランチです。

 

かつおののっけ盛りと唐揚げの定食。

私の魚大好き番付の中でも、かつおはかなり上位にいます。

Img_20170513_1224242  

 

かつおには、玉ねぎやねぎなどの薬味がたっぷりで、さっぱりペロリでした。(^o^)

Img_20170513_1224192  

席数が多く、庶民的な活気ある雰囲気で、観光客にも人気が出そうです。

 

こちらは、夜にいただいた、ちゃんこ霧島ちゃんこ鍋です。

念願の”ようこのおひとりさまちゃんこ”で、鍋を独り占め!

Img_20170512_191206  

相撲の場所中ではなかったこともあり、運よく一人でもお店に入れました。

ちゃんこ鍋も一人前で用意してもらえるとのことで、奮発しましたよ~。

 

シメのうどん(ご飯かうどんを選べます)

Img_20170512_193903  

本当はアルコール無しの予定でしたが、お店の方が親切で

一人でいても気兼ねなく食事できるように配慮してくださったので

生ビールを2杯飲みました。

 

ちょっとピリ辛の味噌風味スープ、味噌ラーメン好きの私にはたまりません。

この量をビールとともに一人で完食いたしました!

 

江戸NORENぐるめ、いかがでしょうか?

他の食事処にも行ってみたいです。(^m^)

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

5月のオクトーバーフェストと花粉症

ゴールデンウィーク終了~~。

 

ゴールデンウィーク後半は、池袋のオクトーバーフェストなどに出かけました。

規模はそれほど大きくないながらも、ビールにぴったりの陽気で

北ドイツからミュンヘンまで、いろいろなビールを楽しめました。(^o^)

Img_20170504_133646  

 

そして、休みが終わるのとともに、

スギ花粉ならびにヒノキ花粉が少なくなり、花粉症の症状もほぼなくなりました。

4か月近く薬を飲みましたかね?

ようやくこれからはパワー全開でいけそうです。≡3

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

うるわしの花塩

先日、東京スカイツリーのふもとのソラマチに行った際、

塩の専門店 塩屋(まーすやー)で買い物をしました。

 

私は塩が好きで、ここの近くで働いていた頃はよく寄り道したものです。

 

サンゴカルシウム配合の塩も買いました。

Img_22862 

昨年買った花塩がどんどん減っていき、ヒヤヒヤものでした。

他のお店で見かけないと思ったら、塩屋の限定商品だったのですね。

 

野菜をゆでる時にいつもこの塩を少量入れています。

うーん、いい緑色!

Img_2283  

 

豆腐など、大豆とも相性がよいとのこと。

・・・という説明書きに今回気づいたので(^^ゞ、豆腐にも使ってみたいと思います。

| | コメント (2)

2017年2月 6日 (月)

アフタヌーンティー

1月のとある日に、くらげちゃんとアフタヌーンティーを楽しみました。

大手町駅直結のシックなホテル”アマン東京”

33階にあるザ・ラウンジ by アマンへ・・・。

 

さすが大手町、ビルに着くまでに銀行のATMがあちこちにありました。

また、オフィス街らしくテキパキとした雰囲気です。

 

さて、ラウンジのある33階に着くと、高い天井の大きな空間が広がります。

アットホームなソファーが何組もあり、私たちは窓際の席に案内されました。

 

アフタヌーンティーは久しぶりです。

私、お酒も飲みますが、お茶も何杯でも飲めてしまいます。

食事とお茶を楽しめるとあって、とても楽しみにしていました。

 

最初は帽子が登場。

Img_2224  

フレーズデボワとシャンパンゼリー チョコレートハット 

というさわやかなスイーツです。

 

そうこうするうちに、3階建ての建物がやってきました!

Img_2233  

(この他に温かいスコーンが付いています)

 

1階は、食事系です。

Img_2226  

黒い竹炭バンズを使ったサンドイッチをどこかで見た気がします。

はて、何だったか?

 

生春巻きのように見えるラップサンドイッチなど、

いろいろな食感が味わえるように工夫されていました。

もちっとしたラップ大好き~。

 

2階はケーキ系。

Img_2227  

ピスタチオのフィユテなど、季節感のあるメニューとなっていました。

 

3階は、面白チョコレート系。

Img_2229  

ハイヒールやバッグを食べてしまいました!

ほどよい酸味がポイントです♪

 

そして、お茶!おいしかった~~。(^o^)

種類を変えていろいろな味を注文することができます。

ペパーミント風味のモルゲンゾネ(ドイツ語で朝日)他、

フレーバーティーや紅茶などをいただきました。

 

ところで、竹炭バンズが何か思い出しました。

Img_2238  

小さくて座るのが上手な”あいくう”くん

たまに私と旅に出るのですが、今回も連れてきました。

大きさも同じぐらいだったので、バンズをお友達だと思ったかもしれません。

 

くらげちゃんとは小学校からの長いお付き合いです。

子供の頃から、私の挑戦のプロセスを尊重してくれる友人の一人です。

今回もラウンジでたくさんの話をしました。

また話題がたまった頃に会いましょう。

どうもありがとう!

| | コメント (4)

2017年2月 2日 (木)

大豆のこと。

2月になりました。

ランチのことなど、いろいろ報告したいところなのですが

今年に入ってからドイツ語の課題が難しくなり、調査とまとめに追われています。

 

節分も近いことですので

昨日のドイツ語ガイドクラスで発表した”大豆”について書きたいと思います。

 

まず、農林水産省のホームページで統計データを調べ、

日本の大豆の特徴が分かりやすく伝わる項目を選びます。

 

食用大豆の自給率が21%であり、輸入もさかんであること、

国内で最も生産量の多い都道府県は北海道であること、

県庁所在地別の豆腐に対する年間支出、

などを発表しました。

 

興味深かったのは、豆腐への支出が最も大きいのは那覇市。

そして大豆主要産地の北海道、札幌市は46位!でした。

 

私は豆腐が大好きで(ちなみに木綿派)、よく買います。

はてさて、年間にいくらぐらい使っているのだろうか・・・?

 

ちょうど家にあった節分用の豆を授業で回覧しました。

京都のもので、とてもおいしそう。

買った時には気にしなかったけれど、北海道産の新物大豆が使われています。

Img_22752  

↑ネイティブの先生にも分かるようにドイツ語で説明を加えてあります。

 

この豆を撒くのは勿体ない気もしますが、

福を招いた後は、歳の数だけありがたくいただこうと思います。(^o^)

| | コメント (2)

2016年12月29日 (木)

新年準備・大福茶

今年も残すところ2日となりました。

盛大に大掃除ネタをアップしたいところですが、無い袖は振れぬ。

懸案の年賀状は、明日ポストに行けば完了です。

 

そんな中、新年に飲むお茶は忘れずに買ってきました。

 

京都 一保堂の大福茶(おおぶくちゃ)

Img_2133  

951年、平安の都の頃からのお茶だそうです。

玄米茶なので、100℃の熱湯でさっと淹れられるのも

バタバタした朝にはありがたい限り。

 

それにしてもこの写真、どういうわけか、

黄色い壁にリュックサック大の袋がくっついているように見えます。(^^ゞ

実際の袋は、縦が12センチぐらいの100グラム入り

おいしいうちに十分飲み切れると思います。

 

縁起物のお茶は、年が明けてから袋を開ける予定です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧