2019年8月20日 (火)

間宮林蔵記念館

いわきへの帰省の途中、間宮林蔵記念館を訪問しました。

間宮林蔵といえば、カラフトの西側の間宮海峡

6月に稚内を旅した時、

うっすらとカラフト(サハリン)見たのをきっかけに興味を持ちました。

 

時間帯の関係で逆光ですが、宗谷岬で撮影した間宮林蔵の像。

Dscn3013_r1  

 

何となく、海沿いの北の方出身なのかなー?と思っていたら、

現在の茨城県つくばみらい市の出身と知り、驚きました。

 

常磐自動車道の谷和原インター近くに記念館があり、

帰省の折に訪ねた次第です。

 

田んぼの広がる地帯に建つ間宮林蔵記念館。

敷地内に移築された生家も保存されています。

北見ナンバーの車が駐めてあったので

北海道からのお客さんが来ていたのかもしれません。

Dscn3230  

 

間宮林蔵の像。

眉が太くて目のぱっちりした方だったようです。

Dscn3231_r1  

 

69106955_2176873322442523_31399440835065  

Dscn3233  

 

館内では、間宮林蔵についてのビデオを見た後、

2回にわたるカラフト探査の様子が描かれた絵や文章、

大きくて精密な地図などを見学できます。

 

ビデオによると、子供の頃から数理に長けており、

近くの川を堰き止めようとしている大人たちに的確なアドバイスをして

見事に達成したというエピソードが残っています。

これがきっかけで江戸で勉強する機会を得られたそうです。

 

21歳の時、箱館(函館)で伊能忠敬と出会い、師弟関係の約を結びます。

あの立派な地図は伊能忠敬の教えてあってのものだったのですね。

 

また、探査の際には、地元民に攻撃されそうになっても

コミュニケーション能力の高さで友好的に切り抜けたとのこと。

そして、2回目の探査で海峡を見つけたのです。

 

この海峡を間宮海峡として世界に紹介したのが

ドイツ人医師のシーボルトだったのです。

記念館にはシーボルトが発表した地図も展示されていました。

 

このような形で少しずつ興味の範囲が広がっていくのもいいものです。

次はシーボルト博物館あたり?

少しずつ知識を広げていけたらと思います。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

運動とグルメ

久しぶりの運動ネタです☆

本日、6回分の回数券を無事に使い切りました。

期限の2日前に達成というギリギリぶりでしたが

無駄にしなくて本当によかったです。

 

私が通っている運動のクラスはあちこちにスタジオがあり、

普段は新宿、時々渋谷に出かけて何とか消化していました。

しかし、今回はこれだけではどうしても回数券が使い切れないことが判明し、

(梅雨に出かけるのが面倒くさくて足が遠のいた影響もある)

新たに麻布十番のスタジオに行ってみました。

 

いやー、実際に足を運んでみるものですね。

スタジオの周りにはおいしそうなお店がいっぱいです。

 

回数券の最後2回分は麻布十番で使うことにします。

クラス出席の後にごほうびとして、2つのお店を訪ねました。

 

1回目。

クラス終了後、遅めのお昼の時間帯だったので

数年前に一度行ったことのある川上庵 へ。

10分ほどさまよってたどり着きましたが、

実際は徒歩45秒といったところでしょうか。

 

麻布十番スタジオデビュー記念にランチのコースを奮発しました。

Img_20190801_131127  

Img_20190801_131906  

見た目よし、味よし。リピートしたいですね~。

 

2回目は、おやつの時間帯でした。

徒歩15秒ほどのところにあるチェスキー

ドアの左上に、トゥルデルニークというスイーツのオブジェがくっついています。

Img_20190804_155806_r1  

チェコで人気のお菓子だそうで、今日の気分に合わせて

クルムロフというりんごの甘酸っぱい味のするトゥルデルニークを選びました。

名目は、”回数券使い切りおめでとうございます”です。

Img_20190804_160138_r1  

後味すっきり! 他の種類も買ってみたいですね~。

 

店内にはチェコのロックが流れていて、地図なども置いてあり、

想像以上にチェコ力が高かったです。

 

運動の感想がなくて恐縮です。

グルメへのモチベーション高く、次の回数券も購入しました。

またいつかレポートしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

『みんなのミュシャ』展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

先日、チェコ通の方から情報をいただき、

画家 ミュシャの展覧会に行ってきました。

 

『みんなのミュシャ』

Img_20190717_143740  

 

ミュシャは現在のチェコ、モラヴィア地方の出身で

パリを拠点に活躍して、多くのイラストレーターたちにも影響を与えました。

 

この展覧会では、ミュシャの作品のみならず、

影響を受けた外国のイラストレーターによるレコードジャケット、

日本のマンガ家たちの絵も観られます。

まさに、みんなのミュシャでした。

 

撮影OKのエリアがあり、代表作”黄道十二宮”を写せました。

上品な横顔が気に入り、この図柄のクリアファイルを購入。

Img_20190717_151103_r1  

 

ミュシャというと、綺麗な女性の絵が有名ですが、

鉛筆でのスケッチも素晴らしかったです。

正確な手足の絵、布の質感などに驚いた後、

スケッチの中の人物と目が合ってしまうのです。

なんとも不思議な力を持った画でした。

 

マンガ家の展示には、

「月刊ぶ~け」に載っていた松苗あけみさんのイラストもありました。

子供の頃、祖父母のもとへ帰省する際に買ってもらった雑誌です。 

 

一枚だけ、見覚えのあるイラストにハッとしました。

懸賞用カレンダーイラスト、1980年代初め、という表記も記憶と一致。

意外な場所で、帰省したことを懐かしく思い出しました。

 

会期は9月29日まで。

展示点数が多いので、時間に余裕をもっての鑑賞をおすすめします。(^o^)

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

ブルーボトルコーヒー

先日、清澄白河(きよすみしらかわ)にある

ブルーボトルコーヒーに立ち寄りました。

東京生活が長い私ではありますが、初・清澄白河です。

 

東京メトロ半蔵門線と都営大江戸線が通っている

両国と門前仲町の中間に位置する隅田川沿いのエリアです。

 

住所を頼りに住宅街をさまよい、ようやく見つけたのがこの建物。

Img_20190612_133151_r1  

若い店員さんたちが心をこめてコーヒーをドリップしていました。

 

私はカプチーノを注文しました。

 

注文の時点では、ラテアートのことをすっかり忘れていたのですが、

コーヒーを淹れる様子をなんとなく眺めていたところ、

最後の最後にカップの上でミルクの入れ物をサササッと動かしていました。

 

あんなに速く動かしたらどんな模様になるんだろう?と思ったら、

きれいな柄が描かれていました。(驚)

Img_20190612_131959  

 

倉庫風の店内は天井が高く、住宅街の中という立地も相まって

日頃のを忘れさせてくれる空間でした。

 

あまり行く機会のない街を訪ねてみるのもいいものですね。

| | コメント (2)

2019年6月 3日 (月)

東京ステーションホテルのエノテカノリーオ

先日、くらげちゃんと一緒に豪華ランチをしました。

今回の訪問先は、東京駅の東京ステーションホテル地下の

イタリアンレストラン エノテカノリーオです。

 

レストランのロゴがかわいい!

どんな料理が出てくるのか、期待がふくらみます。

Img_20190530_123500 

 

前菜盛り合わせ

Img_20190530_124108

バラエティに富んだ前菜たちです。

 

選べるパスタ

Img_20190530_125931  

私はしらすと明日葉のスパゲッティ。

しらすの塩味と菜っ葉の大好物コンビだったので即決でした~。

 

くらげちゃんセレクトは、

吉田牧場のモッツアレラチーズとフルーツトマトのペンネ オリーブを忍ばせて。

トマトの色が鮮やかでした。

Img_20190530_125938  

 

魚、肉料理 からは、こちらの料理を選びました。

Img_20190530_131314  

料理名は、パートブリックで包んだ自家製サルシッチャ マデラソース

「で包んだ自家製」以外はまったく知らない言葉で

お店の方の説明を聞いてから注文しました。

豚肉のソーセージを春巻きのような皮でパリッと包んだ料理です。

 

塩味の効いたビールにも合いそうな一品で、

(名前は覚えられませんが)いつかまためぐり合ったらいただきたいです。

 

くらげちゃんはこちら、本日の和牛網焼き

Img_20190530_131327  

赤ワインが飲みたくなるような網焼きですね~。

 

ここまででもボリュームたっぷりで大満足ですが、

ドルチェもプランの関係で5種盛りにグレードアップです。

Img_20190530_133705  

どこから手を付けたらよいか迷ってしまいます。

アイスクリーム好きとしては、

真ん中のアイスクリームを早めに・・・ですかね。

 

満腹満腹。(^o^)

 

おいしい食事とともに、くらげちゃんといろいろな話をしました。

同年代として抱えるあれこれを情報共有できるありがたさを

今回もひしひしと感じました。

くらげちゃん、有意義な時間をどうもありがとう。

| | コメント (2)

2019年3月22日 (金)

研修その2:井の頭公園

ジブリ美術館見学後、井の頭公園を通って吉祥寺駅に出ました。

 

吉祥寺といえば、正社員の頃によく行ったエリアです。

職場の方たちとお花見をしたり、

おしゃれなレストランで、今で言うところの女子会をしたり、

楽しかった思い出ばかりです。

 

・・・と言いながらも、井の頭公園の形をよく分かっておらず、

今回初めて知るところとなりました。(^^ゞ

 

丸い池がある四角い公園だと思っていたら、

ブーメラン型の公園に三角形の池があったのには驚愕です。

詳細な形はこちらをご覧ください。

 

種類は分かりませんが、ジブリ美術館のすぐ近くで桜を見かけました。

Dscn2802 

 

弁財天でお参り。(金運アップのため、銭も洗った)

Dscn2807 

Dscn2808 

 

噂に聞いていた自動販売機も見てきました。

Dscn2811_r1 

公園では、蜂の子といなご甘露煮が買えます。

Dscn2811_r12 

 

明るく優しい研修の先生は、集団の引率がとても上手で

私も真似してみようと思うポイントが多かったです。

  

研修最後、公園の出入口近くに懐かしの女子会をしたお店がありました。

あの頃のみなさん、お元気ですか?

Dscn2814 

 

三鷹・吉祥寺エリアは緑も多く、のんびりとした空気感がありました。

いつの日か、ドイツ語圏のお客様をご案内する日がきますように。(^人^)

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

研修その1:三鷹の森ジブリ美術館

今日は快晴の一日でした。

朝から通訳案内士の研修のため、三鷹に出かけました。

三鷹駅は正社員の頃に長い間利用していたので懐かしさがあります。

 

今回は、三鷹の森ジブリ美術館と井の頭公園を周りました。

まずはジブリの美術館のご報告です。

 

三鷹駅から歩いて到着~。

Dscn2781

 

 

入場のためには、日時指定の予約をしたチケットが必要になります。

美術館の周りにはすでに予約の方たちの列ができていました。

この時は日本人よりも外国人が多いようでした。

 

Dscn2784_2

 

緑の枠にはトトロがいます。

 

カラフルな外観は、

オーストリアの芸術家 フンデルトヴァッサーを思い起こさせます。

Dscn2786

 

Dscn2788

 

Dscn2791

 

 

美術館は、B1F、1F、2Fと屋上からなる建物で

順路はないのだそうです。

 

私は

 

・短いアニメーションが上映される映画館「土星座」

・図書閲覧室「トライホークス」

・ミュージアムショップ「マンマユート」

・屋上のロボット兵

・常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」

・企画展示室

・カフェデッキ(テイクアウトの麦茶がおいしかった!)

 

の順に周りました。

歩いていて入口があったところから見学する、という感じです。

 

写真撮影は制限がありますが、屋上のロボット兵は撮影OKでした。

 

大きい~。

Dscn2792_r1 

 

記念撮影したい人は並び、次の人にシャッターを押してもらっていました。

 

ちょっと下を向いているところに愛嬌を感じますね。

Dscn2794_r1

 

下に降りてもロボット兵(赤枠)が見えます。

 

Dscn2801

 

 

実は私、あまりジブリの作品に詳しくないのですが、

緻密な計算に基づくアニメーションの職人技は

作品自体を知らなくても展示から十分伝わってきました。

 

(次は、井の頭公園)

| | コメント (8)

2019年3月 8日 (金)

趣味どきっ! 人と暮らしと、台所

今日は家でくつろぎました。

好きな25分番組(録画)を3本連続で見るぜいたくは、たまりませんねぇ~。

 

最近、NHK Eテレで放送されている”趣味どきっ!”

『人と暮らしと、台所』シリーズにハマっています。

バタバタしていて、録画が3本も溜まっていたとは!

 

テキストも購入。

青枠にはバラエティ豊かな出演者の名前が出ています。

Img_20190308_165408_r1_2  

 

写真がきれいな誌面も読み応えがあります。

こちらは、第1回講師の料理研究家 有元葉子さんのページ。

20190308165841

 

番組では、心地よい音楽と落ち着いたナレーションとともに

講師の台所が紹介されます。

 

その方の詳しい経歴はほとんど出てこないのに、

生き方や家族に対する考え方などが

台所を通して見えてくるのが不思議です。

 

それぞれの回を見ながら、

真似しようかな~、と、おしゃれになった自宅の台所を想像してみたり、

雑然としているところを整理しようと思ったり、

いやでも、あまり無理してもよくないな・・・と考え直したり、

クールダウンともいえる時間を過ごしています。

 

有元葉子さんは、一日の終わりに素手で台所を洗っていました。

料理研究家 コウケンテツさんは、

一品!作るごとにコンロに飛んだ汚れをささっと拭いていました。

 

どちらも真似できていませんが、そのうちやってみようかな?

 

このシリーズは、残り3回。

もう少し楽しめそうです。(^^)

| | コメント (2)

2019年3月 2日 (土)

IL GHIOTTONEのランチ

2月の最終日、くらげちゃんと豪華ランチに出かけました。

 

今回は、丸の内のTOKIAビルにあるIL GHIOTTONE です。

イタリアンのレストランですが、店内はの雰囲気です。

外国人にも喜ばれそうですね~。

 

なんと、掛け軸のある個室での食事でした。

Img_20190228_145110_r1   

オフィスの多い場所柄でしょうか、

隣の部屋ではビジネスランチのようでした。

 

 

以下、料理名はお店の”如月”コースに書かれた通り記します。

 

焦げちゃった!!ワカサギ

Img_20190228_124628  

ワカサギとふきのとうが真っ黒になって出てきました。

でも安心してください。竹炭の色です。

 

帆立 色んなカリフラワーとエスプーマ

Img_20190228_125734  

の中をイメージした盛り付けだそうです。

海藻?サンゴ?魚になった気持ちでいただきましょう。

この器、かわいいなー。

 

寒鰤 2色の蕪 雪景色

Img_20190228_130952   

生の寒鰤と少し火の通った寒鰤が並んでいます。

右側の白い雪は、凍らせた蕪を

その場でかき氷機を使って細かくしたものです。

鰤(ブリ)は大好物で、冬の大いなる楽しみです。

 

リングイネ

ズワイガニ 水菜 軽いトマトソース 京七味

Img_20190228_132913_2   

京都の七味は大好きで、旅行のお土産に買うようにしています。

リングイネの食感と具のバランスが絶妙でした。

 

肉料理

鶏ロートロのパン粉焼き 季節のお野菜

Img_20190228_134733  

私は鶏肉を注文しました。

巻いた鶏肉を包むパン粉がさくさくしておいしいのです。

 

宮崎県産 黒毛和牛サーロインの炭火焼き 季節のお野菜

Img_20190228_134710  

こちらはくらげちゃんの肉料理。

黒毛和牛がおいしそうでしたよ~。

 

デザート

Img_20190228_141012  

イチゴのムース、チョコレートアイス、メレンゲなど。

茶色いアイスは私の好物の頂点にいます!

わーい、うれしい~。

 

いずれも料理が小さく見えますが(器が大きいから?)、

食事が済むころにはお腹一杯。(o^.^o)

おいしいだけでなく、食後に元気が出る感じがします。

 

この味とボリュームなら、

ビジネスランチの方も午後からの仕事に励めることでしょう。

 

くらげちゃんとはイトコたちに次ぐ長いお付き合いになります。

年末から2月にかけていろいろ大変だったくらげちゃんは、

持ち前の調査力と綿密な段取り力で見事に成し遂げました。

 

私も2月は新しいことがいろいろあって

ずっと前から知っている友人と話ができてほっとしました。

 

また時間を作ってこういう時間を過ごせたらいいなと思います。

くらげちゃん、今回もどうもありがとう。

| | コメント (2)

2019年2月28日 (木)

あっという間の2月

2月も最終日。あっという間に過ぎました。

月初めに花粉症が悪化し、どうなることかと冷や汗ものでしたが

予定をキャンセルすることなく、どうにか過ごせました。

 

手帳によると、

新しい仕事〇回、ドイツ語4回、ピアノの本番3回、レッスン2回、

運動、研修、オペラ、映画、粗大ゴミ出し、

飲み会、ランチ(←これから)は1回ずつ、

という、盛りだくさんな一か月となりました。

 

新しい仕事が見つかったおかげで授業料のメドがつき、

ドイツ語教室に通えています。感謝、感謝。

 

ちなみに、今月観た映画(ドイツ語)はこちらです。

『小さな独裁者』 ※音が出ます

 

実話を元にした、いわゆる”なりすまし”の話です。

ネットの向こうではなく、リアルな世界での話だけに

ニセの権力がどんどんエスカレートしていく様子が怖かったです。

 

さあ、来月もドイツ語に磨きをかけ、楽譜の忘れ物に注意して

元気にやっていきますよー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧