2019年1月19日 (土)

ふるさとまつり東京にて

毎年1月に東京ドームで開催される、ふるさとまつり東京に行ってきました。

野球をするあのグラウンドに無数の名物のお店が登場、

日本各地からのイベントも行われます。

 

今年は初の試みで、平日夕方から入場し、

一人で飲み食いしたのち、仕事帰りのようこ夫と合流する計画です。

 

これは外せない!越前のおろしそばを最初に。

Img_20190117_172837  

その後、きりたんぽ鍋、18時以降提供されるパフェなどを

一人で堪能しました。(^m^)

 

会場を歩いていたら、話題のゆるキャラ ちぃたん☆と遭遇しました。

Img_20190117_1817362  

とにかく人気者なので、写真撮影も大変です。

近くにいた方が手際よくツーショット写真を撮ってくれました。

 

ようこ夫と合流してからも会場をぐるぐる周って

名物料理やビール、地酒を手に入れました。

 

こちらは笹寿しを買おうと立ち寄った富山のお店。

Img_20190117_202322_1_r1  

富山県小矢部(おやべ)市より、名産のハトムギ入りの品々が来ており、

笹寿しに加え、ハトムギビールも買いました。

ビールはさわやかな味わいです。

 

たまたま小矢部市のゆるキャラ、

メルギューくんメルモモちゃんを知っていたので

お店の方に伝えたところ、缶バッジやトレカなどをいただきました。

ありがとうございます。

Img_20190119_143854  

小矢部にはグルメなものもいろいろありそうです。

要チェック!

 

東京ドームは時が進むにつれ、

巨大なパーティー会場のようになるのですね~。

私たちも閉場10分前までイベントを楽しみました。

今から来年が楽しみです。

| | コメント (1)

2019年1月13日 (日)

新年会

昨夜は、赤坂うまや新宿 にて、ドイツ語つながりの新年会がありました。

バリアフリーが徹底したお店で、

酔っぱらってもつまずいたりしないので安心です。

 

テーブルには、印象に残る紙が置いてありました。

帰宅後調べたところ、舞台美術家 保坂禎英氏の舞台装置の図だそうです。

Img_20190112_165710  

 

コース料理の写真(一部)をご紹介します。

お酒は芋焼酎の伊佐美お湯割りをいただきました。

 

前菜

Img_20190112_171557  

 

お造り

Img_20190112_172738  

 

最近、茶碗蒸しのおいしさに気づき、

コースに入っているとありがたーーく感じます。

Img_20190112_173705  

 

みつせ鶏を柚子胡椒(←好物)とともに。

野菜も出汁の味がしみていて、とてもやわらかく食べやすかったです。

Img_20190112_180118  

 

今回の参加者は5名。

出会ったきっかけはドイツ語でしたが、

今は人生のさまざまな出来事を報告し合い、

お互いの成功を願う、そういった関係になりました。

 

ありがとうございました。

また元気で会うことができますように。(^-^)

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

ふくしま大交流フェスタ2018

日曜日はピアノのレッスンの後、ようこ夫と一緒に

東京国際フォーラムで開かれた『ふくしま大交流フェスタ2018』に行きました。

大型物産展にゲストのショーがあるイベントといえばよいでしょうか。

 

すごい人出!

48320014_1795345530595306_803603099  

 

ふくしま酒バーでは、地酒を少量ずつ購入できます。

大七や末廣のお酒などを飲みました。

48051616_1795345723928620_723033079  

 

食事もおいしかったです。

 

有名な喜多方ラーメン

Img_20181209_114030  

澄んだスープが止まらない~。

Img_20181209_114130  

 

カレーライスもありました。

浜通りのJヴィレッジ(サッカー練習施設)に行ったのを思い出します・・・。

48232934_1795349413928251_240098037  

Img_20181209_121049  

 

玉ノ井部屋のお相撲さんが作っているちゃんこもありました。

相撲部屋の夏合宿が福島県相馬市で行われるご縁があるそうです。

Img_20181209_130416  

ようこのちゃんこ主婦日記!あと2杯はいけそうです。

Img_20181209_122009  

 

食事と共に味わう酒バーのお酒は

あっという間に売り切れになりましたが、いつの間にか復活していました。

近所の酒屋さんに買いに行ったのでは?と思ったら、ほぼ正解!?

出演者のブログに書いてありますよ~。

 

運営もいろいろと工夫されていて、楽しい一日となりました。(^o^)

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

扇の国、日本

大学時代の友人と六本木の東京ミッドタウンで会いました。

いつものお店でランチをした後、サントリー美術館の展覧会、

『扇の国、日本』

を観に行きました。

 

47686565_1791444414318751_369317632  

 

扇そのもの、扇の形をモチーフにした屏風絵、扇型の陶器など、

扇の形ってなんと素晴らしいのだ!と思える展示ばかりです。

(面積を求めたくなるのは私だけかもしれませんが・・・)

 

作品自体を鑑賞するのも感性が活性化されますが、

どこの美術館(または個人)が所蔵しているのかについても興味が沸きます。

今回は、太田記念美術館やMIHO MUSEUM所蔵の作品が印象に残りました。

 

展覧会の後、お茶とケーキ(←久々の甘い物!)とともにおしゃべりをして、

冬のイルミネーションを見て、帰宅しました。

どうもありがとう。(^o^)

Img_20181206_171246  

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

オムレツ

ドイツ語の仕事のため、不定期にあちこち出かけています。

その行く先々で見かけるのが

ハンドドリップコーヒーやスフレで有名な星乃珈琲店です。

 

一度、別の場所で入ろうとしたら満席

今日は仕事先近くで、たまたまお客さんがお店から出てくるのを見て

何を注文するかも考えずに、あわてて入りました。

 

デザートだけだと思っていたら、食事メニューもあるんですね。

少し早めの夕食として、オムライスを頼みました。

 

Img_20181121_182537  

 

歯の都合により、今は固い物を食べることができず、

(お腹は順調に空くのに・・・)

このふっくら玉子と中のやわらかいライスで栄養補給しました。

一緒に頼んだアイスコーヒーもおいしかったー。

 

歯が治るまでは、普段食べない、

やわらかくておいしいものを楽しみまーす。(^o^)

| | コメント (2)

2018年11月16日 (金)

ペンギンの卓上カレンダー

昨日、JR大宮駅を歩いていたら、面白いお店を見つけました。

GENERAL STORE RAILYARD 

 

鉄道グッズ専門店だけあって

店内に一歩足を踏み入れると、鉄分の濃さに圧倒されます。

 

こちらのお店、見ているうちにいろいろ欲しくなってしまいますよ~。

 

予算に限りがあるため、

JR柄のポーチをあきらめ、

”しんじゅく”か”しぶや”で迷った駅名標ペンケースをあきらめ、

来年の卓上カレンダーを買いました。

 

Suicaペンギンがイノシシを持っていますね。

Img_20181116_185150  

 

今年はパソコンの近くに置くカレンダーがなく、何かと不便でした。

不便さに気づいた頃には時すでに遅し、買うタイミングを逃してしまいました・・・。

2019年こそは!と文房具店などで探していたところです。

 

よし、これでパソコンを使いながらカレンダーが見られるぞ。(^v^)

わざわざリビングのカレンダーを見に行ったり、

手帳をめくったり、スマホのカレンダー機能を呼び出したりしなくてすみます。

 

そして、なぜ私が大宮にいたのか?

後日レポートしたいと思います。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

CHINA BLUEのランチ

久しぶりの豪華ランチブログです。

10月のとある日、くらげちゃんと汐留のコンラッド東京にある

CHINA BLUEにて、広東料理のランチをしました。

 

レストランは28階にあり、浜離宮の庭園が見えます。

お店の方によると、雪景色もとてもきれいだそうです。

Img_20181024_145755  

 

数あるランチメニューの中から、美麗コースを選びました。

 

料理長おすすめ点心三種

Img_20181024_130445

湯気も写るほどの蒸したての点心です。

好物の海老や帆立などの具に下味がついていて

そのままいただけます。

 

鶏挽き肉と魚の浮き袋入り とろみスープ

Img_20181024_132401  

冬瓜のようなとろみがあります。

具材もたっぷりで、見た目よりも密度の濃いスープでした。(^o^)

 

飲み物は青島ビールのGOLD

Img_20181024_133549  

 

ホタテ貝と蟹爪のXO醤炒め

Img_20181024_134756  

ピリ辛の効いた野菜と海鮮が食欲を増進させます。

蟹爪なんて、本当に久しぶり!

身を残さぬよう、丁寧にほぐしました。

 

色々なキノコ入り煮込みそば

Img_20181024_141111  

中国語の料理名「野菌干焼竹炭麺」の通り、麺が黒いのです。

きのこをおいしいダシとともにたっぷりといただきました。

 

本日のおすすめデザート

Img_20181024_143206  

お口直しのマンゴージュースやオーギョーチー(愛玉子)など。

台湾旅行の時に”愛玉子”という看板をよく見かけて気になっていました。

ツルンとしたゼリー状のデザートで、とてもさっぱりとしています。

 

一品一品味付けが工夫され、それぞれの料理の印象がしっかり残りました。

 

10月はとにかくぎっしりのスケジュールで、

食欲もなく、昼食の時間も取れずに走り回っていました。

そんなこともあり、眺めのよいレストランでの食事は解放感もあり、

一ヶ月分の楽しみを取り戻すような感じがしました。

 

くらげちゃん、今回もどうもありがとう。(^-^)

| | コメント (4)

2018年8月30日 (木)

映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』

先日、新宿でドイツ映画を観ました。

 

『ヒトラーを欺いた黄色い星』 (※音が出ます)

 

原題は、"DIE UNSICHTBAREN"

姿を消した人々、というような意味でしょうか。

 

第二次世界大戦中、ベルリンのユダヤ人が一掃される事態になりました。

しかし、実際には1500人が生き延びたとのこと。

 

その生還者のうち、当時16歳から20歳だった4名のインタビュー映像を中心に

俳優が演じる回想シーン、白黒ニュースを巧みに組み合わせて

ドキュメンタリー風に話が進んでいきます。

 

同じ家に長く潜むのは難しく、バレそうになると他の場所に移る。

その繰り返しにハラハラドキドキさせられました。

しかし、”怖い”だけの映画ではなく、

潜む場所を提供する人々の人情が感じられる場面も多かったです。

そして何より、当時の様子を語る4名が

とても立派なお顔をしていたことが印象に残りました。

 

ドイツ語のセリフも多く、耳もしっかり学習!

若者たちの潜伏生活を観た後は、

「甘えてはいられないなぁ・・・」と、ただただ思う映画でした。

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

京都の夏 二日目その3(京都鉄道博物館、京都の漬物)

京都の旅もいよいよ終盤となりました。

京都タワーに立ち寄った後は、京都駅からバスで京都鉄道博物館へ。

 

平成28年4月にオープンした新しい博物館です。

Dscn2054  

 

実物の列車が展示されています。スケールが大きくて驚きました。

Dscn2056  

 

なんと、子供の頃、帰省の際に乗った車両ではありませんか!

あの頃は”ひかり”と”こだま”だけだったなぁ・・・。

Dscn2059  

 

くずもの入れもしっかりと記憶に残っています。

Dscn2060  

 

頭の布、座席の間の灰皿、何もかもが懐かしいですねぇ。

Dscn2061  

 

スカイテラスからは、京都駅近くを通る本物の線路も見えました。

Dscn2065  

 

扇形車庫には蒸気機関車が格納されていました。

手前の線路は、転車台といいます。

Dscn2066   

 

屋内も屋外も見どころが多い博物館で、とても面白かったです。

夏休みということもあり、家族連れでにぎわっていました。

 

出口はこの風格ある建物、旧二条駅舎です。

中にあるミュージアムショップは入場制限をするほどでした。

Dscn2069  

 

新幹線の時間が近づいてきたので京都駅に戻りましょう。

 

地下街で漬物の料理をいただきました。

Img_20180815_174314  

おかずは漬物だけ、ご飯はおかわりOK、

お茶も出てきてお茶漬けにもできます。

塩分を補給して、ようやく一息。(^-^)

 

そうこうするうちに、京都を出発する時間となりました。

 

---

2日間の滞在でしたが、散歩好きなようこ夫と一緒だったせいか、

思ったよりもいろいろな場所を周れました。

 

その後、私の体調は元に戻り、

次回はもっと京都グルメを楽しもう、と決意も新たにしたところで

旅行記を締めさせていただきます。

ありがとうございました。

| | コメント (4)

2018年8月25日 (土)

京都の夏 二日目その2(知恩院、漢字ミュージアム)

二条城の見学の後は、東山経由で祇園方面に向かいます。

 

目的地は2016年にオープンした漢字ミュージアム

涼むぞ~、と東大路通を南に向かっていると、ようこ夫が左を向き、

「大きい門が見えるよ」

 

おお、それは浄土宗総本山 知恩院のことですね。

一度行ったことがあり、どっしりとした厳かなお寺という印象でした。

暑くても行きたがるようこ夫の望みをかなえるべく、

見えるがなかなか到着しない門まで歩き、急な階段を登りました。

 

Dscn2043  

 

最大の見どころの御影堂は大修理中

平成30年度末までかかるそうですので、またの機会にお参りしましょう。

 

さらに祇園方面に進み、八坂神社近くの漢字ミュージアムに到着しました。

中学校の跡地だそうです。

Dscn2047  

 

年末の風物詩、清水寺で発表される”今年の漢字”の漢検が運営しています。

実物が展示されていました。

Dscn2049  

ここは体験型ミュージアムで、万葉仮名スタンプで名前を作ることもできます。

ちなみに、ようこ=余于己 でした。

 

夏休みの小学生も多数来場、大人も気軽に楽しめる施設です。

 

続いて、すぐ近くの花見小路通を散策。

ようこ夫は初めてだそうで、この家並みに大喜びでした。

 

Img_20180815_135333_r1  

 

ちょうどお昼時、本来ならこの通りのどこかで

2000円ぐらいの天ぷら御膳にビールといきたいところですが

私はそういう状況ではなく、

四条通で温かい山かけうどんをおいしくいただいたのでした。

 

(次は、京都鉄道博物館、京都の漬物)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧