2018年7月12日 (木)

神楽坂を歩く

6月某日、神楽坂を歩く研修に参加しました。

街の中を細かく歩き回る研修は、新たな発見があって面白いです。

 

神楽坂というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

・メインの坂道の両側においしそうなお店が並んでいる

・細ーーい道の横丁

・出版社、大学が多い

フランス語の学校がある

それから、それから・・・。

 

それでは、飯田橋駅近くから出発しましょう。

 

このあたりに牛込見附(うしごめみつけ)がありました。

駅名に残っている赤坂見附は知っています。

見附=見張り番所 のことで、ここは江戸城三十六見附の一つだったそうです。

Dscn1939_r1  

 

ドラマのロケ地にもよく出てくるCANAL CAFE

入口からしておしゃれな感じですねぇ~。

Dscn1941  

 

ここから高低差20メートルの坂を上ったり下ったりします。

 

黒い塀がよい雰囲気を出しています。

Dscn1944  

 

人がいない一瞬に撮影した一枚!

Dscn1948_r1  

 

坂を上り、赤城神社へ。

Dscn1949  

隈研吾氏設計の新しい空気が流れるおしゃれな神社です。

狛犬も斬新。(^o^)

 

神楽坂駅を出たところの駅前地図にはコボちゃんがいました。

Img_20180628_152143_r1  

 

像もあります。

なぜここにコボちゃんが?

Img_20180628_154832_r1  

作者の植田まさし先生が神楽坂在住なのだそうです。

植田先生の『かりあげクン』はよく読みました。

「植田まさし 神楽坂」で検索すると、インタビューが読めます。

 

続いては、la kagu

Dscn1953  

新潮社の書庫をリノベーションした建物で、

中にはおしゃれなショップが入っていました。

 

このあたりは矢来町(やらいちょう)といいます。

武家屋敷があったというのもうなずける地名です。

 

超有名出版社 新潮社(左端に白い小さな看板が写っています)

Dscn1957  

月に2冊は『週刊新潮』を読んでおります。

 

矢来能楽堂

Dscn1958  

住宅地に能楽堂とは、なんと文化的なエリアなのでしょう。

興味深い演目が上演されています。

 

袖摺坂

Dscn1961_r1_2  

広い急な坂を想像していましたが、すれ違う時に袖を摺るほど細い道でした。

どうも私には、文学のセンスがなくてイカンですな。

 

お待たせしました。フランス語の学校の登場です。

私はこの学校を東京日仏学院として覚えいましたが、

現在、アンスティチュ・フランセ東京 という名称となっています。

Dscn1971  

Dscn1969_r1  

 

坂のアップダウンで足がピキピキしてきました。>_<

 

神楽坂若宮八幡神社

Dscn1972_r1  

あの源頼朝が祈願に来られたとのこと。ご利益がありそうです。

 

以上、写真撮影に成功した研修の一部をご紹介しました。

 

講師は経験豊富なとても素敵な方で、

ドイツ語の私を温かく迎え入れてくださいました。

話を伺ったり、逆にこちらから経験談を話したりして

よい時間を過ごすことができました。

 

研修終了後、くりこ庵にて一人かき氷。

Kakigoori  

ふーーーっ。疲れがとれる~~。

 

神楽坂、おいしそうなお店も多かったので

また散歩(足の鍛錬?)を兼ねて行ってみたいです。

| | コメント (4)

2018年6月29日 (金)

宿泊研修 三日目その2(トヨタ産業技術記念館)

昨年12月以来のトヨタ産業技術記念館です。

レンガの建物がいいですねぇ~。

Dscn1903  

 

偶然にも、なごや観光ルートバスメーグルがやってきました。

市内の観光地を巡るバスは、車のない観光客にはとても便利です。

Dscn1914  

 

この記念館には、大きく分けて繊維機械館と自動車館があります。

今回は自動車館→繊維機械館の順に周りました。

 

Dscn1909  

泥がはねないようにブラシが付いていました。

Dscn1907  

 

こちらは自動織機です。

Dscn1912_r1_2  

 

館内の至るところに説明員がいて、お願いするとデモを見せてくれます。

前回一人で行った時には黙って写真を撮るぐらいしかしていませんが、

今回は面白すぎる説明を聞いているうちに、写真を撮り忘れました。

 

ガイドが頑張りすぎず、専門の方と協力することで

ミュージアムを生き生きとお客様に伝えられるのだと理解しました。

 

(次は、名古屋城、徳川美術館、解散)

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

宿泊研修 二日目その3(道の駅 白川郷)

だんだんと普通の旅行記のようになってきましたが、

コホン、

・・・研修の報告です。

 

白川郷の駐車場からバスに乗り、ほどなく道の駅 白川郷に着きました。

ここで昼食です。

 

皆さん、控えめにそばや昇竜らーめんを選ぶ中、

私は白山周遊満喫らーめん御膳にしました。

Img_20180606_112225  

汁なしらーめんはボリュームたっぷり!

金時草(きんじそう)ご飯でほっと一息つきました。

 

この道の駅の中には、入場無料の合掌ミュージアムがあります。

合掌造りの家が移築されており、

階段を利用して屋根の上などを見ることができます。

ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。

 

外観も合掌造りなのです。

Img_20180606_115333  

 

(次は、高山祭屋台会館)

| | コメント (2)

2018年6月14日 (木)

宿泊研修 一日目その4(武家屋敷跡、金沢21世紀美術館)

金沢観光・・・、いや、研修はまだ続きます。

 

武家屋敷跡 加賀藩千二百石 野村家 

江戸時代のサムライハウスです。

Dscn1810

 

和室(謁見の間)

Dscn1814_r1_2  

 

高密度の庭があり、がとてもきれいでした。

Dscn1811  

 

武家屋敷の近くには土塀の家々が連なっていました。

一人で歩くと、元に戻れず同じところをぐるぐる周ってしまいそうです。

Dscn1818  

Dscn1823   

 

このエリアを抜けると、おしゃれな街並みが現れます。

Dscn1825  

 

さあて次は、21世紀にタイムスリップです。

 

金沢21世紀美術館

Dscn1829  

著名な建築家 妹島和世+西沢立衛/SANAA の設計でも有名です。

ガラス張りの円形の白い建物は、想像の5倍ぐらい大きかったです。

無料で見学できる部分もかなりあり、文化の発信地のような施設だと感じました。

 

自由見学の際、研修参加者たちと宝探しをするように

館内や屋外を歩き回りました。

説明を聞くのもよいのですが、このように自分で考え、歩いた経験は、

より心に残るように思います。

 

恒久展示作品『スイミング・プール』 レアンドロ・エルリッヒ

Dscn1830  

プールの中に普通の服の人がいる!?なんとも不思議な作品です。

上から見るのは無料、プールの下に入るのは有料というのも面白いですね。

 

恒久展示作品『雲を測る男』 ヤン・ファーブル

Dscn1832  

屋外、屋上に展示されているため、さまざまな角度から見えます。

天気によっても印象が変わりそうです。

 

---

伝統新しさが存在する街、金沢。

一日で多くの場所をめぐることができました。

雨もぎりぎり持ちこたえ、金沢駅近くのホテルに一泊。

二日目は白川郷、高山経由で名古屋に移動します。

 

(次は、白川郷へ~)

| | コメント (2)

2018年6月13日 (水)

宿泊研修 一日目その3(鈴木大拙館)

兼六園を出たら、徒歩で夜露にぬれる森を抜けて、鈴木大拙館へ向かいます。

他にも美術館等が立ち並ぶ、文化の香りの濃いエリアです。

 

鈴木大拙氏(1870-1966)は、金沢出身の仏教哲学者で

世界に向けて、日本文化を英語で紹介ました。

ドイツ語圏のフロム、ユング、ハイデガーなどが影響を受けたそうです。

 

この館のコンセプトはとてもユニーク。

展示を見るだけではなく、建物自体を見たり、

思索そのものもできる造りになっています。

 

私はこの建物を見るのがとても楽しみでした。

上野の法隆寺宝物館と同じく、谷口吉生氏が設計したからです。

直線と水、巧みに取り入れた自然の光の中に

和の雰囲気と理知的な空気を醸し出す点が心に響きました。

父の谷口吉郎氏は金沢市出身、やはり建築家として名高い方です。

 

内部回廊

Dscn1807_r1_r1  

 

水鏡の庭(手前)と思索空間(白い建物)

Dscn1802  

 

じっくりと思索を深めたいところですが、先を急がねばなりません。

 

(次は、武家屋敷跡など)

| | コメント (2)

2018年6月11日 (月)

宿泊研修 一日目その2(金沢城公園、兼六園)

市場でお腹を満たしたら、午後もがんばりましょう。

 

金沢城公園を散策。

お城があった敷地に庭園などが復元された他、

当時の石垣も見ることができます。

 

ワンポイントツツジが気に入りました。

 

Dscn1768  

 

色紙短冊積石垣

Dscn1774  

色紙や短冊のような形の石が見事に積まれています。

力学に秀でた組み合わせの達人がいたのでしょうか。

 

鶴丸倉庫(重要文化財)

Dscn1781  

武具土蔵です。

 

建物の壁の内部を説明する壁

↑これ以上こなれた日本語が思い浮かびません(^^ゞ

Dscn1782  

 

驚いたのは、この敷地に平成7年(1995年)まで

国立大学の名門、金沢大学があったとのこと。

気持ちが引き締まりそうです。

 

さて、次はお隣りの兼六園に行きましょう。

水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つです。

 

アップダウンのある土地に、池や橋、植物が次々と登場します。

 

ことじ灯籠

Dscn1787_r1  

足が琴柱(ことじ)に似ている灯籠です。

実物は思ったよりも大きくて、うまくバランスを取って立っているなぁと思いました。

 

根上松(ねあがりまつ)

Dscn1795  

松の下の方に複雑な形をしたが見えます。

 

噴水

Dscn1799_r1_2  

サイフォンの原理により、電気等を使わずに水が噴きあがっています。

実に面白い。

ドイツ語で一から説明するのは難しいので、「サイフォン」を調べました。

ふむふむ、Siphon(ズィフォー)ですか。

 

きっと何度も兼六園を訪れるうちに、案内ポイントがつかめることでしょう。

見るもの聞くもの新しい研修ではありますが、

緑の木々の中を歩いたことでおだやかな気持ちになりました。

 

(次は、鈴木大拙館他)

| | コメント (6)

2018年5月 6日 (日)

下田の旅 二日目その1(ペリーの足跡)

旅行二日目は、ペリーの足跡を辿ってみましょう。

 

道の駅「開国下田みなと」

Dscn1569  

地元のお土産を買いました。

 

 

了仙寺

Dscn1571  

Dscn1576  

日蓮宗の静かなお寺です。

1854年、ここで日米和親条約が締結されました。

 

このお寺の一角に、洗練された施設があります。

黒船ミュージアム

Dscn1577 

 

以前、日本史を勉強した際に、ペリー来航に興味を持ち、

この柄のメモ帳を横浜で買いました。

Dscn1579  

貴重な資料と映像によって、ペリー来航への理解が深まりました。

 

 

続いて、海辺のペリー艦隊来航記念碑へ。

Dscn1589  

 

振り返ると、形のよい山が見えました。

下田富士です。なるほど!

Dscn1584  

 

さぁて次は、山に登りますよー。(徒歩ではなくロープウェイですが)

 

(次は、下田ロープウェイ)

| | コメント (2)

2018年4月30日 (月)

ポンドール・イノのランチ

4月のとある日、くらげちゃんと豪華ランチをしました。

今回は、三越前駅すぐのYUITOビルにある

フランス料理のレストラン、ポンドール・イノです。

 

レストランはビルの一階にあり、今はちょうど外のがきれいな季節でした。

オードブル、スープ、肉料理または魚料理のコースを選びました。

料理名は覚えられなかったので、正確ではありません。(^^ゞ

 

オードブルは、ハリイカの炭火焼きと山菜の一品です。

Img_20180426_132150 

春らしい素材と盛り付けですね♪

イカもやわらかーーい。

 

グリーンピースの冷製ポタージュ

Img_20180426_134408  

とーーってもおいしいポタージュでした。

底には青々としたが沈んでいて、最後の一粒まで”宝探し”しました。

グリーンピースというよりは、枝豆の方がイメージに近いと思います。

 

メインです。

こちらはくらげちゃんの選んだ肉料理(仔羊)です。

おいしそうなソースですねぇ。

Img_20180426_140200  

 

こちらは私の魚料理、真鯛のポワレ。

Img_20180426_140207  

真鯛の上にはポップコーン状の米がついていたり、

手前には天ぷら風の揚げ物が添えられていたり、

フレンチといいながらもの雰囲気がありました。

盛り付けや味そのものだけでなく、サクッとした食感が印象に残りました。

 

デザートは、ワゴンに載ったケーキから好きなものを選べます。

私は5種類中4種類。

Img_20180426_143618  

プリンからタルトまで、一度にさまざまなケーキを楽しめました。

もう一つのケーキも茶色くて好きそうだったのですが、

さすがにお腹と相談して4種類に収めました・・・。

 

くらげちゃんとは今回もいろいろな話をしました。

今まで通り、負の部分を乗り越え、

お互いの変化の過程を尊重しながら、

情報交換できたらいいなと思っています。

 

ゆっくりと春を感じるランチでした。どうもありがとう。(^v^)

| | コメント (2)

2018年4月24日 (火)

プーシキン美術館展

先日、上野に行く機会があり、せっかくなので美術館にも行きました。

 

数ある美術館の中で選んだ展覧会は、プーシキン美術館展@東京都美術館。

サブタイトルの”---旅するフランス風景画”を観たくなったからです。

 

Img_20180422_133324_r12 

 

モスクワの美術館からやってきたフランスの風景画は、

緑いっぱいのきれいな絵が多かったです。

一度訪れたモネの庭、ジヴェルニーの絵も展示されていました。

 

都会的なパリの街の様子も興味深く、

絵の近くに展示されたパリの地図と見比べながら鑑賞しました。

 

港のある南フランスの風景はカラフル。

どんな地域なのだろう?という興味が沸きました。

長時間フライトに耐えられるうちに行けたらいいなぁ・・・。

 

ゴーガン(ゴーギャン)の絵は、『マタモエ、孔雀のいる風景』が来ており、

タヒチ島の自然と青い孔雀が印象に残っています。

 

旅の好きな方におすすめしたい美術展です。(2018年7月8日まで)

| | コメント (2)

2018年4月 9日 (月)

マーロウのビーカープリン

日曜日はピアノのレッスンの後、茅ケ崎に遊びに行きました。

JR東海道線で約1時間、車窓を眺めているとあっという間です。

 

茅ヶ崎駅には、昨年9月に生まれたばかりの女の子の赤ちゃんと

リケジョ仲間のお母さんが迎えに来てくれました~。

ご自宅にお邪魔して、3人で女子会をする計画なのです。

 

私も不定期な予定が多く、

友人と会うのも難しい中のありがたいお誘いでした。(^o^)

 

早速駅ビルにて、葉山のマーロウのことを教えてもらいました。

ガラスのビーカーに入ったプリンのお店で、

都内ではGINZA SIXでしか買えないそうです。

お店のショーケースを見ているだけでも楽しいプリン、

私はエスプレッソを選びました。

 

このプリン、大きさがすごくてですね、普通のプリンも一緒に撮影しました。

Img_20180408_1343252  

さすが化学系のリケジョ、的確な基準がさっと出てきます。

 

ビーカーには目盛りもプリントされています。

なめらかな舌触りで、もちろんペロリといただきました。

底のソースをからめると、コクが出ます。

 

さらに、ビーカーで茶碗蒸しを作ってみたくて

厚かましくも容器を2つもいただいてしまいました。

(ようこ夫は、ワイングラスとして使いたいと言っています)

 

女子会では、話がはずんで話題が尽きることはありませんでした。

また神奈川県のことを教わりたいなぁ。(^-^)

楽しい一日をありがとうございました。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧