2019年4月11日 (木)

失敗談

今日もスギとヒノキ花粉が飛ぶ中、都内をご案内しました。

細かい失敗 (お客様ではなく自分が昼食場所にコートを忘れるなど)は

いろいろありますが、今日はこんなことがありました。

 

ごった返す明治神宮にて少人数のお客様をご案内中、

一人、一瞬姿が見えなくなりました。

見渡すと、お守り売場にそれらしき人がいるではありませんか~。

 

ゆっくりとお土産を選んでいたので、やや急かし気味に

ドイツ語で

「何か買いたいですか?お手伝いしましょうか?」

と聞いても無反応

もう一度問いかけると、こちらを向いて

「私はドイツ語を理解することができません」

と、ドイツ語で言われました。

 

やってしまった人違い・・・。T_T

 

でも、でも。

上着の色は同じだし、メガネもかけていたし、体が大きかったから

区別がつかなかったのですよ。

 

「あ、そうですか。ありがとうございます」

と、謎の返答をしてお守り売場から逃げるように去りました。

 

しかも、いつの間にかお客様は揃っていて言い訳を考えるヒマもなく、

何も言わずに次の場所へとご案内したのでした。

 

「お客様の顔を覚える」、今後の課題です・・・。

| | コメント (4)

2019年3月28日 (木)

英語ツアーに参加

先日、英語ガイド付きバスツアーに参加しました。

バスに慣れていないので、自分の勉強のためです。

 

今回は

浜松町発→明治神宮、皇居東御苑、浅草→有楽町

という半日のコースを選びました。

参加者はほとんど外国人ですが、日本人の参加もOKです。

 

車内は指定席で、私の隣はメキシコからの一人旅の方でした。

英語で少し話したところ、

「ほぉーー、あなたは英語を話すのね。うん、いいですよ」

と、マレーシアの飛行機の中で隣の人と話した時と同じ反応です。(^^ゞ

 

そんな会話の中で、仕事は何かと聞かれました。

スペイン語圏の方だし、いいかーと思って

「ドイツ語ガイドをしています」

と答えたら、後ろの席の方が

「ええーーーっ!」っと突然会話に登場。

ドイツから来たと(ドイツ語で)言っていました。

壁に耳あり障子に目あり、ということわざを久しぶりに思い出す)

 

日本人の英語ガイドさんはとても親しみやすい方だったので

ドイツ語ガイドであることを明かしました。

 

そんな私にツアー中も親切にしてくださった英語ガイドさん、

お別れの時に

「またどこかで、仕事でお会いしましょう!」

エールを送ってくれました。(^o^)

 

ドイツ語も話せたし、いいガイドさんにも出会えたし、

このバスツアーに参加してよかったです。

 

明治神宮の絵馬

Dscn2817  

 

浅草の桜

Dscn2825

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

研修その2:井の頭公園

ジブリ美術館見学後、井の頭公園を通って吉祥寺駅に出ました。

 

吉祥寺といえば、正社員の頃によく行ったエリアです。

職場の方たちとお花見をしたり、

おしゃれなレストランで、今で言うところの女子会をしたり、

楽しかった思い出ばかりです。

 

・・・と言いながらも、井の頭公園の形をよく分かっておらず、

今回初めて知るところとなりました。(^^ゞ

 

丸い池がある四角い公園だと思っていたら、

ブーメラン型の公園に三角形の池があったのには驚愕です。

詳細な形はこちらをご覧ください。

 

種類は分かりませんが、ジブリ美術館のすぐ近くで桜を見かけました。

Dscn2802 

 

弁財天でお参り。(金運アップのため、銭も洗った)

Dscn2807 

Dscn2808 

 

噂に聞いていた自動販売機も見てきました。

Dscn2811_r1 

公園では、蜂の子といなご甘露煮が買えます。

Dscn2811_r12 

 

明るく優しい研修の先生は、集団の引率がとても上手で

私も真似してみようと思うポイントが多かったです。

  

研修最後、公園の出入口近くに懐かしの女子会をしたお店がありました。

あの頃のみなさん、お元気ですか?

Dscn2814 

 

三鷹・吉祥寺エリアは緑も多く、のんびりとした空気感がありました。

いつの日か、ドイツ語圏のお客様をご案内する日がきますように。(^人^)

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

研修その1:三鷹の森ジブリ美術館

今日は快晴の一日でした。

朝から通訳案内士の研修のため、三鷹に出かけました。

三鷹駅は正社員の頃に長い間利用していたので懐かしさがあります。

 

今回は、三鷹の森ジブリ美術館と井の頭公園を周りました。

まずはジブリの美術館のご報告です。

 

三鷹駅から歩いて到着~。

Dscn2781

 

 

入場のためには、日時指定の予約をしたチケットが必要になります。

美術館の周りにはすでに予約の方たちの列ができていました。

この時は日本人よりも外国人が多いようでした。

 

Dscn2784_2

 

緑の枠にはトトロがいます。

 

カラフルな外観は、

オーストリアの芸術家 フンデルトヴァッサーを思い起こさせます。

Dscn2786

 

Dscn2788

 

Dscn2791

 

 

美術館は、B1F、1F、2Fと屋上からなる建物で

順路はないのだそうです。

 

私は

 

・短いアニメーションが上映される映画館「土星座」

・図書閲覧室「トライホークス」

・ミュージアムショップ「マンマユート」

・屋上のロボット兵

・常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」

・企画展示室

・カフェデッキ(テイクアウトの麦茶がおいしかった!)

 

の順に周りました。

歩いていて入口があったところから見学する、という感じです。

 

写真撮影は制限がありますが、屋上のロボット兵は撮影OKでした。

 

大きい~。

Dscn2792_r1 

 

記念撮影したい人は並び、次の人にシャッターを押してもらっていました。

 

ちょっと下を向いているところに愛嬌を感じますね。

Dscn2794_r1

 

下に降りてもロボット兵(赤枠)が見えます。

 

Dscn2801

 

 

実は私、あまりジブリの作品に詳しくないのですが、

緻密な計算に基づくアニメーションの職人技は

作品自体を知らなくても展示から十分伝わってきました。

 

(次は、井の頭公園)

| | コメント (8)

2019年3月15日 (金)

浜離宮の春

3月も半分が過ぎ、春らしさを感じることが多くなりました。

昨日は浜離宮恩賜庭園に行ってきました。

 

園内に800本ものがあるそうです。

Dscn2742  

 

梅でしょうか、紅い花もきれいでした。

Dscn2746  

 

広い公園の中には、御茶屋と呼ばれる建物のエリアがあります。

今回は御茶屋のボランティアガイドツアーに参加しました。

 

いずれも江戸時代に造られた建物を再建、復元したとのこと。

見どころのポイントを聞きながら、

当時この部屋で将軍たちが優雅なひとときを送っていた様子を想像しました。

Dscn2748  

Dscn2760  

 

池を眺めながら休憩したり、お客様をおもてなししたりしたそうです。

写真中央の中島の御茶屋では抹茶(有料)を飲むことができます。

Dscn2755  

 

雪吊り

Dscn2759  

 

中島の御茶屋でねりきりのセットを楽しみました。

Dscn2768  

この写真だけ見ると、船に乗っているような感じにも見えますね。

実際は、長い橋の途中に御茶屋さんがあります。

 

季節限定、菜の花も見られました!

Dscn2772  

 

今回の庭園訪問は、春の繁忙期に備えての下見でした。

どんなルートでお客様をご案内するか、

浜離宮も私のレパートリーになるよう、まとめてみたいと思います。

| | コメント (2)

2019年3月11日 (月)

はとバスでお出かけ

土曜日は、夕方発のはとバスツアーにようこ夫と参加しました。

こちらが東京駅丸の内南口のりばです。

Img_20190309_163043  

 

題して”東京タワー極上の夜景 シンフォニーディナークルーズ”!

 

若いバスガイドさんの案内で東京タワーへ。

150メートルのメインデッキから、増上寺がよく見えます。

Img_20190309_172020  

 

地上に戻ると、ちょうど日没時刻に重なり、

点灯したばかりの東京タワーを間近で見られました。

53417866_1921423694654155_217896370  

 

この日まで雨続きだった東京でしたが

さすが、晴れ男のようこ夫がいると晴れますねぇ。

 

バスは一路、日の出桟橋まで≡3

 

こちらの船に乗りました。

東京湾をハート型に描く航路で2時間30分のクルーズです。

53584945_1921423941320797_539545728  

 

はとバス専用の部屋にこのようなセッティングがしてありました。

53373535_1921424031320788_660680323  

フランス料理のフルコースを楽しむ間、

配膳の方がマイクを持って見どころガイドもするという

はとバスらしい!?サービスもあって

時間はあっという間に過ぎていきます。

 

大井ふ頭のあたり

Img_20190309_210219  

 

ライトアップされたレインボーブリッジをくぐります。

Img_20190309_211601  

 

船内を散策してお土産を買ったら、あらもう下船。

 

それにしても、バスツアーはここからがラクです。

再び東京駅までバスに乗り、解散となりました。

 

実は今回のはとバスの旅は、今後の仕事のために

「バスツアーを体験する」

ことも目的でした。

 

バスガイドさんがとても平易な言葉を使うこと、

より楽しむための情報(日没時刻など)をさりげなく提供することなど、

いろいろ勉強になりました。

 

バスツアーはハマるとハマりそうです。

また他のコースに乗ってみようかな~。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

名刺交換会

先日、仕事関係の名刺交換会的な集まりに参加しました。

 

そういった集まり(お酒無し)に行くのは初めてで、

自作の名刺をプリントアウトし、スーツを着て出かけました。

 

顔見知りの方とちょっとご挨拶したり、

初対面の方に自分の実務経験を簡潔に話したり、

世界が広がる期待感と緊張感が半々でした。

 

しかし、こういった場は苦手な人は苦手かもしれませんね。

私はものすごく得意というほどでもないが、イヤでもない、

こういった会があればまた行こうかな、といったところです。

(ワイングラス片手に・・・だと、もっと参加しやすいですが(^^ゞ)

 

パワーのあるうちにいろいろ活動してみますよ~。(^-^)

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

英語を話す仕事

2月に入り、新しい仕事、新しいドイツ語クラスが始まりました。

新しい仕事というのはドイツ語のガイドではなく、

さまざまな国の方に旅行の実務的な内容を英語で伝える業務です。

 

ドイツ語の授業料を英語で稼ぐようなものですが、

旅行業界のあれこれを知る機会となり、とても勉強になります。

 

特に英語を母国語としないアジアの方には

私の言っていることが分かりやすいようで(流暢ではないから?)、

アジア各国への旅をした甲斐があるというものです。

 

ひとしきりやり取りが終わると、アジアに限らず欧米のお客様たちが

「ありがとう」

と笑顔で日本語で挨拶していかれます。

 

そんな時は、私も日本語で

「どういたしまして」や「ありがとう」

と日本語で返すようにしています。

 

旅先でその国の言葉が通じた時の喜びは思い出に残るものです。

私の頭の中にも今、あちこちの国の「ありがとう」が駆け巡っています。(^-^)

| | コメント (2)

2019年2月 6日 (水)

盆栽研修

昨日、久しぶりに通訳案内士の研修に参加しました。

今回のテーマは盆栽

盆栽村で有名な大宮に行ってきました。

 

赤枠で示された、

JR土呂駅と東武野田線の大宮公園駅の間にあるエリアが盆栽村です。

Img_20190205_085437  

関東大震災の後に都内の盆栽業者がこの地に移り住んだのが始まりです。

が盆栽に適していて、水にも恵まれていたのがポイントとのこと。

 

最初の目的地は、さいたま市大宮盆栽美術館でした。

Img_20190205_091053  

家のような外観ですね。中に室内の展示や庭があります。

盆栽の講義を聴いた後、庭の盆栽を見学しました。

 

木を見ているうちに、自分が小さくなったような気がします。

Img_20190205_114017_r1  

Img_20190205_114230_r1  

Img_20190205_114408_r1  

少しかがんで、見上げるように盆栽を楽しむのがよいそうです。

 

美術館の徒歩圏内には6つの盆栽園があり、

いくつかの園内も見学させていただきました。

職人さんのお話を直接伺うこともでき、

愛情深く盆栽を手入れしているのを実感できました。

 

この盆栽村は、写真撮影ができる場所は限られていますが、

実際に歩いてみると、清々しい空気感が心地よかったです。

 

資料用に買ったガイドブックとポストカード

Img_20190206_233442  

外国人のご案内にどう役立てようかなぁと考え中です。

| | コメント (2)

2019年1月24日 (木)

手帳の色分け

私の具だくさんな毎日は、手書きの手帳で管理しています。

見易くするためのは必須で、

今はPILOTのJuiceシリーズを使っています。

 

Img_20190124_173355_r1  

 

予定がピアノとドイツ語だけの頃は原色系の他シリーズを使っていましたが

色が増えてくると目がすることに気づき、

少し薄いかな~?と思うぐらいのこのシリーズに出合いました。

 

旅行業の仕事にシフトした今、

特に重要なのが依頼元を明確に区別することです。

一般的な都内観光であっても、

どこからの仕事か分からなくなると大変なことになります。>_<

 

時代の流れでしょうか、

もともと依頼元としてA社とB社の2色だけのつもりが

一年間音沙汰なかったC社から突然連絡があったり、

ご縁でD社ともやりとりするようになり・・・といった感じで増え、

濃い紫と濃い緑は追加で買いに行きました。

 

ちなみに、これ以上カラフルになると逆にわかりにくくなるので

ピアノのボランティアとランチはのままです。(^^ゞ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧