2019年8月14日 (水)

案内される側になるのも大切

暑い夏の一日、ドイツ人のお客様をご案内しました。

水分補給にも気を遣いますが、

お客様が適切に水を飲んでいる様子に安心しました。

 

この仕事をするにあたり、私自身も

できるだけプロのガイドについて旅をするようにしています。

早速、その経験が役に立ちました。(^o^)

 

今回のコースには商店街の散策が含まれており、

お店で食べ物を買い、食べ歩きを体験してもらいます。

好きな物を選んで・・・といっても、

日本のことをよく知らない外国人には難しいものです。

 

そこで、下見の際に自分で食べてみて

ドイツ人の口に合いそうなメンチカツをおすすめしました。

 

おすすめする時は楽しそうに、ハッキリと。

もし好みに合わないようなら代替案も用意しておく。

 

実はこのやり方、6月に旅した利尻島のバスガイドさんの真似なのです。

数あるお店の中から、限られた時間で好みのものを見つけるのは

日本人が国内旅行をしても戸惑ってしまいます。

あの時は焼きホタテがおいしかったなぁ~。

 

結果は大成功!

カリッとした衣も気に入ったようで、日本の味を楽しんでいました。

 

今までの私だったら

「メンチカツはひき肉を揚げたものです。

おいしいとは思いますが、好みにもよります

などと説明していたと思います。

これではなんだか食欲をなくしますよね・・・。(^^;

 

案内される側になってみるのも大切だと思った出来事でした。

利尻島のガイドさん、ありがとうございました!

| | コメント (2)

2019年8月10日 (土)

浅草の新しいお店

暑い中、下見のため浅草へ。

 

浅草はガイド先No.1と言ってもいいほど何度も行っていますが

そういえば、暑い夏に行ったことがないと思い、

念のため見に行くことにしました。

 

強い日差しに負けてしまいそうで

ついつい冷房の効いたお店に吸い込まれてしまいます。

今日は2つの新しいお店をご紹介します♪

 

雷門の左奥に新しいスターバックスができました。

Img_20190808_133921  

雷門店限定のタンブラーを衝動買い!

コーヒー味のフラペチーノ(シェイク)を飲みたいです。

 

浅草にはミッフィーのお店もオープンしていました。

Img_20190808_135543  

店内にはセンスの良い雑貨が並んでいます。

小さなミラーが欲しくなりましたが、

「落ち着け、落ち着け自分・・・」

と言い聞かせ、買い物は後日することにしました。

(スタバでタンブラーを買ってしまったし(^^;;)

 

新しいお店にワクワクしつつ、

熱中症に気をつけてお客様をご案内することにしましょう。(^^)

| | コメント (2)

2019年8月 1日 (木)

半年経ちました。

梅雨が明け、急に暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

早いもので、2月に始めた英語を話す仕事

新しいドイツ語クラス参加から半年が経ちました。

どちらも挫折せずに続いています。

 

英語を話す仕事は、

観光旅行で来た外国人に実務的な内容を伝える仕事です。

「海外旅行で困らないレベル」の英語力の私にとって

今の仕事に丁度良さを感じています。

 

英語の流暢さよりも、相手が何を聞きたくて

こちらの英語をどれほど理解しているかを見ながら

ボディランゲージも使ってお伝えするようにしています。

 

最初の頃に比べて声も動きもデカくなり、

こういった経験はドイツ語圏のお客様の団体をご案内する時にも

きっと役に立つと思います。

 

ドイツ語教室では、以前通訳案内士の試験対策でお世話になった

ドイツ人の先生に習っています。

先生が選んだドイツのトピックについて教わったり、

音読、読解、独作文発表など、さまざまなアプローチが面白いです。

 

しかし、始めた頃には、ガイドであまり使わない単語ばかりで

どうなることかと思いました。

辞書を引きまくって通い続けてみると、

通訳案内士向けの勉強をしたことの強みにも気づきました。

 

例えば、独作文発表であるモノを説明するときに

平易な言葉で~、

飽きない程度に短くまとめ~、

笑いもとって~、

質問も受け付けて~、

といった感じですね。

 

旅行業界の仕事とドイツ語教室をコツコツと続けていれば

もっといい通訳案内士になれるような気がしています。

 

さて、半年後はどうなっているか?

来年2月に振り返りたいと思います。(続いていますように)

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

忠犬ハチ公の色

渋谷にある忠犬ハチ公の像は、外国人にもよく知られています。

飼い主を待ち続けたハチ公のことをドイツ語で書き記し、

ネイティブの先生に添削していただき、

渋谷に行く前にお客様に物語としてお見せすることもあります。

 

その”はく製”が上野の国立科学博物館に展示されているのをご存知でしょうか?

先日、ついにハチ公を見学しました。

 

※はく製の写真を小さめに掲載します※

 

 

 

後ろの左側は甲斐犬。

後ろの右側は、『南極物語』で一躍有名になった樺太犬のジロです。

6月に行った稚内公園で訓練したそうです。

手前の白い犬がハチ公です。

Img_20190719_101530  

 

いやはや、驚きました。

ハチ公はてっきりグレーだと思っていたのです。

 

多分、この影響だな・・・。

Hachiko  

 

白い犬だったとは考えもしませんでした。

 

国立科学博物館はお土産も充実しています。

神戸風月堂のミニサイズのゴーフルがハチ公の缶に入っていました。

 

うーむ、やはり白い。

きりっと賢そうな顔立ちです。

Img_20190724_172759  

 

人の思い込みって不思議なものですね。

今日のドイツ語教室ではそういった話を発表して大笑い。

みんなでゴーフルを食べたのでした。(^m^)

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

豊洲と築地へ。

先日、通訳案内士の研修のため、豊洲市場と築地場外市場へ出かけました。

保冷バッグを持って、グルメ系の買い物を楽しむ一日でもあります。

 

早起きしてラッシュ前に電車に乗り、豊洲で朝食にしましょう。

 

最近、いろいろな具を楽しめる”ばらちらし寿司”を選ぶことが多いです。

おいしいものとともに板前さんと話も出来て、よい朝活となりました。

66650573_2106441066152416_72332170953563  

 

ゆりかもめの市場前駅で研修の講師や参加者と合流し、

水産仲卸売場棟へ移動しました。

 

豊洲はこのような建物がいくつか集まり、

管理施設棟、水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、青果棟

などがあります。

朝食は管理施設棟のお寿司屋さんにて。

セリが見られるのは水産卸売場棟です。

Img_20190708_080031  

 

水産仲卸売場棟では、築地でも有名だった乗り物、ターレを見かけました。

講師の後ろについて、いくつかのお店で買い物をします。

この日のmyメインテーマ、生うにも探しました。

 

うにの産地もいろいろで、生となるとますます希少な感じでしたが

ついについに見つけました、利尻 礼文と書いてある品を!

いやーー、開けるのが楽しみです。(^o^)

Namauni  

 

管理施設棟には、いちばの妖精 イッチーノがいました。

Img_20190708_103016_r1  

時間的にすでに整理整頓された水産卸売場棟を見学したのち、

タクシーで築地へ移動します。

 

築地は場外と呼ばれたエリアに今も店舗が多数並んでいます。

豊洲移転後に場外を訪れるのは初めてです。

Img_20190708_125619_r1  

 

ほどほどの混み具合の中、

築地魚河岸(生鮮市場)に寄ったり、波除神社に行ったり、

今の築地を体感しました。

 

波除神社の玉子塚

Img_20190708_114336_r1  

様々な食材への感謝の塚がいくつもあります。

玉子塚は形が好きで、参拝のたびに写真を撮ってしまいます。

 

研修後は、その場で食べられるフードを楽しみました。

 

お店の方に勧められたつぶ貝

66262188_2106441179485738_51184795450364  

 

別の店ではお刺身盛り合わせを一皿。

Img_20190708_132537  

 

あーおいしかった!ごちそうさまでした。

 

研修の報告のはずが、グルメネタばかりとなりました。(^^ゞ 

その場を楽しんでこそのご案内、また食事系の仕事が来ますように~。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

相乗効果

昨日は高齢者のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

梅雨ながらが降りませんでしたが、

せっかくなので『雨にぬれても』などの映画音楽を弾いたり、

『雨降りお月』などを利用者さんに歌ってもらったりしました。

 

ところで、通訳案内士の仕事の経験が少しずつ増えてくると

こういったピアノの活動にも相乗効果が出てくると感じています。

 

持ち時間をきっちり守って時間内で楽しんでもらうこと、

紙やジェスチャーを使って分かりやすく、

無理強いをしてはいけない、

しかし、相手のペースにはまらないように進行はサクサクと、など

本質的に似ていることが多いからではないかと思っています。

 

今回、このジェスチャーで混乱してしまいました。

 

歌の伴奏の前に「2番まで歌いますよ~」と最初に声をかける際、

指でも数字を示そうとしたのですが、

親指と人差し指を立てるのか?

人差し指と中指のチョキなのか?

分からなくなったのでした。

 

仕方ないので両方やりました。

指の運動みたいですね。(^^ゞ

 

実は、ドイツ人やスイス人のお客様と電車に乗る時、

「〇番線の電車に乗りますよ~」

と指でも示すようにしています。

2番線を使う機会も多く、

外国式?の親指と人差し指の"2"を何度も練習したからでしょう。

 

こうした混乱を乗り越え!?

ドイツ語もピアノもパワーアップしていけたらと思っています。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

長野研修旅行 二日目その3(松本城)

長野研修最後の訪問地は、松本城です。

地獄谷野猿公苑からサービスエリアでの休憩をはさんで2時間ほどかかります。

 

さすが国宝、美しい姿です。

Dscn2915_r1

Dscn2914   

 

お城の中は敵が来ても簡単に昇れないように急な階段があります。

滑りそうになりながらやっとの思いでたどり着いた最上階(6階相当)。

たくさん撮ったはずの写真は、息があがってブレておりました・・・。

 

唯一ブレなかった写真。山がとてもきれいに見えました。

Dscn2909  

 

宇宙ツツジ

Dscn2919

宇宙飛行士 向井千秋さんと一緒に宇宙を旅したツツジの種は、

今こうして花を咲かせています。

 

研修は無事終了。

講師の説明の順序がとても良かったのでしょう、

滞在時間の割に、自分自身の経験として印象に残る研修となりました。

 

列車に乗るまでの時間、松本駅ビルでおろしそばを食べました。

そば猪口(ちょこ)を使わず、この中にそばつゆを入れるそうです。

せっかくだから生ビールも飲んでしまった!

Img_20190524_161036 

 

松本駅

Dscn2920 

 

長野県のきれいな空気を吸ってリフレッシュしました。

いつの日か、ドイツ語圏の方たちと一緒に来られますように。(^人^)

| | コメント (2)

2019年5月29日 (水)

長野研修旅行 二日目その2(地獄谷野猿公苑)

次なる目的地は、バスを走らせること小一時間、地獄谷野猿公苑です。

 

外国人の方にはとても人気のある観光地ということで注目していました。

急な仕事の依頼があっても引き受けられるよう、下見を兼ねて・・・です。

 

バスの駐車場から徒歩で野猿公苑の入口に向かいます。

Dscn2869  

注意事項を守り、ペットボトルの水をバッグの中に隠しました。

Dscn2871_r1   

 

森の中を歩くこと約30分、間欠泉が見えてきました。

すれ違うのは欧米の方ばかり。アジアの観光客は少ないようです。

ここのすぐ近くに人間用の温泉旅館があります。

Dscn2877  

 

公苑の入口まであと少し!急な階段と坂を登ります。

Dscn2878_r1  

 

サルの世界にお邪魔しまーす。

食べ物や飲み物を見せなければ、のびのびとした姿を見学できるようです。

Dscn2889  

後姿が丸くてかわいかったです。

Dscn2879  

 

厳しい寒さの冬になると温泉に浸かるサルも増えるとのこと。

この日は一頭がプールの中にいるように泳いでいました。

Dscn2885 

 

お風呂上がり。

欧米の方たちが熱心に録画していました。

Dscn2888  

 

ふたたび30分かけて駐車場に戻ります。

駐車場横のカフェでクッキーを買って栄養補給しました。

Dscn2900  

 

1964年オープンの地獄谷野猿公苑は、

1998年の長野オリンピックをきっかけに海外の方に広まったそうです。

スタッフの方たちが愛情をもってサルを見守っている様子が伝わってきました。

欧米の方たちもそういった雰囲気が気に入ったのかな?と思いました。

 

(次は、松本城)

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

長野研修旅行 二日目その1(善光寺ふたたび)

二日目は朝からバス研修です。

長野の善光寺からスタートし、地獄谷野猿公苑、松本城を周ります。

 

朝7時台のお寺。

空気がきれいなのでしょうか、気温の割に日差しが強かったです。

Dscn2856  

 

研修参加者と合流し、本堂のお戒壇巡りをしました。

真っ暗な回廊を歩き、錠前にふれる・・・というものです。

学生の時以来ですが、相変わらずおそるおそるの歩みでした。

 

山門の上にも入場~。(有料)

Dscn2858  

 

急な階段をのぼると、網がかかっているものの、

善光寺の境内が見渡せます。

Dscn2862  

 

どこを眺めても普通にが見えたのが印象的でした。

Dscn2863  

 

本堂

Dscn2866  

 

この他、もしお客様をご案内することになったら・・・と

シミュレーションしながら、動線確認をしました。

さて、仕事に結びつくのはいつになることでしょうかねぇ。

 

(次は、地獄谷野猿公苑) 

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

長野研修旅行 一日目(善光寺)

通訳案内士の長野研修に参加するため、前泊を含めて二日間の旅をしました。

 

北陸新幹線の長野駅へ~~。

東京駅から約1時間半で着きました。

旅人の気持ちを理解してこそのガイド、駅でも一枚撮影しましょう。

Dscn2831  

 

牛にひかれて善光寺参りは徒歩でも行けますが、

上り坂のため駅からバスが便利です。

空がとても広く感じられました。

Dscn2835  

 

お寺の近くでそばをいただきましょう。野沢菜付き。

おしゃれな店内とコシのあるそば、また行きたい”ももとせ”さんでした。

60909146_2031268900336300_81572266399068  

 

あの有名な七味のお店もお寺の近くにあります。

Dscn2833_r1  

 

疲れた方はお店の前で座ることもできますよー。

Dscn2844  

 

善光寺の境内には、きれいなつつじが咲いていました。

Dscn2841  

 

季節限定のご朱印。今は一番右の春バージョンだそうです。

Dscn2837  

魅力たっぷりのご朱印を前に、

そもそもご朱印帖を買うかどうか30分ほど悩みました。

結局、善光寺モチーフのリラックマポーチを購入。

 

帰りは徒歩で長野駅までぶらぶらと歩きました。

 

長野といえば1998年の冬季五輪

オリンピックをきっかけにNAGANOの地名を知っている外国人は多いようです。

Dscn2847  

Dscn2849  

 

二日目はバスで長野から松本に移動します。

早く寝ましょう。(^-^)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧