2020年6月24日 (水)

どちらも再開

新型コロナウイルスの影響で休講となっていた

ピアノとドイツ語のレッスンが続々再開しました。

 

ピアノは先生と生徒の位置関係が変わり、

先生の声が背後から聞こえてきます。

なんとも不思議な感じですが、そのうち慣れてくるのでしょう。

 

早速、先生からのアドバイスを取り入れたら

のぺっとした演奏にメリハリがつきました。

 

ドイツ語は、オンラインではなく教室での授業となります。

先生も生徒もマスク着用なので

お腹に力を入れて発声しないと、こもってしまいます。

 

休講中、ドイツのニュースサイトをよく聞いていたせいか、

全員のドイツ語がすんなりと耳に入ってきました。

わーい!と思ったのもつかの間、会話力が落ちていました・・・。

 

語学学習は奥が深くて時間のかかるものだと、改めて実感しますねぇ。

 

ドイツ語の再開にあたってはドタバタしましたが、

無事に学びの場が戻ってきて本当によかったです。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

クラス再開の連絡

6月に入り、休業中だった施設も徐々に再開されています。

私も、休講中だったピアノやドイツ語のクラスが始まるのを

とても楽しみにしていました。

 

ピアノについては連絡があったのですが、

ドイツ語は、5月に教室の方とメールでやりとりした時に

「再開の際にはご連絡いたします」とのことでしたが

待てど暮らせどお知らせが来ません。

 

さすがに変だと思い、クラスの方にメールしてみたところ、

なんと、もう開講しているとのこと!

 

あーー、ビックリした。

どうやら私は3回ほど不在だったようです。

 

しかも、完全に忘れ去られていたというわけではなく、

なんと

「仕事の様子を見ながら参加のタイミングを決める」

という、私も初耳の欠席理由?があったので

クラスメートも連絡漏れとは思わなかったようです。

 

教室も多くの生徒さんに連絡を取らなければならないので

情報が混乱しても仕方ありませんね。

 

そういった訳で、

遅ればせながら来週からクラスに戻ることになりました。

わーい、久しぶりにドイツ語を習えるぞーー。

| | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

インスタ経由、ドイツ語圏へ。

海外渡航どころか国内の移動もままならぬ中、

SNSなどを利用して情報発信をしている方も多いと思います。

 

私は以前から細々と続けていた

インスタグラムの更新頻度を上げるようにしています。

スマホから更新するため、パソコンのない環境でもOKです。

 

もともと、ドイツ語圏の方と交流するブログ的なものを作りたくて

写真と短文で綴るインスタグラムがちょうどよいと思い、

数年前にアカウントを開設しました。

目的どおり、あえてドイツ語のみで書いています。

(ブログの左側からリンクしています)

 

どんな話題がウケるのかがいまだによく分からず???

「ドイツの缶ビールを家で飲んだ話」

は空振り気味。

しかし、

辛いラーメンを食べて汗をかいたらすっきり!」

には多数のいいねがつきました。

 

フォロワーの多くは、日本が好きなドイツ人のようです。

かつて日本で撮影した写真を毎日のようにアップする方もいて

特にマンホールの写真など、楽しみに見ています。

 

ドイツ語圏の方たちとの交流だけでなく、独作文のよい機会にもなっています。

こういう時代だからこそ、

日本の一コマを海の向こうにお届けできればと思っています。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

先生方からのお便り

緊急事態宣言に伴い、ドイツ語とピアノの教室が休講になっています。

このたび宣言が解除されたため、再開への準備が進むものと思っています。

 

休講期間中、先生方からのお便りが教室経由で届きました。

ドイツ語の先生からは生徒を気遣う手紙とプリント、

ピアノの先生からは再開を待ち望む直筆メッセージでした。

本当にありがたいことです。

 

以前、他の分野で先生をしている方から

「先生というものは、常に生徒のことを思っている」

と聞いたことがあります。

お便りを読み、それを実感しました。

 

私がドイツ語でガイドしたり、人前でピアノが弾けるのは

先生方のご指導のおかげです。

また、きめ細かいチェックを入れていただく日を

心より楽しみにしています!

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

一日の終わりに

最近、寝る前の習慣としてドイツ語のニュース映像を見ています。

 

もともとは

”ドイツ語を忘れないよう、そして聞き取りの力をつける”

という学習的スタンスだったのですが、

今は一日の終わりの楽しみとなりました。

 

何といっても、ニュースが2分ほどでまとまっているのがよいですね。

映像が聞き取りのヒントになり、思ったよりも内容が理解できます。

2回聞くようにして、1回目で聞き取れなかった単語に気づけばOK。

 

新型コロナウイルスの影響で、インタビューの際には

長い棒の先にビニールを被せたマイクを使っているのも興味深いです。

 

ニュースを見終わると、どんな内容であっても

「うーん、ドイツ語の響きってなんていいんだろう」

と、一日を締めくくっています。

 

これを繰り返しているうちに

リアルにドイツ人と会う日が来ることでしょう。

もう少しの辛抱です。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

いろいろ始まる。

年が明け、毎日があっという間に過ぎていきます。

 

1月7日は朝早くから旅行業の仕事始め(英語)でした。

今年は外国語を話すことに対して関心が高まりそうです。

英語については、現場たたき上げでがんばります。

 

夜は七草がゆを作りました。

ゲン担ぎのような気持があり、毎年欠かさないようにしています。

Nanakusa  

ところで、器の柄の位置は上にくるものだと思っていました。

写真を見ながらもしかすると逆なのかな?と、

気になって仕方がありません。(^^ゞ

 

1月8日はドイツ語教室始め。

帰省の際に行った茨城県近代美術館について発表しました。

Museum  

茨城ゆかりの画家の作品だけでなく、

モネやルノワールの絵画やロダンの彫刻が鑑賞できます。

短時間のガイドツアーもあって面白かったです。

 

ドイツ語はネイティブの先生にきっちり直していただき、

語彙の増加とお客様にストレスを与えない発音を目指します。

 

インフルエンザに注意して冬を乗り切りましょう~。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

2019年、ドイツ語納め

週に一度のドイツ語クラス、年内は今日でおしまいです。

通訳案内士試験に合格する前からお世話になっている先生のもと、

時事ネタの聞き取りや独作文の発表、休憩時間のドイツ語での雑談、読解など、

バラエティに富んだ内容で、とても勉強になりました。

 

手帳を見ると、春の繁忙期以外は休まずに通ったようです。

「ようです」という書き方もどうかと思いますが、

今年の出来事はすでに遠い過去のような気がするのです。

 

それにしても・・・。

語学というものは、ピアノと同じく学んでも学んでも

信頼できる先生による(←これは重要)修正が必要ですね。

 

独作文の添削結果をまとめたノート

Heft  

 

修正といえば、先生から面白いコメントをいただきました。

通訳案内士の研修(Ausbildungskurs)について発表したところ、

「もう何年も研修を受けているし、仕事もしているのだから

 これからはFortbildungskursという表現を使った方がいいよ」

 

職業訓練的Ausbildungから、フォローアップ的Fortbildungに昇格!?

マイスターの国、ドイツ人ならではの温かい言葉です。

 

来年も同じクラスに通い、実力をつけたいと思います。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

「ニーハオ!」

3連休、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日は日本に到着したばかりの大勢の外国人をお迎えする仕事をしました。

国籍もさまざまで、最初は全員に

「グッモーニン!」

と声をかけていたのですが

だんだんとその国の言葉で挨拶したくなります。

 

ドイツ人にはもちろん、「ぐーてん もるげん!」。

日本でドイツ語の挨拶を聞いた方たちはびっくりします。

「よい一日を、よい旅を!」

「日本は初めてですか?」

など、増量気味にコミュニケーションを取ることができました。

 

中国の方にも、「ニーハオ!」と言うと、

みなさんニコニコして手を振り返してくれます。

お互い、「シェイシェイ(ありがとう)」。

語学というのは不思議なもので、一度通じると自信をもって

はっきりと言えるようにになります。

 

中国から来た添乗員さん(旗を持っているからすぐ分かる)には

あえて日本語で

「こんにちは!」

と声をかけます。

引率大変ですね、がんばってくださいね、というエールをこめて。

 

これは、通訳案内士証を首から下げてスカイツリーを歩いていた時に

お客さんに「いらっしゃいませ」と挨拶しているスタッフが

「いつもありがとうございます」

と言ってくれたのをヒントにしました。

 

旅行にまつわる仕事もいろいろ。

日本を楽しんでもらえたら何よりです。

| | コメント (2)

2019年9月11日 (水)

姪を訪ねて。

先日、今年大学生になって関東在住となった姪を訪ねました。

3人の姪のうちの一番上、おねえちゃん姪です。

帰省のたびに劇をしていたあの姪が、もう大学生とは・・・。

 

「ようちゃーん、あそぼーー」という連絡でしたが、

実際の用件は、第二外国語のドイツ語のヘルプです。

 

姪の最寄り駅で待ち合わせてランチ。

大学の友人のことを楽しそうに話す様子を見て一安心です。

 

ドイツ語はどこでやるのかなー?と思ったら、

姪の住む部屋に案内されました。

セキュリティのしっかりした学生さん向けの建物でした。

 

すぐに部屋に招き入れられると思いきや、

「ちょっと待って!」

と5分ほどドアの外で待ちました。

出しっぱなしの物を片付けたのでしょうかね。(^^ゞ

 

整ったところで、部屋のちゃぶ台を前に横に並んで学習開始!

動詞の活用や形容詞の変化などの重要ポイントに蛍光ペンで色をつけたり、

勉強のコツを伝授したりしているうちに、2時間以上は経ったでしょうか。

アイスコーヒーをごちそうになりました。

 

学生時代に一人暮らしの女子の家を訪ねた感じそのままで

時空を超えて懐かしい気持ちになりました。

 

最後に近隣を散策して解散しました。

たまに若者に接するのも楽しいものですね。(^^)

| | コメント (2)

2019年8月 1日 (木)

半年経ちました。

梅雨が明け、急に暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

早いもので、2月に始めた英語を話す仕事

新しいドイツ語クラス参加から半年が経ちました。

どちらも挫折せずに続いています。

 

英語を話す仕事は、

観光旅行で来た外国人に実務的な内容を伝える仕事です。

「海外旅行で困らないレベル」の英語力の私にとって

今の仕事に丁度良さを感じています。

 

英語の流暢さよりも、相手が何を聞きたくて

こちらの英語をどれほど理解しているかを見ながら

ボディランゲージも使ってお伝えするようにしています。

 

最初の頃に比べて声も動きもデカくなり、

こういった経験はドイツ語圏のお客様の団体をご案内する時にも

きっと役に立つと思います。

 

ドイツ語教室では、以前通訳案内士の試験対策でお世話になった

ドイツ人の先生に習っています。

先生が選んだドイツのトピックについて教わったり、

音読、読解、独作文発表など、さまざまなアプローチが面白いです。

 

しかし、始めた頃には、ガイドであまり使わない単語ばかりで

どうなることかと思いました。

辞書を引きまくって通い続けてみると、

通訳案内士向けの勉強をしたことの強みにも気づきました。

 

例えば、独作文発表であるモノを説明するときに

平易な言葉で~、

飽きない程度に短くまとめ~、

笑いもとって~、

質問も受け付けて~、

といった感じですね。

 

旅行業界の仕事とドイツ語教室をコツコツと続けていれば

もっといい通訳案内士になれるような気がしています。

 

さて、半年後はどうなっているか?

来年2月に振り返りたいと思います。(続いていますように)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧