« コロナ禍の働き方 | トップページ | オンラインの活用 »

2021年2月27日 (土)

19年半を完走≡3

月に一度の高齢者デイケアセンターでのピアノ演奏は

センターの計画的な閉鎖に伴い、最終回を迎えました。

 

2001年9月に始めたボランティア活動も

気づけば19年半もの時が経っていました。

 

始めた頃は正社員として夜遅くまで働いており、

どうやって練習時間を確保していたのか、まったく思い出せません。

 

長続きしたのも、ひとえに職員たちのプロ意識の高さによるものです。

ここでは「先生」と呼ばれ、

日程調整、プログラムの事前送付、当日の段取りなど

しっかりした仕組みで進めさせてもらいました。

 

私の方で気をつけたのは、やはり健康管理です。

風邪やインフルエンザだけでなく、手のケガにも注意しました。

 

最後の一年は新型コロナウイルスの影響もあり、

自分の体調には本当に気を遣いました。

 

しかし、こういった施設の役割を考えると

感染防止を理由に休むよりも「協力したい」という気持ちが強く、

出来る限りの感染対策をして通い続けました。

 

外国の民謡、

利用者さんたちが若かった頃のタンゴや映画音楽、

懐かしい日本の歌・・・。

 

知らなかった曲がいつの間にかレパートリーになり、

夜中の2時3時まで選曲したのもいい思い出です。

 

貴重な時間をありがとうございました。

Photo_20210227000601

|

« コロナ禍の働き方 | トップページ | オンラインの活用 »

コメント

うわっ!スゴイですねえ!19年半ですか…
最終回、完走おめでとうございます。

私はといえば:
 ドイツ語学習は実質10年(1986-1996。ZDaFで区切り)
 今の電気研修の仕事は18年目
 結局20年以上続いているのは合唱&飲み会だけですが、中断中(><)

私は土日はラジオの競馬中継をBGMにPowerPointなどをちょこまか作成するのですが、今日はようこさんに敬意を表してピアノのCDを取り出しました。曲目は私の大好きなガーシュウィン。


https://music.apple.com/jp/album/gershwin-rhapsody-in-blue-piano-concerto/1452186665


そうそう、ピアノの蓋で手を挟まないように、
「気をつけて下さいよ」(落語「代書」より)

投稿: シブ | 2021年2月27日 (土) 09:28

>シブさん
土日もPower Point作成お疲れさまです。
シブさんが電気研修のお仕事を長くされている印象がありましたが、
それより長くピアノボランティアをしていたと知り、
とても驚いています。

実は高校の音楽の時間に
ピアノの蓋で手を挟みそうになったことがあります。
それ以来、ピアノのそばに人がいないように気をつけています。(^^;

投稿: ようこ | 2021年3月 1日 (月) 00:56

約20年に渡っての活動お疲れ様でした😌

特養に母を預けているワタクシとすれば、
ようこさんのピアノ演奏のような利用者さんが
楽しめる日々のレクは、身体機能の向上や
脳の活性化に繋がる事なので、利用者家族
の方にとっても、ありがたい企画だと思います。

ようこさんの協力したいという気持ちは
職員の方々に伝わっている事でしょう😉

ピアノを弾き利用者さん達の反応を見て、
そこから学ぶものや、やりがいも感じた
事と思います。

この貴重な経験から、また様々な活動へ
繋がっていけるといいですね😃

投稿: くらげちゃん | 2021年3月 3日 (水) 22:55

>くらげちゃん
ご家族の立場からもコメントをありがとうございます。

脳の活性化はまさにその通り!でした。
映画館に通ったこと、タンゴを踊ったこと、
私の想像以上におしゃれな日々を過ごしていたようです。

そういえば、職員の中には涙ぐむ方もいました。
こちらの気持ちが伝わっていたのだったらよかったです。

何かとリモート化する時代ではありますが
対面ならではのよさを他の分野に活かしていきたいと思います。

投稿: ようこ | 2021年3月 4日 (木) 18:09

この記事へのコメントは終了しました。

« コロナ禍の働き方 | トップページ | オンラインの活用 »