« 2020年、ボランティア納め | トップページ | 2020年、ブログ納め »

2020年12月28日 (月)

『バッハ・コレギウム・ジャパン <<第九>>』(2020.12.27昼 東京オペラシティ)

ベートーヴェン生誕250年にあたる2020年、

年末ぎりぎりに、演奏会へ行くことができました。

 

バッハ・コレギウム・ジャパン <<第九>>

Konzert  

 

会場は東京オペラシティのコンサートホールです。

コロナの影響で入場方法が変わってしまいましたが

生演奏を聴ける機会はありがたいことです。

 

一曲目は、”J.S.バッハ パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582”。

鈴木優人さんによるパイプオルガンの独奏です。

 

私の席は3階最前列下手寄りで、

オペラグラスを使うとパイプオルガンがよく見えました。

複雑な音色と数式のようなメロディに聴き入りました。

 

そして、ベートーヴェンの<<第九>>(指揮:鈴木雅明)です。

 

私は第二楽章の軽快で刻むようなメロディが好きで

ドイツの風景が目に浮かぶようでした。

ティンパニの力強い演奏に3階席から注目!@_@

 

第4楽章には、年末によく耳にするあの歌が入ります。

ソプラノ:森麻季

アルト:林美智子

テノール:櫻田亮

バス:加耒徹

 

歌の第一声は、バスの見せ所です。

いつも応援している加耒さんの伸びやかな声が3階まで響いてきました。

今年は大変なこともたくさんあったでしょうけれど

この歌声を聴いてとても安心しました。

 

ソプラノ、アルト、テノール、バス、

そして32名の力強い合唱で、”An die Freude”を歌い上げます。

 

音楽の力とは不思議なものですね。

時間が経つにつれ、体の中がポカポカしてきて

活力が湧いてくるのです。

 

曲が鳴りやむと、手のひらが痛くなるほど拍手をしました。

コロナ禍を経験し、ホールでのコンサートの素晴らしさは、

演奏者に直接拍手を送れることだと気づきました。

 

私にとって今年唯一度の演奏会でした。

また良い演奏を聴ける日を楽しみにしています。

|

« 2020年、ボランティア納め | トップページ | 2020年、ブログ納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年、ボランティア納め | トップページ | 2020年、ブログ納め »