« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月30日 (木)

誕生65周年記念 ミッフィー展

松屋銀座で開かれているミッフィー展に行きました。

新型コロナウイルス感染予防のため、日時指定制での入場です。

(以下、展示内容のネタバレあり。ご注意ください)

  

 

地下道の広告。飛行士姿もかわいいです。

Img_20200729_133643_r1   

 

 

 

 

  

入場口のパネルは撮影OK!

Img_20200729_140312  

 

作者のディック・ブルーナさんが住んでいたユトレヒト(オランダ)の映像や

絵本の原画、創作メモ、不採用になった絵、

日本人の関係者(出版社や翻訳者)のコメントなど、

展示物に近づいてじっくり読みたくなるような内容でした。

 

2018年に逝去されたさくらももこさんが描いた絵も展示されていました。

ちびまるこちゃんに似ているミッフィーが微笑ましかったです。

 

展示を見てしみじみとした後は、充実のグッズコーナーへ。

(ミッフィー展入場者のみ)

 

買い物に便利なビニールバッグを借りられるので

ついつい、予定以上に買ってしまいました。(^^ゞ

 

山本海苔店海苔ちっぷす

Img_20200729_184216  

お酒のおつまみに適した海苔ちっぷす。缶の絵柄も本当にかわいい~。

 

買うかどうかさんざん悩んでうろうろした結果、

横浜元町の近沢レース店とのコラボポーチも購入しました。

通気性がよいので、洗面道具を入れようと思っています。

Img_20200729_184338  

 

65周年のTシャツ

Img_20200729_184641_r1  

今でも60周年のTシャツをよく着ているので、

このTシャツもきっと出番は多くなるでしょう。

 

エコバッグ

Img_20200729_184514_r1 

開くと元に戻らない可能性が大きいので

また買い物で使った時にデザインをご紹介します。

 

私もかれこれファン歴45年ほどになります。

誕生70周年も楽しみにしていますよ~。

| | コメント (2)

2020年7月28日 (火)

サン・トワ・マミー

昨日は月に一度の高齢者デイケアセンターでのピアノ演奏でした。

道中は蒸し暑くてバテそうになりましたが、

到着すればエアコンがかかっていて快適です。

 

高齢の利用者さんたちはこの日も元気でした。

ピアノに合わせて口ずさんだり、

懐かしい曲に涙を流したり、

大きな拍手をしたり、

長生きする方たちのまっすぐな感性は、見習いたいところです。

 

今月の新曲の一つに『サン・トワ・マミー』を選曲しました。

ベルギーの歌手 アダモの曲を越路吹雪さんがカバー。

1964年、東京オリンピックの頃の話です。

 

演奏後、「この曲をご存知の方~?」と尋ねると

半分ぐらいの方が挙手しました。

 

新曲は人前で何度も演奏して手になじませます。

『サン・トワ・マミー』もまた、時々弾くことで

おしゃれな空気を伝えられたらいいなと思います。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

タチヒビーチ

梅雨の明けぬまま迎えた7月の祝日。

4連休の方も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

私たち夫婦は、タチヒバーベキューを楽しんできました。

 

ビーチへの案内板。

日本語でも書いてあるのでとても親切です。

Img_20200723_162842-1  

 

場内にはバーベキュー用のサイトが多数用意されています。

Img_20200723_164325  

 

木炭などはすべて準備されていて、火を起こして材料を焼くだけでOK。

食材は、近くのショッピングセンターで調達しました。

Img_20200723_165218_r1  

 

雨が降っても青い海が見えます。

隣のサイトとも離れており、換気も十分なので安心です。

Img_20200723_170804  

 

青い海の正体は、絵でした!

晴れた日には、フェンスの向こうの砂浜で遊ぶのも楽しそうです。

本来は砂浜でイベントなども出来たのでしょうが・・・。

Img_20200723_180456  

 

この日は学生グループや小さなお子さん連れの家族が多かったです。

屋根のおかげで雨はあまり気にならず、そよそよと吹く風とともに

熱々の肉や野菜をおいしくいただきました。

 

施設の最寄りは、多摩モノレールの立飛駅

Img_20200723_154754  

私たちは、自宅から立川駅近くのホテルまで車で移動し、

多摩モノレールの立川北駅から2駅だけ公共交通機関を利用しました。

飲み放題のビールもたっぷり飲んで、ホテルに一泊。

翌日車で帰宅しました。

 

感染予防に気をつけた都内の旅は、よい気分転換になりました。

今度はカラッと晴れた日に来てみたいですね~。(^_^)

| | コメント (5)

2020年7月22日 (水)

思い出フォトアルバム

4月から始めたハケンの仕事が終了しました。

 

先行きどうなるか分からないコロナ影響下での就業は

大変な思いをすることもありましたが、

4ヶ月の勤務を終えてほっとしています。

 

今回は、思い出フォトアルバムとして写真をご紹介します。

 

朝9時頃の東京メトロ副都心線(下り)。

はっと気づくと、車両には私一人でした!(2020年4月28日撮影)

Photo_20200722181605  

 

勤務地は豊島区で、都電の停留場が近かったので

初めて都電荒川線(東京さくらトラム)を体験しました。

2020年7月現在、均一料金170円です。

Photo_20200722181604  

この写真は終点の早稲田で撮りました。

一両編成の都電、車窓も変化があって面白かったです。

  

池袋駅の宝くじ売り場で見かけたふくろうさん

マスクをしていてえらいですね。

ふくろうはタワシ製でした。

Photo_20200722181603  

  

ある日のランチ。

職場近くの豊島区役所内にあるカフェを利用しました。

Photo_20200722181602  

オシャレな魚のランチは5食限定です。

「野菜ってこんなにおいしいんだ!」と小鉢を楽しみに通いました。

 

豊島区役所の外観はとてもユニークです。

斜めになっている部分は区役所、上層階はタワーマンションなのです。

大きな建造物なので、どこからどう撮ればよいのか?

建物の周りをぐるぐる周ってしまいました。

Photo_20200722184001  

 

勤務最終日に記念品(アールスメロン)をいただきました。

子供の頃に描いたようなツル付きのメロンは

自宅に持ち帰ったら二回りほど大きく見えてびっくりです。

Photo_20200722181601  

最後はみなさんと笑顔でご挨拶。(^_^)

短い期間でしたが、本当にお世話になりました。

 

こうして写真で振り返ると、コロナで暗い気分になるところ、

非日常の世界を楽しんでいたのだと気づきます。

 

ご存知の通り、旅行業はまだまだ厳しいものがありますが

少し休憩して、また新しい仕事を探そうと思います。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

最終診察

時の過ぎるのは早いもので、卵巣腫瘍の手術から半年経ちました。

昨日、病院で主治医の最終診察を受けました。

 

お腹の中も外も「良好」とのこと。(^o^)

診察後、喜びよりもほっとして眠くなってしまいました。

 

思い起こせば、

健康診断の超音波検査で異常が見つかったのが始まりでした。

いつも元気な私が”要精密検査”の通知を受けたのは

ショックというか、信じられない気持ちでした。

自覚症状もないのに、なーーーぜーーー?

 

地元のクリニックへ経過観察に通うこと数年、

2019年8月に

「手術を勧める大きさになった」

と告げられました。

 

一日中歩き回る通訳案内士の仕事を少しずつ減らしたところ、

11月頃からうっすらとした自覚症状が出始めました。

12月と2020年1月は早朝の英語を話す仕事だけにしました。

 

1月に手術、その後はご存知の通り、

新型コロナウイルスの影響で地球上が大変なことになっています。

 

そんな中、入院の日程変更などもなく、

すべて計画通りに行ったのは運がよかったとしか言いようがありません。

 

結局、手術を勧められてから最終診察まで一年かかりました。

 

今回の経験から、

健康診断をしっかり受けて自分の体を知ることが大切だと知りました。

(健康な人ほど過信禁止)

 

同時に、時間に余裕を持った受診は

執刀する医師たちにも検討する時間ができるので

より安全に、より患者に適した術式を採用できるのだろうと感じました。

 

何はともあれ、無事に元気になった報告ができるのをうれしく思います。

 

そして、主治医+3名のチームで対応してくださった

若き医師たちのこれからの活躍を願い、

2020年入院エピソードを締めくくらせていただきます。

 

半年にわたり、見守っていただきありがとうございました。

| | コメント (4)

2020年7月14日 (火)

映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』

コロナの影響ですっかり足が遠のいていた映画館。

久しぶりにドイツ映画を観に行きました。

 

『バルーン 奇蹟の脱出飛行』

Balloon  

 

1979年、東ドイツでの実話を元にした映画です。

追う者、追われる者の様子がサスペンスタッチで描かれ(音楽も日本の刑事物風)、

手に汗握る125分でした。

 

それにしても、あれほど大きな熱気球を作って東ドイツ脱出を試みたとは・・・。

そのモチベーションの強さに圧倒されました。

 

ドイツ語ガイドの仕事がない今こそ、

映画を通してドイツについて学んでいけたらと思っています。

 

尚、入口ではサーモカメラ?で体温をチェックされ、

座席は前後左右に人がいないように指定されます。

観客はほぼ全員一人で来ていたようで

上映前の私語もなく、安心して映画鑑賞できました。

| | コメント (2)

2020年7月11日 (土)

エアコン工事

今の家に住み始めて20年以上。

引っ越しの際に新調した家電もだんだんと古くなってきます。

 

先月より、寝室のエアコンから温風が出るようになり、

あれこれ手を打ちましたがどうにもならず、新品を購入しました。

 

扇風機でしのぐこと2週間・・・。

今日は待望の工事日でした。

 

旧エアコン跡地

Img_20200711_091310  

 

室外機もだいぶ疲れているようです。

Photo_20200711111701

 

20年の時を経て、室外機もコンパクトになりました。

Photo_20200711111601

 

我が家の室外機は、下の階のひさしの上に設置してあります。

つまり、室外機の交換は

窓から外に出て、この細いエリアで作業することになります。

 

今回は、小柄な若い業者さんが担当しました。

最初は「すごいなー」と興味津々で見学していましたが

スリルありすぎて、途中で見るのをやめてしまいました。

 

待つこと一時間半、無事に工事が終わってよかったです。

 

新エアコン

Img_20200711_103548  

旧エアコンと同じ霧ヶ峰にしました。

 

今夜からは快適に眠れそうです。Zzz・・・。

| | コメント (10)

2020年7月 5日 (日)

左利きにも快適な社会

7月になりました。

2005年7月に始めたこのブログ、おかげさまで丸15年経ちました。

いつもご訪問ありがとうございます。

こういう時代ではありますが、なるべく明るい話題を書こうと思いますので

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今日はピアノ教室の帰りにラーメンを食べ、

東京都知事選の投票に行きました。

 

新型コロナウイルスをきっかけに

人との距離ををとる必要が出てきたため、

ラーメン店と投票所にも変化がありました。

 

まずはラーメン店のカウンターについて。

 

もちっとした麺とかつおぶしの出汁が効いた

おいしい中華そばなのですが、

カウンターのみで、席がぎっしりと並んでいるのです。

 

左利きの私にとって、左隣に右利きの人がいるととても食べづらく、

少数派ゆえ、左ひじを内側にしまうような形で

座らなければなりませんでした。

 

今日久しぶりに行ってみると、カウンターの席数が減り、

各席に仕切り板がついていました。

 

いやはや、ありがたい。

左ひじを自然のポジションにして、中華そばをおいしくいただきました。

 

そして選挙の投票所。

 

今までは、仕切りのついた投票ブース?の鉛筆を使って記入していました。

この数本の鉛筆が、右側にきれいに寄せられていて

左利きの私には扱いづらいものでした。

左側に人が来ないよう、なるべく左端のブースを選んだりも・・・。

 

それがどうでしょう、今回は人が密にならないように

使用中止にしているブースがありました。

 

鉛筆は投票用紙と一緒に渡され、

記入後は投票箱の横の入れ物に返却します。

 

快適快適。

 

左利きの人のための施策ではないにしても、

コロナ対策によって偶然の効果が発生したら

それはそれでよいのではないかと思いました。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »