« 生活の変化 | トップページ | 先生方からのお便り »

2020年5月23日 (土)

高原列車は行く

今週は2日間働きに出て、

今日は月に一度のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

 

電子ピアノはいつもより後ろに置いてあり、窓は全開。

利用者さんたちの間隔も広くとられていました。

先月よりも、コロナ対応が定着している感じがします。

 

今回は、古関裕而作曲の『高原列車は行く』を選曲しました。

明るくさわやかな元気の出るメロディです。

古関氏が主人公のNHKの朝ドラが話題になっていますね。(^^)

 

利用者さんの世代にぴったりだったのか、

♪ハンケチ振れば

という歌詞では、一斉にを高くあげて左右に振って

音楽を体でも楽しんでいました。

 

しかし、この曲はピアノの指使いがとても難しくて

初見の際に本能的には決められず、

何度か試し弾きしてようやく整いました。

 

このような状況の中、今月も無事にピアノの役目を果たせてほっとしています。

来月は雨の音楽を届けに行くことになりそうです。

|

« 生活の変化 | トップページ | 先生方からのお便り »

コメント

通所介護施設もコロナの影響で利用者さんが
減って経営難だという報道がありますが、
通われている施設で毎月ピアノ演奏を
続けられているようで何よりな事です。

記事にある曲を知らなかったのでYouTubeで
聴いてみました。歌手の方を見て雰囲気から
父を連想しました。世代が近そうだなと…。

調べたら父と同い年の方でした(^-^)

利用者さん達の世代に合い、朝ドラで旬な
作曲家の方の曲、そして爽やかなこの時期にも
相応しく、選曲もお上手ですね🎵

指使いが難しかったそうですが、
利用者さん達の反応も上々でようこさんも
笑顔になったひと時だった事と思います😊

投稿: くらげちゃん | 2020年5月24日 (日) 02:44

>くらげちゃん
このような状況の中、今月も無事にオープンしていてよかったです。

この歌は、いつも使っている唱歌の楽譜集に載っています。
利用者さんが手を振ったらコンサート会場みたいになったので
弾きながら目を丸くしてしまいました。

私も本番前にYoutubeで聴きました。
なんと、お父様は歌手の方と同い年だったんですね。
それはうれしい発見です。
スーッとした上品な感じや髪型の雰囲気など、たしかに!

評判がよかったので、またいつか演奏しようと思います。

投稿: ようこ | 2020年5月25日 (月) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活の変化 | トップページ | 先生方からのお便り »