« 美容院へ。 | トップページ | 2020年のぬか床 »

2020年5月 1日 (金)

退院から三ヶ月

退院から〇ヶ月シリーズです。

1月下旬の卵巣腫瘍の手術から三ヶ月以上経ちました。

私は入院前とは打って変わって元気な毎日を過ごしています。

 

最近は"医療従事者"という言葉を耳にします。

このたび、初めての入院

医療従事者の皆さんに大変お世話になりました。

 

まず思ったのは、良性見込みの患者一人にさえ、

これほど多くの方が関わっているのか、ということでした。

 

婦人科の医師チーム(数名の医師が執刀、研修医も加わる)、

麻酔科医、手術室の看護師(臙脂色の手術着)、

昼と夜でシフトを組む病棟の看護師(白衣)、

薬剤師、3度の食事を提供する管理栄養士、

ベッドの周りを清掃する方・・・。

思い出しただけでもかなりの人数です。

 

食事が楽しみで楽しみで、毎回ペロリと食べていました。

ニンジン、海藻、乳製品が多かったので

退院後は家でも取り入れるようにしました。

 

看護師さんは昼も夜も全員女性。

のシフトが徹夜だったのにはびっくりでした。

みんながんばっているんだなー、

私も「ガイドは朝早くて大変」なんて

グチらないようにしようと思ったものです。

 

全身麻酔をかける麻酔科医は

患者に不安を感じさせないような若い気さくな医師でした。

 

全員のチームワークのおかげで私は順調な経過をたどり、

高齢者のデイケアセンターでピアノを弾いたり、

新しい仕事を見つけて働きに出たりしています。

 

今、病院の中は未知の病で大変なことになっているでしょう。

医療従事者の無事と

病院がいつもの状態に戻ることを心より願っています。

|

« 美容院へ。 | トップページ | 2020年のぬか床 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美容院へ。 | トップページ | 2020年のぬか床 »