« 関西研修 四日目(平安神宮、二条城、金閣寺、龍安寺) | トップページ | 関西研修 五日目その2(嵯峨野・嵐山方面) »

2020年4月 5日 (日)

関西研修 五日目その1(伏見稲荷大社)

※2020年3月12日~16日の旅の記録です。

 

関西研修は前日(四日目)で終了、五日目は自主研修です。

研修講師などに意見を伺い、

伏見稲荷大社嵯峨野・嵐山方面を下見することにしました。

夕方までに京都を出発して東京に戻ればOKです。

時間制限はありますが、京都を楽しみましょう。

 

さて、所望の地にどうやって行けばよいのか?

前日夜に京都駅の京都総合観光案内所 京なびを利用。

地図をいただき、JR利用を勧められました。

 

Photo_20200407121301   

 

千本鳥居で有名な伏見稲荷大社は、JR奈良線 稲荷駅の目の前です。

京都駅から5分ほどでした。

 

Img_20200316_111156  

伏見稲荷大社は山の上まで続いていて、

登れば登るほど神秘的になってきます。(想像ですが)

 

最初に出合うのは楼門。

Img_20200316_100019  

 

ほどなく千本鳥居開始です。

一方通行で2車線(という言い方も変ですが)あります。

Img_20200316_101026_r1   

Img_20200316_101217  

一方通行のエリアを通り抜けて振り返ると、

戻る人のために右側通行の指示が出ていました。

Img_20200316_110016  

 

根上がりの松

"値上がり"と同じ発音なので、ゲン担ぎになるようです。

私は根の間をくぐる時に頭をぶつけました。(^^ゞ

Img_20200316_101611_r1  

 

もう少し先に進みました。傾斜が出てきます。

Img_20200316_103252_r1  

晴天の日にはいい眺めだと思います。

Img_20200316_103512  

急に人が少なくなり、

途中で”頂上まで40分”という貼り紙を見て引き返しました。

 

新型コロナウイルスの影響で、手水が使えなくなっています。

朱色に配慮したのか、白いコーンが印象的でした。

Img_20200316_111311  

 

伏見稲荷大社は初めてでした。

頂上に興味がありますが、また気候のよいときに来たいと思います。

 

(次は、嵯峨野・嵐山方面)

|

« 関西研修 四日目(平安神宮、二条城、金閣寺、龍安寺) | トップページ | 関西研修 五日目その2(嵯峨野・嵐山方面) »

コメント

楼門は程々に人が居ますね。
この頃はまだまだ観光地を見学できる
状況だったでしょうから、研修旅行も
無事できて良かったですね😌

ワタクシも3年半前に京都へ行き、
伏見稲荷に行きましたが、この地図も
見ましたよ~。
頂上まで登って下りるにはかなりの時間と
体力が要りそうで、片道10分程度の所迄
行ってすぐ戻ってきました(^_^;)

千本鳥居のトンネルは朱色が鮮やかで、
写真映えしますよね~😆
ワタクシも自分達や連れてきたぱんだ達の
写真を何枚も撮りました📸

外国人の方も伏見稲荷は千本鳥居がやはり
見応えあるようで、京都の中でも人気の
観光地のようですね✨

投稿: くらげちゃん | 2020年4月 6日 (月) 17:48

>くらげちゃん
初めての伏見稲荷大社でしたが、
千本鳥居は想像以上にぎっしりしっかりしていて
とても見応えありました。

くらげちゃんが行った話は覚えています!
どこまで行くかは持ち時間や体力などで判断が要りますね。
10分程度のところまででも、いい写真が撮れたことでしょう。

それにしても、この研修もタイミングが少し遅かったら・・・。
ギリギリ参加できて本当に運がよかったです。

投稿: ようこ | 2020年4月 7日 (火) 13:38

はじめまして。このブログ、ドイツ語の通訳案内士で検索していて、見つけました。
伏見稲荷大社、2月11日の祝日に今年の通訳案内士合格のお礼参りにいったときには、まだ観光客も多かったのですが、それでもお店の人の話では少なくなったとのことでした。今はきっとガラガラなことでしょう。
その前年度のドイツ語の通訳案内士の口述で、宇治平等院鳳凰堂が工事中で見られない、どうしますかという状況を、そうだ、近くに伏見稲荷大社があると思いついて、伏見稲荷のことを話して合格して以来、何度か伏見稲荷大社に通っているので、思い入れのあるスポットなのです。実はそれまで行ったことはありませんでした。
あらためて千本鳥居の寄進者名を見ながら歩いていたら、うちの近く(神奈川県)の会社名もあったりして、全国的な信仰を集めているんだなあと思いました。
観光業界、大変なことになっています。専業の人は死活問題です。幸い私は、定年になったらと思っているので直接の影響はありませんが、今は蓄えを作っておく時期と考えましょう。メルケル首相が言うように、「その後」は必ず訪れます。

投稿: der Reisende | 2020年4月10日 (金) 16:16

>der Reisendeさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ドイツ語の資格をお持ちなんですね!

伏見稲荷大社に口述試験の思い出があったとは!
私も今回初めて参拝し、その規模の大きさなどに感銘を受けました。

試験に合格してもすぐに仕事に就けるわけでもなく、
研修や下見の交通費、宿泊費など準備のためのお金が必要でした。
また旅行業界が元気になった時のために私も準備しておきます。

投稿: ようこ | 2020年4月11日 (土) 00:37

伏見稲荷さんで頂上を目指すなら余裕を見て3時間はあった方がいいですよー。
途中で諦めた人はここにもいますので(^-^)

投稿: lilac | 2020年4月15日 (水) 19:18

>lilacさん
なんと、3時間!!
この日に頂上を目指したら、
嵐山方面には行けなかったということですね。(^^;
そういえば、「根上がりの松」と聞いて
兼六園を思い出しましたよー。v(^^)v

投稿: ようこ | 2020年4月18日 (土) 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西研修 四日目(平安神宮、二条城、金閣寺、龍安寺) | トップページ | 関西研修 五日目その2(嵯峨野・嵐山方面) »