« 第63回 遊史郎の落&P | トップページ | 生きるパワー »

2020年2月27日 (木)

退院から一ヶ月

卵巣腫瘍による初めての入院、手術を経験し、

退院してからひと月が経ちました。

 

先日、入院していた病院で診察を受け、

順調に回復していることと、

左右の卵巣腫瘍がともに良性であったことが分かりました。

MRI画像から「良性と思われる」という見立てはありましたが、

やはり病理検査の結果を聞くまでは心配でした。

 

それにしても、世の中は予想を超える出来事が起こるものですね。

入院中に報道されるようになったコロナウイルスの影響は

日に日に大きくなっています。

 

思い起こせば、昨年の上海と蘇州への旅行。

ドイツ人が多く訪れる上海は一度行きたいと思っていました。

その一度をいつにするかが問題でしたが、

腫瘍をきっかけに、フライト時間が短い上海泊にしたのでした。

 

しばらくは観光目的で渡航するのは難しいでしょう。

病気があったからこそ、行かれた場所かもしれません。

 

入院にあたり、働けない期間、■無給休暇■ができてしまいます。

しかし、腹を切るために腹を括り、仕事を整理しました。

 

ドイツ語通訳案内士として働けるかどうかは、私の体調よりも、

お客様が来日することが前提なので、今後どうなるでしょうか。

「しっかり休みなさい」ということかもしれないので

研修に参加しつつ、少しずつを取り戻すつもりです。

(英語を話す短時間の仕事には無事復帰しました)

 

いろいろ書きましたが、お腹を切ると

”度胸がつく”というか、”度腹がつく”感じがします。

こういう状況だからこそ、太っ腹でいきますよー。(^v^)

|

« 第63回 遊史郎の落&P | トップページ | 生きるパワー »

コメント

術後検診でも経過良好との事で何よりです😊

ワタクシも思ってましたが、現況ではとても
上海渡航する気持ちにはなれませんから、
昨年のうちに出掛けておいて良かったですね。

手術を踏まえて行き先に上海を選び、無事に
出掛けられた事は良い巡り合わせだったかと😉

ワタクシの先月の旅行時はここまで大ごとに
なる前だったので普通に行き、帰国後すぐに
この夏の旅行の申し込みまでしたのですが、
大丈夫かしら?と気になっています・・・('_')

ようこさんがドイツ語圏のお客さんの案内も
その方々が来日するのが前提ですし、日本経済も
懸念されるし早く収束して欲しいですね。

投稿: くらげちゃん | 2020年3月 1日 (日) 00:53

>くらげちゃん
計画通りに負荷を上げて元に戻りつつあります。
上海でお世話になったガイドさんはどうしていることでしょうか。

そうですね・・・。
いつまでにどうなるか、というのが分からないので
私もこれから先の予定が気がかりです。
くらげちゃんの夏の旅行の頃には落ち着いていることを願っています。

投稿: ようこ | 2020年3月 2日 (月) 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第63回 遊史郎の落&P | トップページ | 生きるパワー »