« 高野山研修 その6(金剛峯寺) | トップページ | 高野山研修 ★目次★ »

2019年12月 2日 (月)

高野山研修 その7(壇上伽藍、特急こうや)

高野山研修、最後は壇上伽藍(だんじょうがらん)を見学します。

ここは道場として拓かれた場所とのことです。

 

さまざまな役割をもった塔やお堂が建っています。

塔の高さと太さ、お堂の風格に圧倒されました。

 

ひときわ目を引く、根本大塔(こんぽんだいとう)

Img_20191003_150746_r1 

塔の中に入ると、真言密教の世界を見ることができます。

 

不動堂、国宝です。

Img_20191003_150451  

 

御社(みやしろ)

Img_20191003_153808  

お寺の中に神社が!と驚きましたが、

空海が高野山を開くにあたり、鎮守として建立したのだそうです。

重要文化財。

 

西塔(さいとう) 

Img_20191003_153324_r1  

 

六角経蔵(ろっかくきょうぞう)

Img_20191003_154249_r1  

 

はてさて、外国人にどんな説明をすればよいのか・・・。

テキストの日本語をそのまま訳すのでは分からないでしょうから、

私が今までに旅をしたアジアの寺院などを思い起こして

簡潔に、思い出に残るようにお伝えしないといけないなぁと感じました。

 

研修は、バス停4番で解散となりました。

私はバスで高野山駅に向かい、

ケーブルカーで極楽橋駅まで降りて特急こうやに乗りました。

特急だと一時間半足らずで大阪の難波に到着します。

Img_20191003_162955  

高野山のはどんな雰囲気だろう?

朝は早いのだろうか?

そんなことを考えると、日帰りするのはもったいないと感じました。

 

しかし、高野山を訪問したことで

これから出会うお客様(特にスイス人)と話ができるのは楽しみでもあります。

 

一日の研修報告は7回分にもなりました。

拙い説明と図でしたが、少しでも高野山の雰囲気が伝われば幸いです。

ありがとうございました。

|

« 高野山研修 その6(金剛峯寺) | トップページ | 高野山研修 ★目次★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高野山研修 その6(金剛峯寺) | トップページ | 高野山研修 ★目次★ »