« 東京スカイツリーと高野槇 | トップページ | 盛りだくさんな横浜研修 »

2019年12月18日 (水)

2019年、ドイツ語納め

週に一度のドイツ語クラス、年内は今日でおしまいです。

通訳案内士試験に合格する前からお世話になっている先生のもと、

時事ネタの聞き取りや独作文の発表、休憩時間のドイツ語での雑談、読解など、

バラエティに富んだ内容で、とても勉強になりました。

 

手帳を見ると、春の繁忙期以外は休まずに通ったようです。

「ようです」という書き方もどうかと思いますが、

今年の出来事はすでに遠い過去のような気がするのです。

 

それにしても・・・。

語学というものは、ピアノと同じく学んでも学んでも

信頼できる先生による(←これは重要)修正が必要ですね。

 

独作文の添削結果をまとめたノート

Heft  

 

修正といえば、先生から面白いコメントをいただきました。

通訳案内士の研修(Ausbildungskurs)について発表したところ、

「もう何年も研修を受けているし、仕事もしているのだから

 これからはFortbildungskursという表現を使った方がいいよ」

 

職業訓練的Ausbildungから、フォローアップ的Fortbildungに昇格!?

マイスターの国、ドイツ人ならではの温かい言葉です。

 

来年も同じクラスに通い、実力をつけたいと思います。

|

« 東京スカイツリーと高野槇 | トップページ | 盛りだくさんな横浜研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京スカイツリーと高野槇 | トップページ | 盛りだくさんな横浜研修 »