« 上海旅行 ★目次★ | トップページ | 日本茶アフタヌーンティー »

2019年11月 5日 (火)

今年は『ボヘミアン・ラプソディ』

年に一度のピアノの発表会に出演しました。

曲目は、映画の大ヒットをきっかけに聴いた

Queenの『ボヘミアン・ラプソディ』です。

 

会場のビル in 銀座

Yamaha  

最後の最後に出てくる優しい旋律を弾きたい!

という希望もあり、難曲に挑戦しました。

 

組曲形式の名曲で、摩訶不思議な響き、

クラシックのような重厚な和音も特徴的です。

・・・かと思えば、繊細なメロディが登場したり、

力強い音と美しい音を使い分けなければなりません。

(ということに、練習の過程で気づいた:汗)

 

練習時間を増やすだけでも上手くならないだろうと思い、

危ないところを部分的に抜き出して弾く日、

テンポを十分落として音を確認する日、

本番と同じテンポで弾く日、

思い切って練習を休む日など、

いつも以上に綿密に計画しました。

 

最大の難所は、最後の方に出てくる音階4連発です。

本番はちょっとゆっくり弾こうかなぁ(=ズルという)と思っていましたが

ドラムとベースがカッコよく本来のテンポで演奏するので

こちらもがんばりました。

途中でエンストせず、4連続音階は成功。

 

ここで気を抜くと、一番弾きたかった

優しいバラード部分が台無しになります。

細心の注意を払い、最後の音を丁寧に弾いて終わりました。

 

ああああ、難しかった。>_<

 

しかし、多くの方が聴いてくださってよい経験になりました。

そして、来年も仕事をやりくりして出たいなぁ・・・と

早くも思い始めています。

 

ご来場の皆様、ありがとうございました。

Blumen  

|

« 上海旅行 ★目次★ | トップページ | 日本茶アフタヌーンティー »

コメント

力強いフレーズや優しいハモリ部分に
繊細なメロディもあって、練習を積んで
ただ弾きこなすだけではなく、聴衆に向けての
表現力も求められる曲でしたね。

曲の特徴を分析して色々な角度から
考察しながら仕上げていく進め方は
ドイツ語検定合格へ向けての課題を
見つけ勉学に励み、目標達成された時の
お話と通じるものがあるようで、
ようこさんらしさを感じました😊

いつも色々な事に挑戦しているようこさん、
来年も聴衆を魅了する曲との出会いが
楽しみですね🎹

素敵な演奏でした。お疲れ様でした(^-^)/

投稿: くらげちゃん | 2019年11月 6日 (水) 00:41

>くらげちゃん
ご来場と詳しい感想をありがとうございました。

なるほど!<「聴衆に向けての表現力」

ドイツ語もそうですが、ただ難しい文章を話しても伝わらず、
心にストンと落ちる「何か」が必要だと感じています。
聴いた方の感想をもとにフィードバックをかけ続けるようにしています。

来年もドラム、ベースと一緒に演奏するのを目標に
ピアノのための時間を作りたいと思います。

投稿: ようこ | 2019年11月 6日 (水) 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海旅行 ★目次★ | トップページ | 日本茶アフタヌーンティー »