« 第62回 遊史郎の落&P | トップページ | 運動とグルメ »

2019年8月 1日 (木)

半年経ちました。

梅雨が明け、急に暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

早いもので、2月に始めた英語を話す仕事

新しいドイツ語クラス参加から半年が経ちました。

どちらも挫折せずに続いています。

 

英語を話す仕事は、

観光旅行で来た外国人に実務的な内容を伝える仕事です。

「海外旅行で困らないレベル」の英語力の私にとって

今の仕事に丁度良さを感じています。

 

英語の流暢さよりも、相手が何を聞きたくて

こちらの英語をどれほど理解しているかを見ながら

ボディランゲージも使ってお伝えするようにしています。

 

最初の頃に比べて声も動きもデカくなり、

こういった経験はドイツ語圏のお客様の団体をご案内する時にも

きっと役に立つと思います。

 

ドイツ語教室では、以前通訳案内士の試験対策でお世話になった

ドイツ人の先生に習っています。

先生が選んだドイツのトピックについて教わったり、

音読、読解、独作文発表など、さまざまなアプローチが面白いです。

 

しかし、始めた頃には、ガイドであまり使わない単語ばかりで

どうなることかと思いました。

辞書を引きまくって通い続けてみると、

通訳案内士向けの勉強をしたことの強みにも気づきました。

 

例えば、独作文発表であるモノを説明するときに

平易な言葉で~、

飽きない程度に短くまとめ~、

笑いもとって~、

質問も受け付けて~、

といった感じですね。

 

旅行業界の仕事とドイツ語教室をコツコツと続けていれば

もっといい通訳案内士になれるような気がしています。

 

さて、半年後はどうなっているか?

来年2月に振り返りたいと思います。(続いていますように)

|

« 第62回 遊史郎の落&P | トップページ | 運動とグルメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第62回 遊史郎の落&P | トップページ | 運動とグルメ »