« 運動とグルメ | トップページ | 暗譜ができなくても。 »

2019年8月 5日 (月)

『Battle Starship Alfee』(2019.8.3 幕張メッセ国際展示場1-3)

暑い夏といえば、THE ALFEEの夏イベの季節です。

今年のコンサートは、幕張メッセで開かれました。

幕張メッセには、正社員の頃に通信系の展示会で出かけたなぁ・・・。(遠い目)

 

あの空間でどうやってコンサートをやるのだろう?と謎でしたが

2つの展示場を使った横長のステージ、

パイプ椅子を並べたフラットな座席、

中央には可動式のステージ、

かつての野外イベントを思い出すような作りになっていました。

 

いつものコンサート仲間4人での参加。

席はなんと下手側最前列でした。

最前列といっても、可動式ステージも使われたため、

ある時はメンバーを後ろから見る最後列にもなるという

ファンへの心遣いも感じられる座席でした。

 

デビュー45周年のTHEALFEEのステージはどんどん進みます。

心に残るシングル曲の他、

不発に終わったデビュー2曲目、

ニューアルバムから演奏された力強いナンバー、

みんなで楽しく踊れる曲、

改めて曲の幅広さに驚かされます。

 

以下、曲名入りでどうしても書いておきたい感想です。*^^*

 

『愛は想い出の中に』は、中学生の時に聴いた曲。

外国の物語のような繊細なメロディと美しいコーラス、

当時、なんていい歌なんだろう、と

カセットテープで何度も再生したものです。

 

『GATE OF HEAVEN』は、ヨーロッパの荘厳な雰囲気をもつ組曲です。

ステンドグラスや炎を表現する照明ともぴったりで感動しました。

 

『SWEAT & TEARS』は令和初の演奏だと言っていました。

多くのファンが大好きなメッセージソングです。

♪どんな時も ほんの少しの勇気があれば♪

このフレーズにはいつもパワーをもらっています。

 

そして圧巻は、『Musician』。

ヒット曲が出る前の1980年のアルバムに入っています。

ミュージシャンにあこがれる気持ちを静かに歌うのですが、

年を経て歌詞が少し加わることがあります。

今回はいつも以上に心動かされるものでした。

「素晴らしき人生」に「幕を下ろす日まで」歌う・・・。

 

THE ALFEEとの出会いのおかげで

人生がより素晴らしいものになっているのに

向こうもそう思っていたとは!

 

さらに、永遠にステージに立ち続けると言わないところが

ファンへの誠実さを感じました。

 

いいコンサートだったなぁ・・・。

 

THE ALFEEへの感謝の気持ちをどうやって伝えるべきか?

歌やコンサートでもらったパワーを世のため人のために使うことも

その一つではないかと今は思っています。

|

« 運動とグルメ | トップページ | 暗譜ができなくても。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動とグルメ | トップページ | 暗譜ができなくても。 »