« miffy and Yamanote Line | トップページ | 半年経ちました。 »

2019年7月29日 (月)

第62回 遊史郎の落&P

7月27日(土)、高円寺Grainにて”第62回 遊史郎の落&P”を開催しました。

私は3回目から参加したので、記念すべき60回目となります。

 

私のピアノは夏の音楽を中心にお届けしました。

「夏の思い出」で日本の夏を、「魅惑の宵」でフレンチポリネシアの風を・・・。

 

落語一席目『ちりとてちん』の前のコラボ曲は、

朝ドラのテーマ曲「ちりとてちん」です。

心優しくなるメロディに続いて、

ピアノの出囃子と手拍子で遊史郎師匠をお迎えしました。

 

腐ってカラフルになった豆腐を食べる仕草が見どころの噺、

お客様の笑いが途切れることはありません。

 

後半は、チェコの音楽(ドヴォルザークの家路、スメタナのモルダウ)を演奏。

落語二席目『宿屋の仇討』のコラボ曲では、お客さまにも参加していただきました。

私がミュージカルの「宿屋の主人」を弾いている間、

お客様たちはひたすらしゃべり続け、ザワザワします。

 

いやーーー盛り上がる、盛り上がる。

曲が終わっても気づかれなかったらどうしよう(汗)と、心配になりました。

予定より大きめの音で終了。

 

落語は宿屋が舞台です。

夜になっても踊ったり、相撲をとったり、騒々しいことこの上ない。

しかし、この騒ぎはとある宿泊客の一言でガラッと変わります。

結末に向けてどうなるのか?客席もどんどん引き込まれました。

 

終演後は遊史郎師匠も一緒に打ち上げ。

落語について質問したりして、和やかなひとときとなりました。

 

三遊亭遊史郎師匠

67273409_2140129746116881_36541544602900  

遊史郎師匠は名人と名のつく落語会などにも出演するようになり、

ますます芸がパワーアップしています。

みんなで師匠を応援していけるのもまたいいものです。

 

いよいよ65回が見えてきました。

さらに精進して会を続けていきたいと思います。

多大なるご協力をいただいたご来場の皆様に、心よりお礼申し上げます。

|

« miffy and Yamanote Line | トップページ | 半年経ちました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« miffy and Yamanote Line | トップページ | 半年経ちました。 »