« 稚内旅行 2日目その3(仙法志御崎公園) | トップページ | 稚内旅行 2日目その5(利尻ラーメン、郵便局) »

2019年7月 3日 (水)

稚内旅行 2日目その4(利尻町立博物館、面白い岩)

バスツアー最後の訪問地は、利尻町立博物館です。

Dscn3122  

 

にしん漁で栄えた頃の様子などが館内にぎっしりと展示されていました。

 

漁で使われた道具

Dscn3115  

 

にしん漁のために本州の日本海側などから多くの漁師が島に来たそうです。

Dscn3116  

 

実は、利尻島を周る間、

言葉のイントネーションが東北に似ている気がしていました。

島の方たちも、観光客に対してオープンな印象です。

この博物館で、かつて島外から人々がやってきたという歴史を知り、納得。

今も島内には、「〇〇県出身の人が多い地域」がいくつかあるそうです。

 

フェリーターミナルに戻る途中、面白い岩を車窓から見ました。

 

寝熊の岩

Dscn3131  

黒い熊が海に寝そべっています。(という解釈で合っている?)

 

人面岩

Dscn3132  

笑顔で横を向いている彫りの深い顔立ち。

鉢巻きをして、人面っぽくしているのが可笑しかったです。

 

バスガイドさんのユーモアたっぷりの話は尽きず、

時間がどんどん経っていきます。

おすすめの食事(うに丼、ラーメン)などについても

それはそれはおいしそうに説明するのです。

ずいぶんご自分でも研究されたんだろうなーと思いました。

 

定刻に鴛泊フェリーターミナルに到着。

充実のバスツアーでした。

 

礼文島に移動する方たちは急いでフェリーに乗船しますが、

私は稚内に戻るため、フェリーまで少し時間があります。

うに丼を食べるか否か、ターミナル周辺をさまようことになります。

 

(次は、利尻ラーメン、郵便局)

|

« 稚内旅行 2日目その3(仙法志御崎公園) | トップページ | 稚内旅行 2日目その5(利尻ラーメン、郵便局) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稚内旅行 2日目その3(仙法志御崎公園) | トップページ | 稚内旅行 2日目その5(利尻ラーメン、郵便局) »