« 6回目の運動 | トップページ | 急遽、耳鼻科へ。 »

2019年4月11日 (木)

失敗談

今日もスギとヒノキ花粉が飛ぶ中、都内をご案内しました。

細かい失敗 (お客様ではなく自分が昼食場所にコートを忘れるなど)は

いろいろありますが、今日はこんなことがありました。

 

ごった返す明治神宮にて少人数のお客様をご案内中、

一人、一瞬姿が見えなくなりました。

見渡すと、お守り売場にそれらしき人がいるではありませんか~。

 

ゆっくりとお土産を選んでいたので、やや急かし気味に

ドイツ語で

「何か買いたいですか?お手伝いしましょうか?」

と聞いても無反応

もう一度問いかけると、こちらを向いて

「私はドイツ語を理解することができません」

と、ドイツ語で言われました。

 

やってしまった人違い・・・。T_T

 

でも、でも。

上着の色は同じだし、メガネもかけていたし、体が大きかったから

区別がつかなかったのですよ。

 

「あ、そうですか。ありがとうございます」

と、謎の返答をしてお守り売場から逃げるように去りました。

 

しかも、いつの間にかお客様は揃っていて言い訳を考えるヒマもなく、

何も言わずに次の場所へとご案内したのでした。

 

「お客様の顔を覚える」、今後の課題です・・・。

|

« 6回目の運動 | トップページ | 急遽、耳鼻科へ。 »

コメント

そのドイツ語が分からないとしながらも
ドイツ語で返答した人違いの方は一体
何人だったのかしらね…(^^;

母と旅行していた頃、バス出発時に添乗員さんが
人数確認の数え間違いから一人を置いてきぼりで
出発してしまったことがあります。

置いてきぼりにされた方のそばに座っていた
あるお客さんから〇〇さんが居ないけど、
忘れてきたんじゃない?との申し出に、
添乗員さんは真っ青になり、慌ててタクシーで
元の見学場所に戻り、

我々はそのままバスで次の場所へ🚌
置いてきぼりにされた方は冷静な判断で
元の場所に留まり続けたので、間もなく
添乗員さんに会えて我々と合流できました。

お客さんは万一はぐれてもその場を動かない事、
案内人はお客の人数を常に把握して引率する事、
が大切なんだなぁと思いました。

案内人のみならず案内される側もグループで
行動するからには周りに迷惑がかからぬよう、
案内人の指示に従う事や集合時間を守る事が
大切だと旅行中にそう思いました。

明治神宮の混雑によりたまたま一瞬見えなくなった
という事で離れていたわけではなかったようですね。

何事も経験ですから、一つ一つの出来事の
積み重ねにより、更に成長できると思います。
これからも頑張って下さい😊

投稿: くらげちゃん | 2019年4月14日 (日) 00:46

 人員確認は旅程管理者(添乗員)の基本中の基本なので、さぞや慌てたでしょうなぁ。といいつつ、時々あるらしいです。大半は笑い話で終わるけれど、万一事故が起きたら旅行会社は傾くかもしれんですね。
 私は、とあるマニヤツアーで「1人足りない」と貸切バスがなかなか出発できなかった事件(?)に遭遇したことがあります。添乗員さんは慌ててあちこちに電話したりしていたけれど、オチは「全員揃っていたけれど数え間違えていた」でありました。:-) まぁ、置き去りよりはるかにマシであります。

投稿: かめ | 2019年4月16日 (火) 18:47

>くらげちゃん
ヨーロッパの方たちは、実はいろいろな言語ができるようですね。
スイス人がフランス語とドイツ語で会話しているのを聞いたことがあります。
言語センスがあってうらやましい限りです。

それにしても旅行好きのくらげちゃん、
実際に置いてきぼりが発生に居合わせた経験があるとはさすがです。
置いていかれた人もその場から動かないことが肝心ですね。

添乗業務の人が「出発してください」と言わないと
バスが出発できないので、人数カウントは大事な仕事です。
いやー、緊張しますね~。

投稿: ようこ | 2019年4月17日 (水) 22:25

>かめくん
かめくんもバスが出発できない場に居合わせたとは、やはりすごい!

研修の時に、いやというほど人数の数え間違いについて
こわーーい体験談を聞かされます。
今までの経験だと、ドイツ人は自分たちでも数えているようなので
人員確認はかなり楽な方だと思いますが、毎回緊張します・・・。

投稿: ようこ | 2019年4月17日 (水) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6回目の運動 | トップページ | 急遽、耳鼻科へ。 »