« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

平成は 夢を叶える 三十年

久しぶりのブログ更新となります。

タイトルは早々に決まっていたのですが・・・。

 

平成の時代、みなさんにとってどんな時間だったでしょうか?

人生の3分の1以上ともいえる三十年、

私にはとても分かりやすい区切りでもありました。

 

思い起こせば三十年前、平成元年になってすぐに大学受験でした。

どの学科を受けたらよいのやら・・・。

 

子供の頃からピアノを通してドイツの音楽に触れており、

「こんな素晴らしい曲を作る作曲家の国の言葉を知りたい!」

というのがそもそものドイツ語への興味でした。

ドイツ語を学びたいという気持ちはこの頃からありましたが、 

入試はどんどん迫ってくる。

結局その当時一番得意だった数学の方面を受けることにしました。

 

理科があまり得意ではなくて、一浪して大学に入学。

男子ばかりの情報工学科でのびのびと過ごしました。

数学も物理も大変だったけれど、

第二外国語はドイツ語、入試で中断していたピアノもまた習い始めました。

卒業時には、ある理由で大学から表彰されています。

 

運悪くバブルははじけ、しかし通信の急速な発達に向けて

通信の会社で音声の研究開発の仕事をさせていただきました。

この時に学んだマネジメントは今も役に立っています。

 

その後、高齢化社会というキーワードが出てきた頃、

福祉関係者から、デイケアセンターでのピアノ演奏を頼まれました。

最初はレパートリーがなくて困りましたが、少しずつ曲を増やし、

二十年近くも活動を続けています。

この活動は天職だと思っています。(^o^)

 

家庭をもちながら働きましたが、仕事の両立が上手くいかず、

残念ながら通信の仕事を退職しました。

理系の仕事は面白かったけれど、

もっと努力の余地のある分野の方が合っているような気もしました。

 

急に時間ができた私にようやくドイツ語を学ぶ時間ができました。

最初は本当に楽しい趣味として始めたのです。

それでも、もっと勉強したい、もっと勉強したいと思って

ハケンの仕事を見つけてまでもドイツ語を学び続けました。

通訳案内士試験を受けることになるとも思ってもいませんでした。

試験にはずいぶん受験料を払いましたねぇ。(^^;;

 

はっと気が付くと平成三十一年

高齢者のデイケアセンターや病院、落&Pでピアノを弾き、

浅草や明治神宮で

「私についてきてくださーい!」

とドイツ語でお客様を案内している自分がいます。

 

また、移動通信の発達により、ガイド業務がどれほど楽になったのか、

かつて通信業界にいた私はとてもうれしく思うのです。

 

ところで、大学卒業時の表彰理由は以下の通りでした。

「先生方がずっと願っていた研修旅行を企画実施してくれてありがとう。

 あなたに〇〇〇賞を授与します」

 

物理は・・・アレだったけれど、まさか旅行が評価されるとは!

その慧眼にはただただ驚くばかりです。

この一言がその後の想像力の幅を広げたに違いありません。

 

平成は 夢を叶える 三十年

 

ありがとうございました。

| | コメント (4)

2019年4月21日 (日)

美術館ランチ~根津美術館~

先日、学生時代の友人と久しぶりの美術館ランチをしました。

今回は六本木のミッドタウンで食事をして

根津美術館で屏風を鑑賞、またミッドタウンに戻るというプランです。

 

根津美術館では、『尾形光琳の燕子花図』が開催されています。

思ったほど混みあっておらず、ゆっくりと見ることができました。

 

そしてこちらの美術館のもう一つの見どころは庭園です。

私は初めて散策しました。

中にはカフェもあって木々を眺めながらお茶を飲むことができます。

 

あちこちに茶室が建っています。

Img_20190419_134241  

 

もう少しすると花が咲くのでしょう。今はきれいな緑の葉が見られます。

Img_20190419_134940  

 

鳥居もあるのですねー。

Img_20190419_134436_r1  

 

起伏のある庭園には池や橋もあり、趣のある空間でした。

季節ごとに変わっていくであろう葉の色にも興味をもちました。

 

ミッドタウンに戻り、ジャン=ポール・エヴァンでリッチなお茶タイム♪

Img_20190419_144309  

 

この美術館訪問は、来たるご案内に向けての下見だったのですが

いつも美術館ランチをする友人に声をかけて、

楽しいお昼とお茶もセットになりました。(^o^)

一人で行ったら気づかなかったことも多く、有意義な一日となりました。

どうもありがとう。また行きましょう~。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

元号にまつわる2つの話

今月は、ドイツ語圏のお客様のご案内と

いつものピアノ演奏で日が過ぎていきます。

そんな中、元号について実感することがありました。

 

以前、ガイドの際に使うドイツ語の元号リスト(西暦と対比させた表)を作りました。

明治神宮や皇居に行く時に見せようかなーーと思いつつ、

元号の話を出すとかえって混乱するので持ち歩くだけとなっていました。

 

しかし、今年に入り、元号の概念がドイツ語圏でも報道されたようで

一気に関心が高まりました。

 

元号リストを見せると

「Heiseiはどういう意味? Reiwaは?」

と聞かれます。

 

明治神宮では、元号リストを見せながら

Meiji時代についても説明しやすくなりました。

 

もう一つ。

 

毎月行っている高齢者のデイケアセンターでのMCで

「私は毎月来ていますが、次に来る時は令和元年になります。

明治、大正、昭和、平成に続き、令和の名曲も楽しみましょう」

などと話しました。

 

見渡したところ、大正生まれの方は多そうです。

昭和と平成を生き、今も楽しく音楽を聴くことができる。

すごいなぁ・・・。

 

いい音楽を提供できるよう、私も健康に気をつけて活動していきますよー。

| | コメント (2)

2019年4月13日 (土)

急遽、耳鼻科へ。

本日土曜日は早朝から仕事をし、今後のご案内ルートの下見を少々、

食材の買い物をして、家でゆっくりする予定でした。

 

ここに急遽、耳鼻科が加わりました。

花粉症の薬がなくなる来週月曜日の診察を予約していたのですが

なぜか薬の個数が合わず、日曜日で薬が切れてしまうことに気づきました。

 

月曜日はデイケアセンターでピアノを弾きます。

鼻をかみ、くしゃみをしながらピアノを弾く姿を想像して真っ青に・・・。

 

診察時間残り一時間を切ったタイミングに耳鼻科へ駆け込み、

無事に薬を処方していただきました。

 

ところで、薬の個数が合わない理由には心当たりがあります。

一度、薬を飲んだかどうかどうしても思い出せなくなり、

飲み忘れはまずいので、少し時間を置いて一錠。

 

まさか自分が服薬をしたかどうか忘れるなんて!

油断ならぬ。残り数週間、気をつけます。

| | コメント (2)

2019年4月11日 (木)

失敗談

今日もスギとヒノキ花粉が飛ぶ中、都内をご案内しました。

細かい失敗 (お客様ではなく自分が昼食場所にコートを忘れるなど)は

いろいろありますが、今日はこんなことがありました。

 

ごった返す明治神宮にて少人数のお客様をご案内中、

一人、一瞬姿が見えなくなりました。

見渡すと、お守り売場にそれらしき人がいるではありませんか~。

 

ゆっくりとお土産を選んでいたので、やや急かし気味に

ドイツ語で

「何か買いたいですか?お手伝いしましょうか?」

と聞いても無反応

もう一度問いかけると、こちらを向いて

「私はドイツ語を理解することができません」

と、ドイツ語で言われました。

 

やってしまった人違い・・・。T_T

 

でも、でも。

上着の色は同じだし、メガネもかけていたし、体が大きかったから

区別がつかなかったのですよ。

 

「あ、そうですか。ありがとうございます」

と、謎の返答をしてお守り売場から逃げるように去りました。

 

しかも、いつの間にかお客様は揃っていて言い訳を考えるヒマもなく、

何も言わずに次の場所へとご案内したのでした。

 

「お客様の顔を覚える」、今後の課題です・・・。

| | コメント (4)

2019年4月 8日 (月)

6回目の運動

今日の話題は、時々登場する運動ネタです。

6回分の回数券の期限が来週に迫る中、無事に使い切りました!

 

3月のうちに運動してもよかったのですが、

慣れない通訳案内士の繁忙期に

体が緊張してどこか痛くなったりするのではないか?

と予想したら、その通りでした。

背中の左半分が筋肉痛のような感じになったのです。

とっておきの一回分をここで使わなければ・・・。

 

今日も先生の指示に従って骨盤を中心に体を動かすと

あーらびっくり、体の芯からポカポカしてきます。

あの痛みはどこへやら、明日も都内を元気に歩けそうです。

(そしてまた、同じ回数券を買ったのでした。次の6回もがんばろう)

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

夕食各自ルール

4月に入り、おかげさまで私もガイドの仕事で走り回っています。

 

もう一つ、4月からようこ夫の勤務地と業務内容が変わり、

生活リズムが新しくなりました。

 

そこで登場したのが、夕食各自ルール!

今までは基本的に一緒に食事をしていましたが、

これからは19時半を過ぎると各自で食事をすることになりました。

 

しかし、今のところ一度も実行されていません。

ようこ夫はきっちり運用しようとしているようで

19時40分頃、

「10分過ぎたけど、晩御飯どうした?」

という連絡があったりします。

 

こちらはガイドの準備やその他のあれこれで

19時半を過ぎたかどうか気づかぬことがほとんど。

 

この時刻設定が生活に合っていないのか?

今まで通り、多少遅くても一緒に食事をするのがよいのか?

どうにも決めきれないまま、

今日もこれから一緒にビールを飲む予定です。(^^ゞ

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »