« 旅立ちの日に♪ | トップページ | はとバスでお出かけ »

2019年3月 8日 (金)

趣味どきっ! 人と暮らしと、台所

今日は家でくつろぎました。

好きな25分番組(録画)を3本連続で見るぜいたくは、たまりませんねぇ~。

 

最近、NHK Eテレで放送されている”趣味どきっ!”

『人と暮らしと、台所』シリーズにハマっています。

バタバタしていて、録画が3本も溜まっていたとは!

 

テキストも購入。

青枠にはバラエティ豊かな出演者の名前が出ています。

Img_20190308_165408_r1_2  

 

写真がきれいな誌面も読み応えがあります。

こちらは、第1回講師の料理研究家 有元葉子さんのページ。

20190308165841

 

番組では、心地よい音楽と落ち着いたナレーションとともに

講師の台所が紹介されます。

 

その方の詳しい経歴はほとんど出てこないのに、

生き方や家族に対する考え方などが

台所を通して見えてくるのが不思議です。

 

それぞれの回を見ながら、

真似しようかな~、と、おしゃれになった自宅の台所を想像してみたり、

雑然としているところを整理しようと思ったり、

いやでも、あまり無理してもよくないな・・・と考え直したり、

クールダウンともいえる時間を過ごしています。

 

有元葉子さんは、一日の終わりに素手で台所を洗っていました。

料理研究家 コウケンテツさんは、

一品!作るごとにコンロに飛んだ汚れをささっと拭いていました。

 

どちらも真似できていませんが、そのうちやってみようかな?

 

このシリーズは、残り3回。

もう少し楽しめそうです。(^^)

|

« 旅立ちの日に♪ | トップページ | はとバスでお出かけ »

コメント

テキストの試し読み部分拝見しました。
料理をして調理器具を洗い収納し、
拭き掃除をして…基本的な工程ですよね。

有元さんのコメントの通りで料理をして使った
調理台やコンロを拭き、使ったものをしまう、
それだけでキッチンは美しく保たれます。

ワタクシもスプレーしながら調理台を拭き、
洗って片づけて、シンクも綺麗に洗います。
シンクも洗わないと油まみれになっていき、
洗い物がシンクに付着した油で更に
汚れてしまいますしシンクも美しく保ちたいですし。

今日たまたま読んだ家庭画報4月号に興味深い
記事がありました。

キッチンに見る時代の変遷が載っていて、
高度成長期、ステンレス型押しキッチンが
大量生産され、その後繋ぎ目のないシステム
キッチンが登場。

そして近年まで台所は孤立した空間だったが、
アイランドキッチンの誕生でキッチンが
ダイニングやリビングなどオープンな場所へ進出、
インテリアとの調和が求められるようになった・・・

今やキッチンは調理する場のみならず、
自分らしさを表現する場所であり、そして
キッチンはインテリアとの調和も不可欠である。

有元さんのコメントからキッチンも常に綺麗を保ち
いつも整理整頓しておけば「掃除」と改めて
考える必要もなく、常に美しさを維持できる、

家庭画報の記事と有元さんのコメントは一見異なる
内容のお話に見えますが、有元さんの調理から
片付けまでの流れのお話は美しいキッチン、そして
キッチンの美しさはインテリアとの調和にも繋がり、
部屋全体の調和は快適で豊かな暮らしになるのだと
有元さんと家庭画報の記事の共通点を感じます。

長文失礼致しましたm(__)m
興味深いお話をありがとうこざいました

投稿: くらげちゃん | 2019年3月10日 (日) 01:59

>くらげちゃん
テキストの試し読みをじっくり読んでもらえたとのこと、
ブログにアップした甲斐があります
『家庭画報4月号』にもキッチンの変遷が出ていたんですねー。

ピアノやドイツ語、仕事をやっていて思うのは、
炊事洗濯など、生活の基盤が雑になると
結局うまくいかない気がするのです。
なので、こういったライフスタイルについては
本を読んだりテレビを見て情報をインプットしています。

有元さんの台所はテキストでも整然としてきれいですが
映像ではその流れが分かり、ますます唸らされました

投稿: ようこ | 2019年3月11日 (月) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅立ちの日に♪ | トップページ | はとバスでお出かけ »