« ガス工事対応 | トップページ | 盆栽研修 »

2019年2月 3日 (日)

休日当番医

2月になりました!

旅行関係の早朝&短時間の仕事が始まり、

ドイツ語のクラスも決まり、

今までのピアノの活動も含めてさあがんばるぞーーと思った矢先、

鼻が蛇口をひねったような状態になりました。

 

風邪?花粉症?インフルエンザ?

素人ではどうにもこうにも区別がつきません。

インフルエンザだったら、明日以降の予定をキャンセルしなければ・・・。

 

しかし、インフルエンザの予防接種は受けており、熱もありません。

とはいえ、インターネットを見れば見るほど

自分に当てはまるような気がして心配になってきます。>_<

 

今日は休日当番医という制度で日曜日も診察している病院に行きました。

優しい落ち着いた先生に病状を説明して

(といっても、鼻水が止まらないだけなのですが・・・)

念のため、インフルエンザの検査をしていただきました。

 

結果は陰性

 

ほっとしました。

この時期から花粉に強く反応しているようです。

診察と鼻の薬で5000円ほどかかりましたが、

明日からも普通に予定をこなせる安心感にはかないません。

 

花粉がいなくなるまで、マスクをしてがんばるぞーー!

|

« ガス工事対応 | トップページ | 盆栽研修 »

コメント

こんにちは。
もう花粉が飛んでいるんですね。
今年は苦しむ人が多そうな感じがしますね。
こちらの花粉と関東で飛ぶ種類が違うのか、子どもの花粉症が、旅行先で軽減されます。
ようこさんも もしかして北陸だと平気になるかもしれませんよ~。
根本的解決にならないけど(^^ゞ

投稿: lilac | 2019年2月 5日 (火) 09:29

>lilacさん
都内でもまだ影響の出ていない方が多いようですが、
私は早々と花粉に反応してしまいました。
なるほど私も場所を変えると鼻の調子がよくなる感じがします。

北陸の気候だったら、私の症状はきっと楽になると思います。
冬の兼六園ガイドなどの仕事があるといいなー
その前に雪の歩き方を練習しなければ・・・!

投稿: ようこ | 2019年2月 6日 (水) 23:47

 当番医制度か休日診療所があるのかは地域によりけりのようですが、数年前の正月休みにガキを休日診療所に連れて行ったことがあります。
 もう待合室は嘔吐するガキはいるわ、明らかに流感様症状を呈しているひとはいるわであまりいたくない環境でしたが。:-)
# 吐瀉物の処理が的確で迅速だったのはさすがと思いましたが。^^;;

 やっと順番が来たら、診てくれたのが何とかかりつけの先生で、「あ、明けましておめでとうございます。」と謎な挨拶をしてしまった。:-)
 まぁ実に幸運なことで、余計な説明は不要でさっさと診てもらえてありがたかったです。
 休日診療所では最低限の処置・処方をして、休みが明けたらかかりつけの医者に行けという案内がお約束ですが、それもありませんでした。^^;;

 そのかかりつけの先生のところには今日行きまして、いつもの高脂血症の薬に加えて、花粉症対策の抗ヒスタミン薬も処方してもらいました。聞けば、今年の正月も当番で休日診療所に行っていたとのこと。開業医も楽じゃないですね。

 蛇足ですが、処方される薬が増えても、診療報酬の点数は全く変わらず、調剤薬局でも調剤基本料は変わらないので、純粋に薬剤が増えたぶんだけ加算されるので、ついでに処方してもらうとすごくお得感があります。確か、薬剤3種類までは点数変わらないんじゃなかったかな?
 なので、風邪引いて医者行くときも、なるべくついでに高脂血症の薬も処方してもらって、点数を節約している小市民でありました。:-)

投稿: かめ | 2019年2月 9日 (土) 22:51

>かめくん
そうですか、お子さんの付き添いで行ったことがあるんですね。
いつもの先生だと話は早かったでしょう。(^^)

私が花粉症を診てもらっている先生はこの日の当番ではなく、
初めて行く病院で診察券を作るところから始まりました。

花粉症対策として抗ヒスタミンも処方してもらったんですね。
私は今年もビラノアを服用しています。

投稿: ようこ | 2019年2月12日 (火) 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガス工事対応 | トップページ | 盆栽研修 »