« マレーシア旅行 ★目次★ | トップページ | 方向転換 »

2018年11月 5日 (月)

60回目の落&P

11月3日(祝)、高円寺Grainにて、

 

落語とピアノの夕べ ”遊史郎の落&P”を開催しました。

 

 

 

2006年、三遊亭遊史郎師匠の落語会として始まり、

 

3回目から私のピアノが加わり、数えること60回目となりました。

 

 

 

初参加のお客様2名をお迎えし(他は全員リピーター!)、

 

フランスの秋を感じるピアノでスタート。

 

 

 

落語『粗忽長屋』の前には、「火曜サスペンス劇場のテーマ」を演奏しました。

 

会場がサスペンスムードになったところで、遊史郎師匠が登場です。

 

 

 

浅草寺の境内で見つかった行き倒れの人は誰か?というドタバタで、

 

ありえない設定なのに、

 

聴いているうちにそれもありかな?と思えてしまう面白い噺でした。

 

 

 

いつもより短めの休憩をはさみ、後半もピアノから。

 

日本の秋をテーマにしたメドレーに続き、

 

人情あふれる落語『文七元結』とのコラボ曲、

 

「愛は花 君はその種子(THE ROSE)」

 

を演奏しました。

 

会場がしんみりとしたところで、落語にバトンを渡しました。

 

 

 

スリに遭遇し、大金を盗まれたと思い込んだ主人公が

 

吾妻橋から川に飛び込んで死のうとしたところ、

 

通りすがりの男性に助けられるシーンなどが心に残ります

 

 

 

さて、結末はどうなるのか?

 

約45分の大作、時折笑いもあり、

 

最後はほっこりした気持ちになったのではないかと思います。

 

 

 

ご来場くださった皆様に心よりお礼申し上げます。

 

70回に向けて精進して参りますので、

 

引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

三遊亭遊史郎師匠

 

60th

 

 

 

 

|

« マレーシア旅行 ★目次★ | トップページ | 方向転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレーシア旅行 ★目次★ | トップページ | 方向転換 »