« マレーシア旅行 六日目その2(ムルデカ・スクエア周辺) | トップページ | マレーシア旅行 六日目その4(ISETANのビール) »

2018年10月31日 (水)

マレーシア旅行 六日目その3(クアラルンプール駅周辺)

ムルデカ・スクエアからクアラルンプール駅周辺へと、散歩は続きます。

珍しい建物をいくつも見ることができました。

 

国立モスク

Dscn2679  

モスクというと、丸みを帯びた屋根が思い浮かびますが、

こちらのモスクは、折り紙風の屋根でした。

Dscn2673  

別角度から撮影。

Dscn2677  

 

ここの近くにマレーシア・イスラム美術館があります。

Dscn2681  

美術館の入口のきれいな模様

Dscn2682  

世界中のモスクの模型、イスラム文化の美術品などが見学できます。

お土産も充実しており、

クアラルンプール滞在の際にはぜひともおすすめしたい美術館です。

 

1910年に開業したクアラルンプール駅。

現在の中心はKLセントラル駅に移りましたが、ここも大きな駅です。

Dscn2692  

 

マレーシア鉄道公社ビル

Dscn2693  

クアラルンプール駅とマレーシア鉄道公社ビルは、

イギリス人建築家 A.B.ヒューバックによって設計されました。

威厳だけでなく、エキゾチックな雰囲気もあり、

わざわざ見に行った甲斐がありました。

 

この後、大通りの路側帯にある歩道?のような細い部分を通り、

KLセントラル駅まで歩きました。

 

モノレールに乗って、ホテルのあるブキッ・ビンタン駅まで戻ったのでした。

Dscn2700_r1_2  

 

(次は、ISETANでビール)

|

« マレーシア旅行 六日目その2(ムルデカ・スクエア周辺) | トップページ | マレーシア旅行 六日目その4(ISETANのビール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレーシア旅行 六日目その2(ムルデカ・スクエア周辺) | トップページ | マレーシア旅行 六日目その4(ISETANのビール) »