« マレーシア旅行 二日目その7(再び、屋台へ) | トップページ | マレーシア旅行 三日目その1(コムタ) »

2018年9月24日 (月)

SEIMEI

旅行記の途中ですが、ピアノの発表会のご報告です。

 

ピョンチャンオリンピックで羽生結弦選手がフリーで使用した曲を

"SEIMEI"(作曲:梅林茂)として演奏しました。

羽生選手の白っぽい陰陽師の衣装が印象的でしたね。

 

今回は、ピアノ、ドラム、ベースの構成での雰囲気を醸し出す試みです。

市販のピアノ譜をもとに、ドラム、ベース用の楽譜を作り、

あーでもない、こーでもないと工夫を重ね、ようやく本番にたどり着きました。

 

演奏にあたっては、

SEIMEI=陰陽師 安倍晴明

についても知っておくため、京都の晴明神社にもお参りしました。

ここで買ったA6サイズの本は理解に役立ちました。おすすめです。

(水木先生の絵が素晴らしい!!)

Img_20180924_171939_r1  

 

当日はグランドピアノの低音部から湧き上がる音に

自分の中の魔物を見た気がします。

この魔物をどうやって封じ込めるのか?などと考えているうちに

曲のクライマックスになっていました。

 

壮大な絵巻物のような音楽。

創り上げる難しさは過去最高でしたが・・・、

ドラム、ベースのサポートで弾けたことをうれしく思います。

 

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

|

« マレーシア旅行 二日目その7(再び、屋台へ) | トップページ | マレーシア旅行 三日目その1(コムタ) »

コメント

水木しげる先生
こういう解説書も描いていらして
稀少なものを手に入れましたね

水木先生の漫画形式ならワタクシでも
理解できそう。表紙左上にねずみ男のような
顔をしたキャラクターが居ますね~

さて、和の雰囲気を表現するアレンジ、
とても工夫されてましたね。
高い音域から入る出だし部分はピアノと
ドラムの細かで控えめなバチさばきで
上手く表現されてましたね。

そこからコントラバスの深い音色が加わって
重厚感のある演奏になっていき、雰囲気が
伝わってきました。

楽器の組み合わせやアレンジ法で
如何様にも曲を表現できることを
感じる事ができました
お疲れ様でした。

投稿: くらげちゃん | 2018年9月26日 (水) 01:20

>くらげちゃん
ご来場ありがとうございました。

水木先生の本は晴明神社のお守り売場で並んでいた時に気づきました。
さりげなく登場するねずみ男・・・?(笑)
絵柄も含めて安倍晴明のすごさが伝わる一冊です。

曲の感想もどうもありがとう。
一回聴いただけでいろいろ感じ取ってもらえてうれしいです。
こちらの意図を汲んでアレンジを実現してくださった
ドラムとベースの先生方の感性も素晴らしいなぁと思いました。

投稿: ようこ | 2018年9月28日 (金) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレーシア旅行 二日目その7(再び、屋台へ) | トップページ | マレーシア旅行 三日目その1(コムタ) »