« 京都の夏 二日目その1(二条城) | トップページ | 京都の夏 二日目その3(京都鉄道博物館、京都の漬物) »

2018年8月25日 (土)

京都の夏 二日目その2(知恩院、漢字ミュージアム)

二条城の見学の後は、東山経由で祇園方面に向かいます。

 

目的地は2016年にオープンした漢字ミュージアム

涼むぞ~、と東大路通を南に向かっていると、ようこ夫が左を向き、

「大きい門が見えるよ」

 

おお、それは浄土宗総本山 知恩院のことですね。

一度行ったことがあり、どっしりとした厳かなお寺という印象でした。

暑くても行きたがるようこ夫の望みをかなえるべく、

見えるがなかなか到着しない門まで歩き、急な階段を登りました。

 

Dscn2043  

 

最大の見どころの御影堂は大修理中

平成30年度末までかかるそうですので、またの機会にお参りしましょう。

 

さらに祇園方面に進み、八坂神社近くの漢字ミュージアムに到着しました。

中学校の跡地だそうです。

Dscn2047  

 

年末の風物詩、清水寺で発表される”今年の漢字”の漢検が運営しています。

実物が展示されていました。

Dscn2049  

ここは体験型ミュージアムで、万葉仮名スタンプで名前を作ることもできます。

ちなみに、ようこ=余于己 でした。

 

夏休みの小学生も多数来場、大人も気軽に楽しめる施設です。

 

続いて、すぐ近くの花見小路通を散策。

ようこ夫は初めてだそうで、この家並みに大喜びでした。

 

Img_20180815_135333_r1  

 

ちょうどお昼時、本来ならこの通りのどこかで

2000円ぐらいの天ぷら御膳にビールといきたいところですが

私はそういう状況ではなく、

四条通で温かい山かけうどんをおいしくいただいたのでした。

 

(次は、京都鉄道博物館、京都の漬物)

|

« 京都の夏 二日目その1(二条城) | トップページ | 京都の夏 二日目その3(京都鉄道博物館、京都の漬物) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の夏 二日目その1(二条城) | トップページ | 京都の夏 二日目その3(京都鉄道博物館、京都の漬物) »