« 50学期完走≡3 | トップページ | 『音叉』を買いに。 »

2018年7月12日 (木)

神楽坂を歩く

6月某日、神楽坂を歩く研修に参加しました。

街の中を細かく歩き回る研修は、新たな発見があって面白いです。

 

神楽坂というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

・メインの坂道の両側においしそうなお店が並んでいる

・細ーーい道の横丁

・出版社、大学が多い

フランス語の学校がある

それから、それから・・・。

 

それでは、飯田橋駅近くから出発しましょう。

 

このあたりに牛込見附(うしごめみつけ)がありました。

駅名に残っている赤坂見附は知っています。

見附=見張り番所 のことで、ここは江戸城三十六見附の一つだったそうです。

Dscn1939_r1  

 

ドラマのロケ地にもよく出てくるCANAL CAFE

入口からしておしゃれな感じですねぇ~。

Dscn1941  

 

ここから高低差20メートルの坂を上ったり下ったりします。

 

黒い塀がよい雰囲気を出しています。

Dscn1944  

 

人がいない一瞬に撮影した一枚!

Dscn1948_r1  

 

坂を上り、赤城神社へ。

Dscn1949  

隈研吾氏設計の新しい空気が流れるおしゃれな神社です。

狛犬も斬新。(^o^)

 

神楽坂駅を出たところの駅前地図にはコボちゃんがいました。

Img_20180628_152143_r1  

 

像もあります。

なぜここにコボちゃんが?

Img_20180628_154832_r1  

作者の植田まさし先生が神楽坂在住なのだそうです。

植田先生の『かりあげクン』はよく読みました。

「植田まさし 神楽坂」で検索すると、インタビューが読めます。

 

続いては、la kagu

Dscn1953  

新潮社の書庫をリノベーションした建物で、

中にはおしゃれなショップが入っていました。

 

このあたりは矢来町(やらいちょう)といいます。

武家屋敷があったというのもうなずける地名です。

 

超有名出版社 新潮社(左端に白い小さな看板が写っています)

Dscn1957  

月に2冊は『週刊新潮』を読んでおります。

 

矢来能楽堂

Dscn1958  

住宅地に能楽堂とは、なんと文化的なエリアなのでしょう。

興味深い演目が上演されています。

 

袖摺坂

Dscn1961_r1_2  

広い急な坂を想像していましたが、すれ違う時に袖を摺るほど細い道でした。

どうも私には、文学のセンスがなくてイカンですな。

 

お待たせしました。フランス語の学校の登場です。

私はこの学校を東京日仏学院として覚えいましたが、

現在、アンスティチュ・フランセ東京 という名称となっています。

Dscn1971  

Dscn1969_r1  

 

坂のアップダウンで足がピキピキしてきました。>_<

 

神楽坂若宮八幡神社

Dscn1972_r1  

あの源頼朝が祈願に来られたとのこと。ご利益がありそうです。

 

以上、写真撮影に成功した研修の一部をご紹介しました。

 

講師は経験豊富なとても素敵な方で、

ドイツ語の私を温かく迎え入れてくださいました。

話を伺ったり、逆にこちらから経験談を話したりして

よい時間を過ごすことができました。

 

研修終了後、くりこ庵にて一人かき氷。

Kakigoori  

ふーーーっ。疲れがとれる~~。

 

神楽坂、おいしそうなお店も多かったので

また散歩(足の鍛錬?)を兼ねて行ってみたいです。

|

« 50学期完走≡3 | トップページ | 『音叉』を買いに。 »

コメント

神楽坂には美味しいバラ寿司の店二葉があったのですが閉店したようで残念です。

投稿: こうもり | 2018年7月13日 (金) 07:20

コボちゃん、懐かしい❗
コボちゃんやおとぼけ課長の
コミック本持ってました📕

かりあげクンはテレビアニメで
時々観てました📺
作者さんは良い所にお住まいですね。

神楽坂と言うと優雅なマダムが
住んでいそうというイメージです。
母の友人が神楽坂に住んでいて子供の頃、
母に連れられてその方の立派な戸建に
何度かおじゃました事があります🏠
お手伝いさんも雇っていると聞きました。

それで神楽坂にはそのような印象を持っています。
母の友人は一昨年位に亡くなられてしまい、
お嬢さんはかなり前に地方へ嫁ぎ、
現在はご主人と未婚の息子さんのみだそう。

お写真からも都心ながらもゆったりした
雰囲気が感じられます😌
子供の頃の事を思い出しながら拝見しました。

投稿: くらげちゃん | 2018年7月13日 (金) 17:18

>こうもりさん
”食べログ”でバラ寿司の写真を見てきました。
なんとおいしそうな!!!閉店とは残念です。

投稿: ようこ | 2018年7月14日 (土) 10:51

>くらげちゃん
くらげちゃんもコミック本を持っていたとは!
実家に植田まさし先生の本がたくさんありました。
おとぼけ課長も懐かしいですねぇ~。

くらげちゃんも子供の頃に神楽坂に行ったことがあるのですね。
私の父の友人が新潮社の近くに住んでいて
やはり大きな家に何度か遊びに行ったことがあります。

具体的な家の外観などは覚えていませんが
街に漂う空気感はなんとなく記憶にありました。

お互い、神楽坂が子供の頃の記憶のある場所ということが分かり、
私もとてもうれしいですflair

投稿: ようこ | 2018年7月14日 (土) 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50学期完走≡3 | トップページ | 『音叉』を買いに。 »