« 宿泊研修 一日目その3(鈴木大拙館) | トップページ | 『カルミナ・ブラーナ』(2018.6.16 東京文化会館) »

2018年6月14日 (木)

宿泊研修 一日目その4(武家屋敷跡、金沢21世紀美術館)

金沢観光・・・、いや、研修はまだ続きます。

 

武家屋敷跡 加賀藩千二百石 野村家 

江戸時代のサムライハウスです。

Dscn1810

 

和室(謁見の間)

Dscn1814_r1_2  

 

高密度の庭があり、がとてもきれいでした。

Dscn1811  

 

武家屋敷の近くには土塀の家々が連なっていました。

一人で歩くと、元に戻れず同じところをぐるぐる周ってしまいそうです。

Dscn1818  

Dscn1823   

 

このエリアを抜けると、おしゃれな街並みが現れます。

Dscn1825  

 

さあて次は、21世紀にタイムスリップです。

 

金沢21世紀美術館

Dscn1829  

著名な建築家 妹島和世+西沢立衛/SANAA の設計でも有名です。

ガラス張りの円形の白い建物は、想像の5倍ぐらい大きかったです。

無料で見学できる部分もかなりあり、文化の発信地のような施設だと感じました。

 

自由見学の際、研修参加者たちと宝探しをするように

館内や屋外を歩き回りました。

説明を聞くのもよいのですが、このように自分で考え、歩いた経験は、

より心に残るように思います。

 

恒久展示作品『スイミング・プール』 レアンドロ・エルリッヒ

Dscn1830  

プールの中に普通の服の人がいる!?なんとも不思議な作品です。

上から見るのは無料、プールの下に入るのは有料というのも面白いですね。

 

恒久展示作品『雲を測る男』 ヤン・ファーブル

Dscn1832  

屋外、屋上に展示されているため、さまざまな角度から見えます。

天気によっても印象が変わりそうです。

 

---

伝統新しさが存在する街、金沢。

一日で多くの場所をめぐることができました。

雨もぎりぎり持ちこたえ、金沢駅近くのホテルに一泊。

二日目は白川郷、高山経由で名古屋に移動します。

 

(次は、白川郷へ~)

|

« 宿泊研修 一日目その3(鈴木大拙館) | トップページ | 『カルミナ・ブラーナ』(2018.6.16 東京文化会館) »

コメント

21美(と略します)は
昔は金沢大学附属の小中学校があった場所です。
妹が昔通っていたので、洒落た美術館になるなんて思ってもみなかった。
不思議なプールはようこさんは、上から見たか下から見たか?
どちらかな?
見下ろすのも見上げるのも面白い場所ですよね(^^)

投稿: lilac | 2018年6月16日 (土) 22:24

>lilacさん
研修の先生も「21美」と言っていました!
それと、街中にまとまった面積の必要な美術館、
元々何があったのかと思いきや、国立の小中学校があったのですね。
こうした地元感ある話はいくらでも聞きたいです。

閉館時間の関係で、あのプールは上から見ました。
トリックと分かっていても、
下の人は息苦しくないかなー?と心配になります。(笑)

投稿: ようこ | 2018年6月17日 (日) 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿泊研修 一日目その3(鈴木大拙館) | トップページ | 『カルミナ・ブラーナ』(2018.6.16 東京文化会館) »