« 宿泊研修 一日目その4(武家屋敷跡、金沢21世紀美術館) | トップページ | 宿泊研修 二日目その1(金沢から白川郷へ) »

2018年6月17日 (日)

『カルミナ・ブラーナ』(2018.6.16 東京文化会館)

東京文化会館にて、合唱舞踊劇『カルミナ・ブラーナ』を鑑賞しました。

最近、私が上野に来るのは研修か案内か展覧会か・・・という感じで

大ホールの中に入るのは、いつ以来かも思い出せないほどです。

 

そんな私も、子供の頃は親に連れてきてもらい、

この大ホールでよくバレエを観ました。

 

この『カルミナ・ブラーナ』は、中世に書かれた詩(ほとんどラテン語)に

1900年代にドイツ人のオルフが曲をつけた作品で

短い歌が次々と演奏される形式です。

 

演出は、創作バレエの第一線で活躍している佐多達枝先生。

舞台中心にダンサーのスペース、

上手と下手にコロス(踊り付きの合唱)、合唱隊、

歌によっては独唱のソプラノ、テノール、バリトン、児童合唱が登場します。

オーケストラピットには東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の皆さん。

想像以上の壮大なコラボレーションでした。

 

ラテン語といえば、"Ave verum corpus" などの宗教音楽を思い起こします。

しかし、『カルミナ・ブラーナ』においては、配布された対訳によれば

季節の風景や酒場の様子、もっと日常のことが描かれていました。

 

一曲目は、CMなどで一度は聴いたことのある「おお、運命の女神よ」

迫力ある合唱でつかみはOKです。

他の曲は知らないながらも、メロディーは新しい感じで聴きやすいです。

 

演奏中は字幕がないため、歌の意味が分からないのですが

バレエのダンサーによって視覚化することで、

明るい内容なのか、コミカルな内容なのか、理解できました。

久しぶりのバレエは、あの頃と変わりなく、

脚を斜めにスーッとあげたり、トゥ(つま先で)立ったりして

子供の頃にこのホールに来たことを懐かしく思い出しました。

 

独唱のバリトンは、加耒徹さん。

聴くたびに引き出しが増えていると感じます。

今回も出番が多く、さまざまな声色を楽しませてもらいました。

加耒さんはオペラも学び、舞台にも立っているからでしょうか、

舞台に出てきた時の流れのスムーズさ、

そして、他の出演者との存在感のバランスがよいと思いました。

 

ものすごいエネルギーが押し寄せてくる舞台でした。

今も頭の中には、「おお、運命の女神よ」がぐるぐる回っています。 

|

« 宿泊研修 一日目その4(武家屋敷跡、金沢21世紀美術館) | トップページ | 宿泊研修 二日目その1(金沢から白川郷へ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿泊研修 一日目その4(武家屋敷跡、金沢21世紀美術館) | トップページ | 宿泊研修 二日目その1(金沢から白川郷へ) »