« ポンドール・イノのランチ | トップページ | 下田の旅 一日目その2(静岡の日本酒) »

2018年5月 4日 (金)

下田の旅 一日目その1(ペリーロード)

連休前半、ようこ夫と車で伊豆の下田に出かけました。

東京→下田泊→御殿場泊→帰宅 の2泊3日の旅、

ブログには下田の話を中心にレポートします。

 

伊豆半島は、20代の頃にインターンで知り合った友人たちと

河津七滝(ななだる)や石廊崎に行ったことがあります。

下田は初めてで、

私のイメージは、海岸には洋楽が鳴り、

街は「Hey! Yo! チェキラ!」のノリだと思っていました。

 

しかし、実際は静かな港町なのですね。(ホテルから撮影)

Dscn1523  

 

ペリー提督が来航したことでもよく知られる下田には、

あちこちに黒船にまつわる飾りがありました。

 

橋の柵

Dscn1528  

 

マンホール

Dscn1550  

 

歩道の上のタイル

Dscn1593  

 

オブジェ? 道路と歩道の境界?

一定間隔で何十個もありました。

Dscn1548  

 

ホテルから徒歩で20分ほどでしょうか、

海から少し入ったところにペリーロードという通りがあります。

Dscn1532_r1  

 

タイムスリップした感じがなかなか♪

 

Dscn1533  

 

Dscn1534  

 

Dscn1536  

 

Dscn1538  

 

Dscn1540  

 

喫茶店

Dscn1542  

 

それほど長い通りでもないのに、

歩くだけでゆったりとした気持ちになります。

熟年夫婦、母娘、たまーに若いカップルを見かけました。

下田の街は、歩きかレンタサイクルで周るのが便利そうです。

 

(次は、静岡の日本酒)

|

« ポンドール・イノのランチ | トップページ | 下田の旅 一日目その2(静岡の日本酒) »

コメント

こんばんは。
関西は風が強く、不安定な天気でした。

>オブジェ? 道路と歩道の境界?

これは、船舶を係留するために港の岸壁に設けておくものですね。
ボラードとかビッドとか呼ぶようです。名前は知りませんでした。
転じて、車道と歩道の境界に設けるものも指すようになったようです。

https://de.wikipedia.org/wiki/Poller

投稿: シブ | 2018年5月 4日 (金) 20:58

>シブさん
東京も昨日は強風の一日でした。

さて、謎のオブジェについてありがとうございます。
すっきりしました。

実は、潜望鏡の上の部分のオブジェ?と思っていました。
元々は岸壁に設けられた、あの柱みたいなものなのですね。
港町らしくて、散歩が楽しくなりましたよー。

投稿: ようこ | 2018年5月 5日 (土) 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポンドール・イノのランチ | トップページ | 下田の旅 一日目その2(静岡の日本酒) »