« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

運転免許更新

運転免許を更新しました。

 

もっぱら身分証明書として使っている免許証なので

今回は更新するかどうか、グズグズグズグズ悩み、

都庁の運転免許更新センターに行ってきました。

 

手数料は3000円。

これが10000円だと失効に傾くところですが・・・。

いざ失効の決断をしようとすると、教習所通いを思い出したり、

それにまつわるコストも考えてしまい、なかなか踏み切れません。

 

結局、期限が迫る中、3000円を支払い、

判断を5年後に先送りしたのでした。

| | コメント (6)

2018年5月29日 (火)

『THE ALFEE 45th Anniversary 春ノ巻』(2018.5.27 NHKホール)

5月27日(日)は、THE ALFEEのNHKホールでのコンサートでした。

私はなんと5年ぶりのNHKホールです。

毎年コンサートがあるのにねぇ・・・。

 

※MCの内容、曲名が登場します。ネタバレ注意※

 

 

 

2階席下手(しもて)側に、いつものコンサート仲間と3人での参加です。

さすがはNHKホール、開演前から客席の熱気と集中力がすごいっ!

 

中学生、高校生、大学生の頃に聴いたあの曲、この曲も演奏され、

桜井さんの美声もしっかりと堪能♪

今でもその頃の歌は、歌詞がすっと出てくるのが不思議です。

 

そして、こぶしを振り上げて、ノッていながらも、

いつものようにステージにいてくれるTHE ALFEEと

アル友(とも)さんたちにほっとする自分がいました。

 

高見沢さんは、7月13日に出版される本について語っていました。

これからはTHE ALFEEと作家の二刀流でがんばるそうです。

 

これほどグループとしてのキャリアの長い高見沢さんが、

本を書けたことを素直に喜んで話していたのが印象的です。

タイトルは『音叉』(文藝春秋)、ぜひよろしくお願いします。(^o^)

 

さて、コンサートのラストは、『TIME AND TIDE』でした。

きらきらと光る波打ち際の光景を描くバラードの名曲。

なかなか生で聴く機会がなく、一音も聴きもらすまいと

会場全体がものすごく集中していたように思いました。

 

今回のコンサートも心から楽しんで元気をもらいました。

6月はいろいろとハードになりそうですが、乗り切れそうな気がしています。

| | コメント (2)

2018年5月26日 (土)

タイムセール

あまりブログには登場しませんが、ハケンの仕事を定期的に続けています。

 

最近は、ようこ夫の帰りが早くなっているように感じるので

仕事帰りに急いで夕食の買い物をします。

 

時々利用するのが、デパ地下の”お造り3パック”のタイムセール

種類も多く、今回は真鯛、赤えび、帆立を選びました。

Img_20180525_194455  

お造りを楽しんだ後は、残ったツマに豆腐を加え、

ドレッシングをかけてサラダ仕立てにすることが多いです。

 

近所の居酒屋でそういったサービスがあり、

家でもアイディアを借用した次第。(^^ゞ

ここのツマは、シソの香りもしてさっぱりとおいしくいただけました。

| | コメント (2)

2018年5月24日 (木)

ハチ公のふるさと

今週もドイツ語圏の方をご案内する仕事をしました。

どんなに準備をしてもしてもしても、

思いがけない語彙が必要になるのがまた面白いところです。

 

お客様と一緒に渋谷の地下道を歩いていると、

お揃いのジャンパーを着た中学生?がいました。

どうやら秋田県から来た生徒さんたちが

大館市のことを知っているかどうかを道行く人たちに聞いているようでした。

テレビでよく見る、ボードのYesかNoの欄にシールを貼ってもらう方式です。

 

何をしているのか、お客様も興味津々

さあどうしよう・・・。混乱しないように説明しないといけません。

 

結局、

・生徒さんたちがアンケートを実施している

・ふるさとを広めている

・そのふるさとは北日本にある

の3点にまとめました。

 

「オオ、ホッカイドウデスカ!」(のドイツ語)と、張り切るお客様。

私は、

「よくご存じですね!しかし、もう少し南です」

と答えました。(^-^)

 

ただ、通りすがりだったため、なぜ大館市なのかが分かりませんでした。

家で調べたところ、あの渋谷のシンボル”忠犬ハチ公”が大館市出身とのこと!

このご縁で渋谷区と大館市の交流がある・・・という話を知りました。

 

アンケートには協力できなかったけれど、

今後は、ハチ公を見たら秋田や大館市を思い出すようにします。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

上野建築研修

5月のとある日、上野の建築に関する研修を受けました。

座学と実地の一日がかりの研修によって、

建築家についての知識、そして建物そのものを見るコツが少し分かってきました。

 

細かい話はさておき、斜めになって撮影した写真をご紹介します。

(カッコ内は設計者名)

 

国立西洋美術館(ル・コルビュジェ)

Dscn1667  

がとてもきれいでした。

 

かの有名な入口のパネル。

石の凹凸が複雑な色を醸し出しています。

Dscn1671  

 

東京都美術館(前川國男)

Dscn1689  

東京文化会館と同じ設計者の建物です。

 

このタイルのにもヒミツがあります。

詳しくは、”トビカンみどころマップ”で検索してみてください。

Dscn1691  

 

旧東京音楽学校奏楽堂(山口半六+久留正道)

Dscn1697  

現在工事のため休館中です。見えそうで見えない・・・!

 

京成電鉄 旧博物館動物園駅(中川俊二)

Dscn16982  

東京国立博物館の隣にある建物は駅だったのですね。

しかし、今は駅としては使われていないそうです。

 

東京国立博物館 黒田記念館(岡田信一郎)

Dscn1701_r1  

上島珈琲の横の建物です。見れば見るほど素晴らしい。

皇居近くの明治生命館を設計した建築家でもあります。

 

国際子ども図書館(久留正道+真水英夫ほか)

Dscn1708  

黒田記念館の奥にあるホテルのような建物は、図書館でした。

明治時代、昭和、そして平成には安藤忠雄氏らによって改修されたとのこと。

内部も階段やシャンデリア、漆喰の天井など、見どころいっぱいです。

 

東京国立博物館の敷地にも、さまざまな建物があります。

 

表慶館(片山東熊)

Dscn1710  

迎賓館を設計した、日本を代表する建築家です。

 

人の少なくなった夕方には少し遠くから撮影しました。

美しい・・・。

Dscn1723  

 

同じ敷地内の 法隆寺宝物館(谷口吉生)

Dscn1720  

 

中からはガラス越しに外の景色が見えます。

Dscn1722  

うーん、落ち着きますねぇ。

直線の中にの雰囲気があります。

 

研修を通して、建築家と作風を学びました。

それはまるで、作曲家とその作品の関係のようにも思えます。

他のエリアを歩いても、建築物そのものに注目する楽しみが増えました。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

まい泉定食

今日は所用のため、表参道に出かけました。

そしてずっと行きたかった、とんかつまい泉の青山本店でお昼にしました。

まい泉といえば、デパ地下でサンドイッチなどをよく見かけます。

 

席に着くまでに少し待ち、カウンターに案内されると、

迷わずロースかつ定食を注文しました。

 

しかし、お店の方の中ではいつのまにか、

日替わりの”まい泉定食”になってしまったようで(^^ゞ

こちらの定食をいただきました。

Img_20180517_123925  

 

お店の方は作り直す、とまで言ってくださったのですが

お昼の繁忙時でもあり、値段も同じ、

アレルギーのあるカキが入っていなかったので

そのままこのお膳にしました。

 

いやーー、流れには逆らわなくてよかったです。

 

左のひれかつ、右のカレーとポテトのコロッケも美味、

筍の土佐煮や鯖の塩焼きなどもおいしくて

ご飯をモリモリとおかわりしました。

お得な感じもいいですね。

 

食事をしながら、

「私は筍を食べそうに見えたのかな?」

「このお昼のように、いろいろな具がつまった人生だったらいいなぁ」

などと考えたら楽しい気分になって、ニンマリとしてしまいました。

 

お店は少し奥まったところにありますが、また行こうと思います。

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

下田の旅 二日目その5(御殿場のSL)

伊豆半島を北上、天城越えをして御殿場へ。

 

ごてんば~、ごてんば~。

Dscn16582  

車で行ったのに、駅の看板?

JR御殿場駅横にSLが展示されており、登ることもできます。

車は駅前有料駐車場に駐車しました。

 

Dscn1656  

 

御殿場ゆかりの歌碑もありました。

『鉄道唱歌』の15番と『汽車ポッポ』です。

Dscn16552  

石の上にSLと富士山があるのがツボに入りました。

 

踏切の音が聞こえるなぁと思ったら、

猛スピードで駅へと走るサラリーマンが!

無事に電車に乗れていたらよいのですが・・・。

 

夜はホテルの近くで海鮮を楽しみました。

種類豊富な”お造り三種盛り”ですよ~。

Dscn1659  

 

---

下田の旅、三日目はアウトレットに行きました。

きっとまた行くこともあるので、旅行記はここまでです。

 

伊豆半島は思ったよりも長く、

見える景色も私にとって珍しいものでした。

2泊3日でしっかりと気分転換をして、日常生活に戻っています。

 

訪問先の魅力が伝わっていたら幸いです。

旅行記をお読みくださり、ありがとうございました。

 

(下田の旅:完)

| | コメント (2)

2018年5月12日 (土)

下田の旅 二日目その4(浄蓮の滝)

石川さゆりさんの名曲で歌われる天城山は伊豆半島にあります。

歌詞に登場する浄蓮の滝も実在し、

下田から御殿場に向かう途中立ち寄りました。

 

ファンキーなわさびがお迎え

Dscn1645_r1  

 

森の奥底に潜む滝・・・といったらよいでしょうか。

数か国語の表示があるように、外国人も多かったです。

Dscn1647  

階段を下りて、下りて、下りて、ようやく滝に到着しました。

 

貴族の白いタイのような形で、水の音が豪快です。

さすが、日本の滝百選に選ばれるだけのことはあると思いました。

Dscn1651  

 

『天城越え』の楽譜付き歌碑もありました。

Dscn1648  

 

滝の近くでは、冷涼な空気の中、わさびが育てられていました。

私もお土産に買って帰り、すりたての辛みを楽しみました。

Dscn1652  

 

(次は、最終回、御殿場のSL)

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

下田の旅 二日目その3(下田バーガー、モヤイ像)

下田と言えば、ペリー、伊豆七島。

そして忘れてはいけないのが、金目鯛です。

 

道の駅にアメリカ風のお店がありました。

Dscn1634_r1  

 

金目鯛のフライをはさんだバーガーが、2日目のお昼ご飯です。

Img_20180501_130406  

その大きさをどのように表現したらよいでしょうか。

黄色いチーズの上に乗っているカマンベールチーズが普通の大きさです。

後ろの飲み物も普通の大きさです。

 

アゴを外さないように気を付けつつ、

包み紙ごとバーガーを持って食べるのがよいようです。

ぜいたくなフライをおいしくいただきました。

 

お店はオートバイのライダーさんたちでにぎわっていました。

 

近くに優しい表情のモヤイ像がありました。

Dscn1637  

どこかで見たことがある?と思ったら、

渋谷駅のモヤイ像と同じく、新島の石を使った像なのだそうです。

伊豆七島が見える下田らしいなぁと思いました。

 

表は女の子

Img_20180501_132339_r1  

 

反対側を見ると、あらびっくり!

ペリー提督がいました。海の方角を見ています。

Img_20180501_132400_r1  

 

2日間にわたり、下田を堪能しました。

これから伊豆半島を北上し、御殿場に向かいます。

 

(次は、浄蓮の滝)

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

下田の旅 二日目その2(下田ロープウェイ)

下田の旅。

次は、ロープウェイに乗って山の上の遊歩道を散策します。

展望台と展望台と展望台と、他にもいくつかの見どころがあります。

 

約3分半の乗車。

Dscn1595  

 

まずは下田富士展望台から下田湾を眺めましょう。

Dscn1599 

奥のうっすらとしたシルエットの正体はこちら。

Dscn1598  

伊豆七島でした!

 

少し山を登ると、黒船見張所跡がありました。

Dscn1603  

Dscn1605_r1_2  

 

黒船展望台から撮影。

Dscn1615  

 

和み玉 投げ処

Dscn1616  

和み玉(有料)が輪の中に入るといいらしいですが、

結果は聞かないでください・・・。

 

下田観光の発展に尽力した五島記念碑

Dscn1618  

 

石割り楠

Dscn1621_r1_2 

ものすごいパワーを感じました。

 

寝姿展望台

Dscn1626  

景色よりも看板にインパクトがあります。

 

Dscn1627  

 

迷路にも行ってみました。

Dscn1630  

最初に右に行くか、左に行くかでほぼ決まるようですが、

いきなり行き止まりコースを選んでしまいました。>_<

 

天気にも恵まれ、下田湾が一望できました。

アップダウンの多い遊歩道でしたので、歩きやすい靴がおすすめです。

 

(次は、下田バーガー、モヤイ像)

| | コメント (4)

2018年5月 6日 (日)

下田の旅 二日目その1(ペリーの足跡)

旅行二日目は、ペリーの足跡を辿ってみましょう。

 

道の駅「開国下田みなと」

Dscn1569  

地元のお土産を買いました。

 

 

了仙寺

Dscn1571  

Dscn1576  

日蓮宗の静かなお寺です。

1854年、ここで日米和親条約が締結されました。

 

このお寺の一角に、洗練された施設があります。

黒船ミュージアム

Dscn1577 

 

以前、日本史を勉強した際に、ペリー来航に興味を持ち、

この柄のメモ帳を横浜で買いました。

Dscn1579  

貴重な資料と映像によって、ペリー来航への理解が深まりました。

 

 

続いて、海辺のペリー艦隊来航記念碑へ。

Dscn1589  

 

振り返ると、形のよい山が見えました。

下田富士です。なるほど!

Dscn1584  

 

さぁて次は、山に登りますよー。(徒歩ではなくロープウェイですが)

 

(次は、下田ロープウェイ)

| | コメント (2)

2018年5月 5日 (土)

下田の旅 一日目その2(静岡の日本酒)

旅で楽しみなのは、その土地の食事です。

散歩から戻ると、ほどよく夕食の時間となりました。

 

豆皿を使った前菜

Dscn1551  

 

お造り、ビール、茶碗蒸し

Dscn1557  

ビールジョッキがかわいかったので、ホテルの方に聞いてみると

琉球ガラスとのことでした。

 

豚肉の朴葉味噌焼き

Dscn1563  

飛騨高山の名物が下田で食べられるとは!

一度、お土産にいただいた朴葉味噌がおいしかったのを思い出しました。

 

他に、下田名物金目鯛などが出ました。(ぼやけたため、写真はナシ)

 

旅先でよく注文する利き酒セット

Dscn1560  

左から、浜松、清水、掛川のお酒です。

樽の味がしたり、華やかだったり、個性がありました。

しかし、後味スッキリで食事が進みます。

 

伊豆半島の先端に位置する下田は、名古屋ナンバーの車も多く、

中部地方に近づいた感じがしました。

 

(次は、ペリーの足跡)

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

下田の旅 一日目その1(ペリーロード)

連休前半、ようこ夫と車で伊豆の下田に出かけました。

東京→下田泊→御殿場泊→帰宅 の2泊3日の旅、

ブログには下田の話を中心にレポートします。

 

伊豆半島は、20代の頃にインターンで知り合った友人たちと

河津七滝(ななだる)や石廊崎に行ったことがあります。

下田は初めてで、

私のイメージは、海岸には洋楽が鳴り、

街は「Hey! Yo! チェキラ!」のノリだと思っていました。

 

しかし、実際は静かな港町なのですね。(ホテルから撮影)

Dscn1523  

 

ペリー提督が来航したことでもよく知られる下田には、

あちこちに黒船にまつわる飾りがありました。

 

橋の柵

Dscn1528  

 

マンホール

Dscn1550  

 

歩道の上のタイル

Dscn1593  

 

オブジェ? 道路と歩道の境界?

一定間隔で何十個もありました。

Dscn1548  

 

ホテルから徒歩で20分ほどでしょうか、

海から少し入ったところにペリーロードという通りがあります。

Dscn1532_r1  

 

タイムスリップした感じがなかなか♪

 

Dscn1533  

 

Dscn1534  

 

Dscn1536  

 

Dscn1538  

 

Dscn1540  

 

喫茶店

Dscn1542  

 

それほど長い通りでもないのに、

歩くだけでゆったりとした気持ちになります。

熟年夫婦、母娘、たまーに若いカップルを見かけました。

下田の街は、歩きかレンタサイクルで周るのが便利そうです。

 

(次は、静岡の日本酒)

| | コメント (2)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »