« 時間で区切る仕事 | トップページ | 『Katsumi Toi's 25th Anniversary Live performance Exelsior』(2018.4.7 六本木) »

2018年4月 6日 (金)

開かずの引き出し

毎日のあれこれにかまけているうち、

私の学習机回りがすごいことになっていました。

机の上は物で満杯、引き出しの前には書類や紙の山。

一体何年間、この引き出しを開けていないだろう?というありさまです。

 

さすがにこれはマズイと思い、昨日、重い腰を上げて片づけました。

無音ではやる気が出ないので、THE ALFEEのCDをかけながらです。

 

いやーー、いろいろな物が出るわ出るわ。

(しかし、現金は出てこなかった)

お守り、10年以上前のノート、未使用封筒、

ゲームセンターのクイズゲームの結果を記録するカード、

買ったことも忘れていた仏像の英語本などなど。

 

もっとも謎だったのは、引き出しの前に置いてあった

サマセット・モームの『月と六ペンス』です。

 

なぜ私がこの名作を???と、ネットで調べたところ、

ゴーギャンをモデルにした主人公が登場するからでした。

ゴーギャンの足跡を求めてタヒチに行ったのが2012年ですので

あれから6年、読み終わった形跡はありませんでした・・・。

 

そして、最下段の開かずの引き出しの中を検証したところ、

最新の書類は2年以上前のものでした。

もうこうなると、考古学者の気分です。

 

引き出しの最新状態

Img_20180406_104331_r1  

 

この反省をこめ、最下段にはよく使う書類を入れました。

(これで少なくとも、引き出しの前はきれいになるはず)

 

数字の書いてあるファイルの中には、

ドイツ語の授業で書いた作文を

ネイティブの先生に添削していただいたものが入っています。

Img_20180406_103035  

 

所要時間はCD4枚分、30リットルゴミ袋を3枚使いました。

整理整頓はこまめにしないといけませんね~。(^^ゞ

|

« 時間で区切る仕事 | トップページ | 『Katsumi Toi's 25th Anniversary Live performance Exelsior』(2018.4.7 六本木) »

コメント

私も45年前の大学生時代に読んだはずの月と六ペンスを📦から見つけて読み返しているところです。

投稿: Fledermaus | 2018年4月 6日 (金) 15:55

>Fledermausさん
偶然にも同じ本をお持ちだとは!45年ぶりの再読はいかがでしょうか。
私は挫折してしまい、お恥ずかしい限りです。

投稿: ようこ | 2018年4月 7日 (土) 17:56

原作を読んでいるので少し時間がかかりそうです。高校の英語の先生は陸軍中野学校出身で授業ではペンギンブックのサマセットモーム作品を読まされていたので大学に入ってもサマセットモームを読んでいました。

投稿: Fledermaus | 2018年4月 7日 (土) 19:07

>Fledermausさん
英語で読まれているのですね!
原語で読める幸せ、私は楽譜のドイツ語を見るたびに感じています。

投稿: ようこ | 2018年4月 8日 (日) 01:12

所用時間がCD4枚分と言うのが分かりやすいです。
3~4時間かかったのでしょうか?⏰

「8割収納」って知っていますか~?
空間にキチキチにしまうのではなく、
2割程度の余裕を作って収納することです。

空間を作る事で物が取り出しやすく、
そして仕舞いやすい。
何が入っているかが一目瞭然。
一時的に物を置いたり入れておいたりもできるし、
空気も循環する。見た目も綺麗shine

沢山の利点があります。

何かを追加して10割収納になったら
早い機会にまた8割に戻すとずっと
快適空間が継続する、という訳です。

ワタクシもなるべく実践するようにしていますよwink

投稿: くらげちゃん | 2018年4月 8日 (日) 01:41

>くらげちゃん
はい、正確な時間は測っていないのですが
3~4時間かかりましたsweat02

「8割収納」の考え方は初耳earです。
早速、写真の引き出しの中身(縦の部分)を他の棚に移しました。
これでクリアファイルも取り出しやすくなりますねflair
次は移動先の棚の整理をしなければ・・・。

ためになる情報をどうもありがとうshine

投稿: ようこ | 2018年4月 9日 (月) 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間で区切る仕事 | トップページ | 『Katsumi Toi's 25th Anniversary Live performance Exelsior』(2018.4.7 六本木) »