« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

ポンドール・イノのランチ

4月のとある日、くらげちゃんと豪華ランチをしました。

今回は、三越前駅すぐのYUITOビルにある

フランス料理のレストラン、ポンドール・イノです。

 

レストランはビルの一階にあり、今はちょうど外のがきれいな季節でした。

オードブル、スープ、肉料理または魚料理のコースを選びました。

料理名は覚えられなかったので、正確ではありません。(^^ゞ

 

オードブルは、ハリイカの炭火焼きと山菜の一品です。

Img_20180426_132150 

春らしい素材と盛り付けですね♪

イカもやわらかーーい。

 

グリーンピースの冷製ポタージュ

Img_20180426_134408  

とーーってもおいしいポタージュでした。

底には青々としたが沈んでいて、最後の一粒まで”宝探し”しました。

グリーンピースというよりは、枝豆の方がイメージに近いと思います。

 

メインです。

こちらはくらげちゃんの選んだ肉料理(仔羊)です。

おいしそうなソースですねぇ。

Img_20180426_140200  

 

こちらは私の魚料理、真鯛のポワレ。

Img_20180426_140207  

真鯛の上にはポップコーン状の米がついていたり、

手前には天ぷら風の揚げ物が添えられていたり、

フレンチといいながらもの雰囲気がありました。

盛り付けや味そのものだけでなく、サクッとした食感が印象に残りました。

 

デザートは、ワゴンに載ったケーキから好きなものを選べます。

私は5種類中4種類。

Img_20180426_143618  

プリンからタルトまで、一度にさまざまなケーキを楽しめました。

もう一つのケーキも茶色くて好きそうだったのですが、

さすがにお腹と相談して4種類に収めました・・・。

 

くらげちゃんとは今回もいろいろな話をしました。

今まで通り、負の部分を乗り越え、

お互いの変化の過程を尊重しながら、

情報交換できたらいいなと思っています。

 

ゆっくりと春を感じるランチでした。どうもありがとう。(^v^)

| | コメント (2)

2018年4月28日 (土)

映画『女は二度決断する』

ゴールデンウィーク直前の金曜夜、

仕事帰りにドイツ映画を観に行きました。

 

ファティ・アキン監督、ダイアン・クルーガー主演、

『女は二度決断する』 (注:音が出ます)

 

ハンブルクでの爆破事件で、夫と幼い息子を失った女性を中心に

最初は2時間サスペンス風に話が進んでいきます。

 

容疑者が見つかり、迫力の法廷シーンでは、

検察官と弁護人のドイツ語での応酬。

これほどドイツ語がぴったりなシーンはないかもしれません。

 

しかし、女性にとっては不満な判決が下ります。

そして自ら立ち上がり・・・。

 

日本のサスペンスならこういう結末になるだろう、と予測可能ですが

これはドイツ映画です。

さて、どんな結末になるでしょうか。

 

主役以外は出番も少なめですが、キャスティングが良かったと思います。

特に、被告の父として証言する俳優 ウルリッヒ・トゥクールは

人情ある温かい印象を残しました。

と思ったら、あの名作『善き人のためのソナタ』にも出演していました。

 

ドイツ語の聞き取りについては、

ハンブルクのシーンではほとんど聞き取れず・・・。

しかし、警察官、裁判官が登場すると理解できたので

登場人物に合わせて言葉遣いが工夫されていたものと思われます。

 

原題は、"Aus dem nichts"(直訳:無から)。

主人公にとって失うものは何もない、

そういった強さ、怖さが際立つ映画でした。

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

6回回数券

久しぶりの運動ネタです。

体を動かすのが苦手なこの私が、健康増進のために骨盤運動を続けています。

無理のないよう、3ヶ月以内に6回使える回数券を購入しています。

このたび、6回分を使い切りました!

 

月に2回のペースで運動するのが理想的だと思うものの、

今回の回数券は、2月に2回、4月に4回という後半集中型となりました。

 

ピアノとドイツ語は言い訳無用、しっかりやらねば、という方針の私も

運動となると、ついつい言い訳がましくなります。

いやもう本当に、3月は花粉症がひどくて・・・。ヘーーックション!

 

でも、この運動の後には体の中から温まり、

先生の明るい雰囲気もあって、とてもすっきりした気分になります。

というわけで、また有効期限に向けてあたふたしそうですが

次の6回分の回数券を買ってあります。v(^o^)v

 

さて、今度こそ月2回のペースは実現するか?

まずは回数券を無駄にしないよう、がんばります~。

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

プーシキン美術館展

先日、上野に行く機会があり、せっかくなので美術館にも行きました。

 

数ある美術館の中で選んだ展覧会は、プーシキン美術館展@東京都美術館。

サブタイトルの”---旅するフランス風景画”を観たくなったからです。

 

Img_20180422_133324_r12 

 

モスクワの美術館からやってきたフランスの風景画は、

緑いっぱいのきれいな絵が多かったです。

一度訪れたモネの庭、ジヴェルニーの絵も展示されていました。

 

都会的なパリの街の様子も興味深く、

絵の近くに展示されたパリの地図と見比べながら鑑賞しました。

 

港のある南フランスの風景はカラフル。

どんな地域なのだろう?という興味が沸きました。

長時間フライトに耐えられるうちに行けたらいいなぁ・・・。

 

ゴーガン(ゴーギャン)の絵は、『マタモエ、孔雀のいる風景』が来ており、

タヒチ島の自然と青い孔雀が印象に残っています。

 

旅の好きな方におすすめしたい美術展です。(2018年7月8日まで)

| | コメント (2)

2018年4月22日 (日)

この広い野原いっぱい♪

土曜日は高齢者のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

 

ライフワークとして続けているこの活動は、

今後ドイツ語の仕事が増えたとしても、月一のペースは崩さないつもりです。

飛行機に乗らずに世界の音楽を楽しんでもらうのが私の願いです。(^v^)

 

今日もあちこちの国の音楽を選びました。

『アマポーラ』や『サンタ・ルチア』、『ゴッド・ファーザー』は不動の人気。

八十八夜の『茶つみ』では、手を叩いたりして盛り上がります。

森山良子さんの『この広い野原いっぱい』も好評でした。

 

『この広い・・・』は、音楽の時間に習った記憶がありますが、

なんと50年前の曲だそうです。

楽譜に書いてあるコードを元に、アルペジオを使ったアレンジで弾きました。

ヒットした頃をリアルタイムで知っている方がとても喜んでいました。

 

そうこうするうちに、5月になります。

スギやヒノキの花粉もそろそろ終わり、私の体調も元通りになりそうです。

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

タクシーの下見

今週もお客様のご案内で出かけていました。

その下見でのことを書きたいと思います。

 

そのご案内ルートでは、短距離ではありますが、タクシーを利用します。

下見では普通にタクシー乗場から乗り、行き先を告げると

は?それどこですか?知らないです」

という返事。

 

住所が分かれば乗せてやってもいいが、ちょっと無理、という感じで

降りてからスマホで住所を検索しました。

 

すぐに住所が見つかったものの、

意地でもそのタクシーには乗りたくないので (^^ゞ

そのタクシーにお客さんが来るのを待ちました。

 

そして次のタクシーに乗ると、やはり行き先を知らず・・・。

しかし、運転手さんの態度がやわらかかったため、

(それに、タクシーを何台待っても同じことになる予感)

こちらも態度を軟化させ、住所を伝えて出発しました。

 

下見を終えて帰宅後、私はタクシー用の地図を作りました。

乗り場に蛍光ペンで丸印、目的地に丸印、

住所はテプラのラベルにでかいフォントで印字。

(最近は老眼の気持ちも分かる)

地図に貼って出来上がり~。

 

そして当日、お客様と一緒にタクシーに乗ると

やはり目的地を知らないとのこと。

 

手作り地図を見せて説明したものの、やはり自信がなさそうで

住所を教えていただけませんか?」

と言われました。

 

「地図に貼ってあります」

 

今度はスムーズに出発できました。

まぁ、私がシートベルトを締めるのにもたついて

車内にキンコンキンコン、アラームが鳴り響きましたが・・・。

 

カーナビの時代、タクシーの予行演習も重要ですね。

もちろん、下見のタクシー代は自腹ですが、

お客様を待たせたり、恥をかくことを考えたら安いものです。

| | コメント (6)

2018年4月15日 (日)

テプラが家にやってきた。

注文していたテプラが家にやってきました。

ラベルに文字をプリントするあの装置、

オフィスで使ったことのある方も多いと思います。

 

家庭用の機種なので、デザインもやわらかい感じです。

キーを押す感触は、電子辞書によく似ていました。

Dscn1502  

 

テープは別売り。

一般人でも文房具店で普通に買えることに驚きました。

Dscn15052  

 

テプラの裏に単三電池6本とテープをセットして印字しました。

あーーー、懐かしいこの感覚。20代の頃を思い出します。

Dscn15062  

このテープは裏紙を外せばシールのように貼ることができます。

 

そしてこちらは、先日整頓した引き出しです。

ぎゅうぎゅう詰めだったものを8割収納にしたため、

出し入れしやすくなりました。(^v^)

Dscn1508  

 

ファイルにラベルを貼りました。

ゴシック体。テープの幅に対して少しフォントを大きくしてあります。

Dscn1510  

 

手書きフォント。テープ幅に合ったサイズの文字です。

Dscn1512  

 

しかし、月日の経過はなんとも残酷なもので

印字したテープの裏紙を外す時、

手元がよく見えないわ、手のが減っているわで、

思ったよりも時間がかかりました。

 

これで家の中がラベルだらけになる予感。(^^ゞ

ラベルを上手に使って、整理整頓できたらいいですねぇ~。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

ノルディック複合

ヒノキ花粉が飛ぶ中、今週もドイツ語で都内を案内しました。

数か月前にいただいた仕事をきっちりこなせば

きっと次につながっていくはず・・・という気持ちでいます。

 

案内の際には、観光地の説明の他にもさまざまな話をします。

今回は、オリンピックに関心が高いお客様だったので

冬季五輪でのノルディック複合(ラージヒル)の話をしました。

ジャンプの後のクロスカントリーで、ドイツが1,2,3位になったあの競技です。

 

気をつけなければならないのは、

分からない単語があっても英語を使わないことです。

どの先生にも、英語を混ぜると注意されます。

 

ということで、オリンピックの種目についてもドイツ語の授業で習いました。

ドイツ語では、ジャンプとクロスカントリーとは言わないので要注意です。

しかし、スノーボードはスノーボードでよいのだそうです。

逆にドイツ語に訳すとヘンなのだとか。

うーん、難しい・・・。

 

お客様は日本人選手も出場したことを覚えていてくださって、話が弾みました。

単語の使い道が分かると、覚えるモチベーションにつながります。

さて、これからどんな語彙を増やしていこうかな・・・。

| | コメント (3)

2018年4月 9日 (月)

マーロウのビーカープリン

日曜日はピアノのレッスンの後、茅ケ崎に遊びに行きました。

JR東海道線で約1時間、車窓を眺めているとあっという間です。

 

茅ヶ崎駅には、昨年9月に生まれたばかりの女の子の赤ちゃんと

リケジョ仲間のお母さんが迎えに来てくれました~。

ご自宅にお邪魔して、3人で女子会をする計画なのです。

 

私も不定期な予定が多く、

友人と会うのも難しい中のありがたいお誘いでした。(^o^)

 

早速駅ビルにて、葉山のマーロウのことを教えてもらいました。

ガラスのビーカーに入ったプリンのお店で、

都内ではGINZA SIXでしか買えないそうです。

お店のショーケースを見ているだけでも楽しいプリン、

私はエスプレッソを選びました。

 

このプリン、大きさがすごくてですね、普通のプリンも一緒に撮影しました。

Img_20180408_1343252  

さすが化学系のリケジョ、的確な基準がさっと出てきます。

 

ビーカーには目盛りもプリントされています。

なめらかな舌触りで、もちろんペロリといただきました。

底のソースをからめると、コクが出ます。

 

さらに、ビーカーで茶碗蒸しを作ってみたくて

厚かましくも容器を2つもいただいてしまいました。

(ようこ夫は、ワイングラスとして使いたいと言っています)

 

女子会では、話がはずんで話題が尽きることはありませんでした。

また神奈川県のことを教わりたいなぁ。(^-^)

楽しい一日をありがとうございました。

| | コメント (2)

2018年4月 8日 (日)

『Katsumi Toi's 25th Anniversary Live performance Exelsior』(2018.4.7 六本木)

昨日は久しぶりにライブに出かけました。

舞台を中心に活躍中の戸井勝海さんが25周年を迎えた記念の会です。

 

私は昼部に参加。

1999年の『レ・ミゼラブル』から観ているので、20年近くになりますね。

Img_20180407_154239  

客席はレストランのようにテーブルがあり、最初に軽食をいただきました。

 

会場が暗くなると、ほどなく戸井さんの硬派な朗読でライブが始まります。

楽しみにしていた歌は、ピアノの生伴奏で披露されました。

軽い感じの曲、重い意味を持つ曲。

歌が始まると、表情や声であっという間にその世界観に引き込まれます。

 

ここでスペシャルゲスト、土居裕子さんが登場。

戸井さんの(大)先輩で、ハリのある安定した歌声が素敵な方です。

私の中では、ミュージカル『ひめゆりの塔』がとても印象に残っています。

 

土居さんと並んでいるだけで、

タジタジとなる戸井さんがなんだか可笑しかった~。

土居さんとのデュエット、土居さんのソロ『タン・ビエットの唄』もあって

とてもバランスのよいゲスト出演だったと思います。

 

戸井さんのトークは真面目な人柄そのままでした。

ものすごい汗をかくという話も本当なんだなぁと思ったりも。(^^ゞ

 

今回、本当にいろいろな歌が演奏されました。

あえて一曲感想を書くとしたら、『マイ・ウェイ』

今までは漠然と聴いていた曲ですが、

戸井さんの真摯な歌声にのって、歌詞の素晴らしさが心に届きました。

と思ったら、会場中がすすり泣きに・・・。

歌の力はすごいですね。

 

80歳でも舞台に立ちたいという戸井さん、

トークや選曲の中に、新たな挑戦への意気込みが感じられました。

50周年に向けて、ますますのご活躍を楽しみにしております!

| | コメント (2)

2018年4月 6日 (金)

開かずの引き出し

毎日のあれこれにかまけているうち、

私の学習机回りがすごいことになっていました。

机の上は物で満杯、引き出しの前には書類や紙の山。

一体何年間、この引き出しを開けていないだろう?というありさまです。

 

さすがにこれはマズイと思い、昨日、重い腰を上げて片づけました。

無音ではやる気が出ないので、THE ALFEEのCDをかけながらです。

 

いやーー、いろいろな物が出るわ出るわ。

(しかし、現金は出てこなかった)

お守り、10年以上前のノート、未使用封筒、

ゲームセンターのクイズゲームの結果を記録するカード、

買ったことも忘れていた仏像の英語本などなど。

 

もっとも謎だったのは、引き出しの前に置いてあった

サマセット・モームの『月と六ペンス』です。

 

なぜ私がこの名作を???と、ネットで調べたところ、

ゴーギャンをモデルにした主人公が登場するからでした。

ゴーギャンの足跡を求めてタヒチに行ったのが2012年ですので

あれから6年、読み終わった形跡はありませんでした・・・。

 

そして、最下段の開かずの引き出しの中を検証したところ、

最新の書類は2年以上前のものでした。

もうこうなると、考古学者の気分です。

 

引き出しの最新状態

Img_20180406_104331_r1  

 

この反省をこめ、最下段にはよく使う書類を入れました。

(これで少なくとも、引き出しの前はきれいになるはず)

 

数字の書いてあるファイルの中には、

ドイツ語の授業で書いた作文を

ネイティブの先生に添削していただいたものが入っています。

Img_20180406_103035  

 

所要時間はCD4枚分、30リットルゴミ袋を3枚使いました。

整理整頓はこまめにしないといけませんね~。(^^ゞ

| | コメント (6)

2018年4月 4日 (水)

時間で区切る仕事

4月になり、街のあちこちで新入社員を見かけるようになりました。

あと一週間もすると、

「いやーー、残業しちゃったよー」

という人がちらほら出始めることでしょう。

 

私も二十数年前は、そんな新人で、

課長になれるかな?」ぐらいは思っていました。

 

しかし、夜中までの残業が続いたことで家庭と仕事の両立が難しくなり、

正社員を辞めることになりました。

 

今の私は組織から離れ、

退職の主目的である”ようこ夫と一緒に朝食夕食”を実行しつつ、

日中はピアノを弾きに行ったり、

ハケンでコンピューターのキーを打ったり、

ドイツ語で外国人を案内したり、

新卒の頃には想像もできなかった生活を送っています。

 

収入のことなど、いまだに葛藤もありますが、

今の自分の状況を人のせいにするのもどうかと思うし、

人を笑顔にするための”時間で区切る仕事”もいいものだと捉えています。

 

ところで、私が新入社員の頃、

仕事先の管理職の方に声をひそめて聞かれた質問です。(^^ゞ

 

「やはりあれですかね、将来、起業を考えているんですか?」

 

会社から去ることを予言した唯一の方でした。

葛藤するたびにこの質問を思い出し、笑いながら明日のことを考えるのでした。

| | コメント (4)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »