« 4年後の”羽生選手のノート” | トップページ | 基礎練習 »

2018年3月 4日 (日)

第58回 遊史郎の落&P

3月3日のひな祭りに、

高円寺Grainにて”第58回 遊史郎の落&P”を開催いたしました。

 

今回は初参加の方が4名様。

開演前の食事タイムに、リピーターさんたちと乾杯する姿もありました。

 

そんな和やかな雰囲気の中、ピアノから始まります。

『ロンドンデリーの歌』、サン=サーンスの『白鳥』を弾いたのち、

落語「天狗裁き」とのコラボ曲はドビュッシーの『夢』を選びました。

摩訶不思議な響きが印象的な曲です。

 

続いて、三遊亭遊史郎師匠の落語です。

「天狗裁き」は、主人公が見た夢(実際には見ていない)を話すよう、

いろいろな登場人物にしつこくせがまれる噺。

最初は近所の人だったのが、最後は天狗まで登場します。

こちらも夢を見ているような不思議なストーリーでした。

 

休憩をはさみ、後半は唱歌で構成されたピアノの『春の歌メドレー』から。

ひな祭りの音楽もメドレーに取り入れました。

 

落語二席目は「紺屋高尾」だったので、

人と人のつながりをしみじみと歌った『糸』にしました。

花魁の高尾と紺屋職人との物語はいかに進んでいくのか?

間近で聴く落語に客席が集中しているのが伝わってきました。

 

遊史郎師匠の大熱演の後は、お客様との歓談タイムです。

落語に登場した高尾がどれほどの美人だったのか?

きっと、人それぞれの高尾像があるよね~、

といった話題で盛り上がりました。

 

ご来場ありがとうございました。

60回目指してがんばります!

 

二席をしゃべった後の三遊亭遊史郎師匠です。

Yushiro58  

 

※このイベントに一度参加してみたいという方がいらっしゃいましたら

 プロフィール欄に出ているメールアドレスにぜひご一報ください。

|

« 4年後の”羽生選手のノート” | トップページ | 基礎練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4年後の”羽生選手のノート” | トップページ | 基礎練習 »