« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

4年後の”羽生選手のノート”

冬季五輪の余韻もさめやらぬ今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今日は4年前のソチ五輪の直後につけ始めたノートについて書こうと思います。

 

羽生選手がソチで金メダルを獲得した時に見たドキュメンタリーをもとに

ドイツ語のプレゼンテーションについてまとめています。

ブログ記事はこちら

 

あれから4年・・・。

ネイティブ講師による、ドイツ語で日本を紹介するクラスにずっと通っています。

Img_20180228_221814  

Img_20180228_222034  

このたび、おそるおそるノートを読み返しました。

4年間で170回近くも書きためていたとは!

 

よく飽きずに続きますね~?という声が聞こえてきそうですが、

”ゆづと一緒”などと思えてきて、結構楽しいのです。

一旦文字にすることで、変なイライラからも解放されました。

 

Reaktion(レアクツィオン)欄に書いてある内容をたどっていくと、

「質問が聞き取れなかった」

「うまく答えられなかった」

が繰り返され、ある時を境にパッタリなくなります。

 

次第に、

「質問を想定し、答えを考えておいた」

笑いをとった」

「ネイティブの先生が興味をもってくれた」

「自分の経験に頼らず、公式の統計データを使った発表もしなければ」

東京以外のことも発表してみたい」

「実物や図を使ったら分かりやすかったようだ」

「的確な質問が出てよかった」

など、改良したい意志が伝わってきます。

 

ピョンチャンでの金メダル直後の課題は博物館でしたので

”トヨタ産業技術記念館”について発表。

フィギュアスケートのグランプリファイナルを観戦した際に訪ねた場所です。

 

テレビで「過去の自分に励まされる」とも言っていた羽生選手、

こうして振り返ってみると、本当にその通りだと感じます。

 

ノートを始めてちょうど2年後、通訳案内士試験に合格。

ピョンチャンであの金メダルを決めた日には、

仕事の準備で江の島の研修に参加していました。

 

これからもこのノートは続けようと思います。

次に書くのは、羽生選手の目標である4回転アクセルが成功した時ですね。

その日が来るまで私も努力を継続します。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

2本のドイツ映画

今年に入り、続々とドイツ映画が公開されています。

でドイツ語を楽しむよい機会ですので、私も観てきました。

 

映画鑑賞の際のルーティンは、

よく出てくる言葉で知らない単語の発音を覚えておき、

帰宅してから調べることです。

今回はどの単語だったでしょうか?

 

『はじめてのおもてなし』

全員に問題あり!なハルトマン家。

そんな家で難民の青年を受け入れることにし、人々が右往左往します。

ラストではさまざまな伏線を回収し、無事おひらきに。

膨大なセリフをコンパクトにまとめた字幕も面白かったです。

 

この映画では、s Exil=亡命 がよく出てきました。

 

『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』

実話をもとにした青年の話です。

95%の視力を失いつつも、ホテルで働きたいという夢を叶えるため、

目のことを隠して研修コースに参加します。

持ち前の頭の良さと、チャラいが人情ある友人に助けられ・・・。

さて、結末はいかに?

 

Netzhautablösung=網膜剥離 が何度も出てきました。

 

また、青年はスリランカのシンハラ人の血を引いているため、

Singhalesischがよく出てきました。

昨年、スリランカ旅行についてドイツ語でまとめた際に覚えた単語です。

 

どちらの映画も字幕翻訳は吉川美奈子さん。

これからもドイツ語映画の公開を楽しみにしております!

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

健康診断終了

今日の午前中は健康診断でした。

血圧測定や腹囲、血液検査など少なめの項目でしたが、

準備万端?で臨みました。

 

まずは月曜日に骨盤運動

ヨガマットに寝て、先生の指示に合わせて運動します。

冬は特に、体の中から温まり、

そのポカポカぶりが持続するのが心地よいです。

 

火曜日と水曜日は禁酒

食事も薄味の魚の煮付けや納豆などにしました。

甘い物も揚げ物もしばらくお預けです。

 

そしていよいよ当日木曜日を迎えました。

骨盤運動では、

「お腹に力を入れて引き締めましょう」

とよく言われます。

それが思いがけず役に立ったのが腹囲の測定です。

 

測定前からお腹を引き締め、骨盤を立てた状態で測っていただきました。

なんとか昨年と同じぐらいの結果を出すことができ、無事終了。

普段の生活でも、引き締めて過ごすといいのでしょうねぇ。

 

健康診断後は、ずっと楽しみにしていたとんかつ定食を食べました。

おやつ用にチョコレートのついたパンを買ってあります。(^m^)

夜はビールを飲むぞ~。 

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

梅咲く鎌倉と江の島へ。

土曜日、鎌倉と江の島の通訳案内士研修に参加しました。

 

前日のフィギュアスケート男子のショートで浮かれすぎたため、

お金を下ろすのを忘れてしまいました。

よって、所持金3000円での研修受講です。

(主な移動はPASMOを利用、オートチャージでよかった・・・)

 

今回は、全国を飛び回る経験豊富な講師の講義を聴きながら、

長谷寺、高徳院、鎌倉山、

懸垂式のモノレールで江の島のヨットハーバーと江島神社を訪問しました。

 

長谷寺

Dscn1285  

 

がきれいに咲いていました。

Dscn1291  

 

Dscn1303  

 

名物の”お寺から見る海”も撮影しましょう。

Dscn1294  

 

高徳院

Dscn1308  

見学中にも観光客が続々と到着!

 

鎌倉山から江の島が見えました。

島には神社、和洋折衷庭園、展望灯台などがあります。

Dscn1312  

鎌倉山にはおしゃれで高級なレストランが点在していました。

豪華ランチになったら本当に困る・・・と思いながら、

冷や汗をかきつつ、歩いていました。

 

なんとかクリアし、モノレールで江の島へ。

利用したモノレールの駅ではPASMOが使えず!>_<

現金で切符を買いました。

 

ヨットハーバーの近くで昼食。

千円でお釣りが来ました。・・・ああよかった。

Dscn1320  

案内の経験値の高い方たちと一緒のテーブルを囲み、

いろいろな話を伺い、励まされもしました。

 

このヨットハーバーは、

2020年東京オリンピックのセーリング会場になるそうです。

Dscn1324  

 

少し歩いて江島神社へ。

青銅の鳥居をくぐり、細い道を進みます。

Dscn1325  

 

沿道に はろうきてぃ茶寮 発見!京都にもありますね。

Dscn1328  

 

朱の鳥居に到着。なんだかすごい階段の予感です。

Dscn1330  

 

いいなーー、エスカー(有料エスカレーター)に乗りたいなーー。

Dscn1332  

研修では階段を使いました。

現金がわずかだったので助かりましたが・・・。

 

のぼった先には、様々なお宮や社(やしろ)があり、興味深かったです。

 

最後に和洋折衷庭園も外からちらっと拝見。

ウィンターチューリップが咲いていました。

Dscn1340  

 

ユーモアあふれる講師の話には

実践でも使えそうな内容が取り入れられ、充実した一日となりました。

 

歩数は約二万歩で、足首がガクガクです。

お茶でも飲んで帰りたいところでしたが、フトコロ事情により割愛。

名物の鯵の押し寿司も買えず、土産なしで帰宅したのでした。

財布の中身を確認してから出かけましょう~。

| | コメント (2)

2018年2月18日 (日)

祝☆連覇

週末の金土はオリンピックの男子フィギュアスケートで盛り上がりました。

生放送を見られた方も多かったのではないでしょうか。

私もソチオリンピックでにわか羽生ファンになり、早いもので4年経ちます。

 

金曜日はハケンの仕事の勤務日を調整し、

自宅でショートプログラムをリアルタイム観戦しました。

技が決まるたび、一人拍手状態。

 

土曜日は、神奈川県の江の島で快挙を知りました。

当初は自宅でフリーを観戦するため、丸一日空けていたのですが、

どうしても受けておきたい研修と重なってしまい、出かけていたのです。

 

遅めの昼食どきに羽生選手の金、宇野選手の銀が決まり、

研修参加者も一瞬、「わぁーーーっ!」となりました。

男性陣が感激していたのも印象的です。

多くの人が関心を寄せていたのだと実感しました。

 

数々の困難を乗り越えて手にした二度目のオリンピック金メダル、

羽生結弦選手の快挙を心よりお祝い申し上げます。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

空腹時に飲む薬

今年も花粉症に備え、耳鼻科に行きました。

花粉症の薬もいろいろと開発されているようで、

今年はビラノアという錠剤が処方されました。

 

今まで飲んでいた薬は食後飲むタイプのものばかり。

しかし、このビルバオは1日1回、空腹時に飲まなければなりません。

 

空腹時。

 

このタイミングのとり方がなかなか難しいのですね。

就寝前もおすすめだそうですが、

食事時間が23時になったり、飲酒したりで

あまり空腹という感じがしません。

 

薬を飲んだ直後に食事をするのもダメなので

今のところ、昼食と夕食の間に飲むようにしています。

 

んーーーー。

薬を飲んだ後に気が緩んで、うっかり何かを食べてしまいそうです。

 

さぁて、薬の効果はいかに?

スギとヒノキにはお手柔らかにお願いしたいものです。

| | コメント (2)

2018年2月12日 (月)

今年もテーブルウェア・フェスティバルへ。

先週、仕事帰りに東京ドームのテーブルウェア・フェスティバルに行きました。

毎年行っているので、おおよその見学順路などが決まっています。

きれいな器、テーブルセッティングをたくさん見てきましたので、

写真をお楽しみください。

 

琉球ガラス村の食器。

を思わせる青に吸い寄せられました。

ザザザーー、ザザザーー。(波の音)

Dscn1234  

Dscn1233  

 

益子焼と笠間焼の特集企画もやっていました。

 

益子焼には、茶色く分厚いといったイメージをもっていましたが、

こちらのデザインは、自宅でも使いやすそう。(えのきだ窯)

Dscn1265  

 

茨城県の笠間焼。(原陶工房)

Dscn1271   

カレーライスにするか、オムレツにするか???

勝手に悩んでしまいました。(^^ゞ

 

 

Noritakeのティーセット。さすが、上品な白です。

Dscn1274  

 

大倉陶園の”黒柳徹子様 オリジナルディナーセット”

Dscn1283  

 

続きまして、テーブルセッティングの数々です。

 

有名人による食空間提案のコーナーより、小倉優子さんの作品です。

Dscn1268  

見学の人々が、テレビでのイメージと比べて

「あらーー、らしいわねぇ~」と納得する出来栄えとなっていました。

 

コンテストの出品作品も見て歩きました。

さまざまな芸風がある中、好みの作品を撮影しましたよ~。

 

長崎県の方の作品。

夏の終わりのランチタイム・・・なるほど、涼しげです。

Dscn1246  

 

岡山県の方の作品。そばを楽しむセッティングだそうです。

Dscn1249  

 

東京都の方の作品。天ぷらとそうめんですね。

Dscn1251  

 

テーブルクロスの色も大事なのですね。

器の上にのった料理を想像しながらおいしく見学しました。

 

 

最後に、大賞・経済産業大臣賞受賞作品をご紹介します。

広島県の方の『初端午を迎えて』。

実際に見ても、インパクトのあるテーブルセッティングでした。

Dscn1261_2  

 

この後、展示販売コーナーで波佐見焼や織部焼を手に取り、

あーでもない、こーでもない、と楽しく器とふれあいました。

また一年後、食器棚を整理して伺いたいと思います。

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

Dominique Bouchet Tokyo

先日、くらげちゃんと季節の豪華ランチに行きました。

今回は、銀座一丁目のDominique Bouchet Tokyoです。

 

閑静な場所にあるお店は、アットホームな雰囲気でした。

正確な料理名は覚えられなかったのですが、おおよその内容を記します。

 

最初の料理は指で直接いただきます。

(写真がぼやけたため、小さくしてあります)

Dscn1215  

 

ズワイガニのブランマンジェ

Dscn1218  

「イクラとラディッシュの食感をお楽しみください」とのことで

やわらかいズワイガニとイクラのプチプチ感を味わいました。

 

帆立の一品。

Dscn1220  

どの料理にも野菜がよい存在感を出しています。

 

メインは肉と魚から選べます。私は好物のアンコウ。

Dscn1223  

外側にパプリカと塩がまぶされています。(辛くはない)

カリフラワーもとてもきれいですねぇ。ソースと絡めていただきました。

 

くらげちゃんは豚と鴨肉のパイ包み焼き。

Dscn1222  

春の庭のような盛り付けです。

 

アイスクリームとリンゴとシナモンのデザート。

Dscn1227  

ナッツとシナモンとリンゴの酸味、どれもが好みでした!

 

さらに、飲み物とこちらの小菓子がつきます。

Dscn1229 

とても小さいのですが、それぞれ個性がありました。

一番左のショコラケーキの苦み

真ん中と右端の酸味などが印象に残っています。

 

こちらのレストランには日本語の堪能なフランス人もテーブルを担当し、

モネゴーギャンの話などをしました。

食事だけでなく、こうした話題ができたこともよい思い出です。

 

また、この日は天気予報よりもずっと早い時間にが降り始め、

くらげちゃんも私も傘を持たずに雨の中をお店に向かいました。

帰りには、そんな私たちにお店からの配慮があり、

傘を差しながら、あわてずに駅に移動できました。

 

くらげちゃんとは年に2,3回ペースで会っていて

前回からの続き物のように話をしています。

おかげさまで優雅な時間となりました。どうもありがとう。(^-^)

| | コメント (2)

2018年2月 3日 (土)

海鮮恵方巻

2月3日、節分の日の夜は恵方巻をいただくことにしています。

毎年行く魚屋さんの恵方巻は、

長さや太さ、具のバリエーションが年々増えている気がします。

 

今年は本マグロ入りの長いお寿司にしました。

Img_20180203_185305  

切ってみたら、輪切り6切れと端が2切れになりました。

新鮮な魚とカリッとしたきゅうりの食感のバランスが絶妙です。

 

それにしても、恵方巻コーナーは大混雑!!

なかなかお寿司のパックに近づけないでいるところに

85歳ぐらいのご夫婦を見かけました。

 

チラシで初めて”恵方巻”の存在を知ったらしく、

その写真があまりにもきれいでおいしそうだったので

わざわざ買いに来たようでした。

 

人混みにもめげず、仲良く楽しそうに選んでいました。

こんな風に年をとっていけたらいいなぁと思った節分でした。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »