« 海鮮恵方巻 | トップページ | 今年もテーブルウェア・フェスティバルへ。 »

2018年2月 5日 (月)

Dominique Bouchet Tokyo

先日、くらげちゃんと季節の豪華ランチに行きました。

今回は、銀座一丁目のDominique Bouchet Tokyoです。

 

閑静な場所にあるお店は、アットホームな雰囲気でした。

正確な料理名は覚えられなかったのですが、おおよその内容を記します。

 

最初の料理は指で直接いただきます。

(写真がぼやけたため、小さくしてあります)

Dscn1215  

 

ズワイガニのブランマンジェ

Dscn1218  

「イクラとラディッシュの食感をお楽しみください」とのことで

やわらかいズワイガニとイクラのプチプチ感を味わいました。

 

帆立の一品。

Dscn1220  

どの料理にも野菜がよい存在感を出しています。

 

メインは肉と魚から選べます。私は好物のアンコウ。

Dscn1223  

外側にパプリカと塩がまぶされています。(辛くはない)

カリフラワーもとてもきれいですねぇ。ソースと絡めていただきました。

 

くらげちゃんは豚と鴨肉のパイ包み焼き。

Dscn1222  

春の庭のような盛り付けです。

 

アイスクリームとリンゴとシナモンのデザート。

Dscn1227  

ナッツとシナモンとリンゴの酸味、どれもが好みでした!

 

さらに、飲み物とこちらの小菓子がつきます。

Dscn1229 

とても小さいのですが、それぞれ個性がありました。

一番左のショコラケーキの苦み

真ん中と右端の酸味などが印象に残っています。

 

こちらのレストランには日本語の堪能なフランス人もテーブルを担当し、

モネゴーギャンの話などをしました。

食事だけでなく、こうした話題ができたこともよい思い出です。

 

また、この日は天気予報よりもずっと早い時間にが降り始め、

くらげちゃんも私も傘を持たずに雨の中をお店に向かいました。

帰りには、そんな私たちにお店からの配慮があり、

傘を差しながら、あわてずに駅に移動できました。

 

くらげちゃんとは年に2,3回ペースで会っていて

前回からの続き物のように話をしています。

おかげさまで優雅な時間となりました。どうもありがとう。(^-^)

|

« 海鮮恵方巻 | トップページ | 今年もテーブルウェア・フェスティバルへ。 »

コメント

お品書きなしでありながら、
メニューをしっかり覚えてますね~
さすがようこさんですねgood

食べてしまうととすぐ忘れてしまうのですが、
もう一度こちらで見ると綺麗で美味しい
お料理ばかりだなぁと改めて感じますrestaurant

あんこうの外側のパプリカの色合いが良いですね。
ワタクシはパイ包み焼きが大好きなので、
出会えれば必ず選びますconfident
お互い好物のメインディッシュを楽しめて何よりです。

ロゴ入り傘は嬉しいサービスでしたねsprinkle
お店からのお土産の塩は使ってみましたか?

とのお料理もOKですが塩だけ舐めても美味しいので、
シンプルに目玉焼きやゆで卵にこの塩をかけても
美味しく頂けます🍳

ワタクシは葉物にプチトマト、アボカドを並べ
オリーブオイルにこの塩をパラパラかけて
食べるのがお気に入り、シンプルながら
美味しいサラダになります🍅
色々試してみてねwink

また春にでも美味しいお食事して、
続きもののお話もしましょうhappy01

投稿: くらげちゃん | 2018年2月 7日 (水) 02:17

>くらげちゃん
料理名を聞いた時に、とても覚えられないと思いつつ、
なんとかひねり出しました。
帆立は、ソテーなのかグリルなのか思い出せず、
「帆立の一品」となりましたsweat01

フランス料理のレストランでアンコウが出てくるとは驚きでした。
パプリカのような洋風な素材とも合うんですねー。

たまたまものすごく久しぶりに生協で卵を買ったので、
ゆで玉子にしてお土産の塩を使います!

それにしても、予報より早い雨降りでしたね。
何度となく行ったランチでも、
このようなパターンは初めてでしょうか。
なかなか行かれないレストランの傘はよい記念になりました。

投稿: ようこ | 2018年2月 9日 (金) 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海鮮恵方巻 | トップページ | 今年もテーブルウェア・フェスティバルへ。 »