« スリランカ旅行記 五日目その3(ランボ田の滝) | トップページ | スリランカ旅行記 五日目その4(紅茶工場) »

2017年11月 5日 (日)

第56回 遊史郎の落&P

旅行記の途中ではありますが、落語とピアノの会のご報告です。

 

三連休の初日、11月3日(金・祝)に高円寺Grainにて

第56回落&Pを開催いたしました。

今回も常連さんや久しぶりにご参加の方で盛況となりました。

 

私のピアノ『もみじ』から始まり、秋の音楽、

そして、落語「やかんなめ」の前のコラボ曲として

『ポリーちゃんやかんをかけて』を弾きました。

楽譜が手に入らなかったため、どうやって弾けるようにしたかなどの話をしました。

 

いよいよ、三遊亭遊史郎師匠の「やかんなめ」

とある激痛を止めるために、やかんをなめるのが効果的なのだが、

あいにく、やかんのない場所で激痛が発生してしまった。

そこへ、頭がやかんのようにツルっとした偉い人が現れ・・・。

 

ユーモアと人間味あふれる噺に、お客様たちから楽しそうな笑いがおきます。

 

休憩時間をはさみ、後半はフォスターの名曲集、

そして落語「子別れ」とのコラボ曲として、

ブルクミュラーの『別れ~再会』を選曲しました。

 

奥さんと子供と離れ離れになった夫、まだ家族に未練はある。

そんな時、子供とバッタリ会い、後日うなぎ屋さんでごちそうする約束をする。

さて、元の奥さんはどうふるまうか?

 

笑えるし、心にも染み入るし、落語の面白さが詰まった噺だと思います。

 

温かい笑いに包まれた会場は、皆さん優しい顔になっていました。

 

終演後は遊史郎師匠を囲んでいろいろとお話しできます。

落語に関する質問から、小笠原諸島に行った話まで大いに盛り上がりました。

ご来場並びに会の進行にご協力ありがとうございました。

 

これからもがんばって続けていきますので、応援をよろしくお願いいたします。

 

三遊亭遊史郎師匠

Yushiro  

|

« スリランカ旅行記 五日目その3(ランボ田の滝) | トップページ | スリランカ旅行記 五日目その4(紅茶工場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカ旅行記 五日目その3(ランボ田の滝) | トップページ | スリランカ旅行記 五日目その4(紅茶工場) »