« スリランカ旅行記 六日目その1(ゴールはゴール) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その1(ゴールの旧市街と要塞) »

2017年11月11日 (土)

スリランカ旅行記 六日目その2(ルームチャージ)

スリランカ旅行、最後の夜がやってきます。

 

ホテルのレストランでは、夕方のハッピータイムをやっていたので

お得に生ビールを飲みました。

Dscn0748_2  

 

6泊8日の旅では、5か所のホテルに泊まりました。

どこのホテルのレストランでも、ウェイターの若者たちが日本人を珍しがり、

英語で話しかけてきました。

 

他のホテルですが、目のクリッとしたウェイターさんが、

「お父さんが日本人。東京に行ったことがある」と話していました。

 

他にも、

「スズキのバイクに乗っているよ!」

「日本、東京に行ってみたい。高いビルがいっぱいあると聞いている」

などと話す若者がいて、親日ぶりを体感しました。

 

英語圏の方たちのように流暢な英語ではないため、

我々夫婦のビミョーな英語はとても分かりやすかったのかもしれません。

 

ビミョーといえば、

ようこ夫がこの生ビールをルームチャージにしようとした時のこと。

"Could I...ナントカカントカ?"

などと丁寧の助動詞を使って聞くものだから、通じませんでした。

 

私が、

"Room charge OK?"

と聞いたらすんなり通じたものだから、ようこ夫がすかさず、

翻訳サイトでいかに自分の英語が正しいかを調べ始める始末。(^^ゞ

そんなにムキにならなくても・・・。

couldが通じなかったのでは?という私の分析には耳も貸さないのでした。

 

スリランカのホテルで働く皆さん、楽しい英会話をありがとうございました!

 

(次は七日目、世界遺産 ゴールの旧市街と要塞)

|

« スリランカ旅行記 六日目その1(ゴールはゴール) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その1(ゴールの旧市街と要塞) »

コメント

ようこさんご夫妻のやり取り、何とも微笑ましいですね~happy01

ようこさん、ご主人様どちらの言い分もよく分かります。
ワタクシは通訳は夫任せなのでワタクシが英語を発する機会は少なく、
夫が主にやってますが、夫はどちらかと言えばようこさんのような
話の仕方をすることが多いかな。

夫自身はそれほど英語が得意ではないことや、旅先でもあることから
単語を並べて通じればOKと考えているようですcoldsweats01

こちらのエピソードを踏まえると、英語圏かそうでないかで話し方を
使い分けると良いんでしょうかね?

ご主人様は日本でも外国でも丁寧な言葉遣いで話すお心がけのようで、
素晴らしい事だと思いますup

現地の皆さんの親日ぶりも分かり和やかなひと時でしたねconfident

投稿: くらげちゃん | 2017年11月12日 (日) 02:43

>くらげちゃん
くらげちゃんもいろいろなところを旅しているから、
旅先での英語力もまちまちでしょうね。
わーい、ご主人様は私と似ているようですね!!

英語圏だと、きちんとした文章で話した方がエレガントでしょうねぇ。
英会話教室に通っていた20年ぐらい前が英会話のピークだったと思いますsweat02
まぁでも、今回若い方たちとお話しできて楽しかったです。

夫は現地の挨拶などもすぐ覚えて旅先で使っています。
私はタヒチのIAORANAという挨拶が覚えられなかったので
いまだに家で笑われています。

投稿: ようこ | 2017年11月14日 (火) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカ旅行記 六日目その1(ゴールはゴール) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その1(ゴールの旧市街と要塞) »