« スリランカ旅行記 六日目その2(ルームチャージ) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その2(宝石店にて) »

2017年11月12日 (日)

スリランカ旅行記 七日目その1(ゴールの旧市街と要塞)

スリランカ旅行七日目、この日は大忙しです。

午前中にゴールを観光後、120キロ離れたコロンボに移動、

ショッピングなどをしたのち、19:15の飛行機に乗って帰国します。

 

スルーガイドとして長旅に付き合ってくださった

ガイドさん、ドライバーさんとのお別れも近づいています。

ホテルを出発前に4人で記念撮影をしました。

 

さて、世界遺産6か所目は”ゴールの旧市街と要塞”です。

砦(とりで)の内側に旧市街があり、

ポルトガル、オランダ、イギリス統治時代の建物が残っています。

徒歩と、一部区間トゥクトゥクという乗り物で観光しました。

 

このマークもヨーロッパの香りがしてきます。

Dscn0758  

Dscn0761  

 

 

Dscn0763  

 

この看板は観光客のためのものですね。

3か国語で書かれており、3番目はドイツ語です。

Dscn0765  

 

小高い丘に登りました。

Dscn0767  

 

ガイドさんの後姿

Dscn0768  

 

こちらは歴史的建造物をお店として利用しているようです。

Dscn0772  

 

1927年の建物

Dscn0773  

 

オレンジ色の屋根と海のコントラストが素晴らしいです。

Dscn0776  

 

メインストリート

Dscn0778  

 

灯台

Dscn0785_r1_2  

 

建造物には年代が刻まれていることが多かったです。

Dscn07792  

 

左側の白い建物は教会を改装したモスクだそうです。

Dscn0787  

 

トゥクトゥクより撮影。奥に砦の入口が見えます。

Dscn0795  

 

オランダ改革派教会

Dscn0797_r1  

茶色い看板には、シンハラ語、タミル語の他、

DUTCH REFORMED CHURCH -GALLE

De Nederlands Hervormde Kerk, Galle

と書いてあります。

 

中の見学もできました。オランダ語が刻まれています。

Dscn0800  

 

こちらは図書館、ESTABLISHED IN 1832。

Dscn0801  

 

この辺りで雲行きが怪しくなり、ガイドさんがドライバーさんに連絡して

傘を持ってきてもらいました。

 

郵便局。赤いポストがちらっと見えます。

Dscn0807  

ガイドさん、傘を持ってきたドライバーさんも一緒に中に入り、

郵便グッズを見せてもらいました。

私たちはセイロンデザインの記念切手をお土産に買いました。

 

オール・セインツ教会

Dscn0809  

 

旧市街は、もう少し滞在時間が長くてもよかったなぁと思いました。

またいつかスリランカに来ることがあれば、

お茶でも飲みながら、ゴールをもう一度散策してみたいです。

 

ところで、6泊8日の旅で雨が降ったのは、旧市街での10分間ほどでした。

ようこ夫の晴れ男パワーは侮れません。

 

これを以て、スリランカの世界遺産6か所の観光が終わりました。

お好みの場所があれば幸いです。

 

(次は、スリランカ名産の宝石)

|

« スリランカ旅行記 六日目その2(ルームチャージ) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その2(宝石店にて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカ旅行記 六日目その2(ルームチャージ) | トップページ | スリランカ旅行記 七日目その2(宝石店にて) »