« スリランカ旅行記 二日目その5(ホテル) | トップページ | スリランカ旅行記 三日目その1(シギリヤ博物館) »

2017年10月10日 (火)

【受験レポート】総合旅行業務取扱管理者試験

3連休の中日、10/8(日)に総合旅行業務取扱管理者試験を受けました。

旅行業界においては有名な試験で、昨年の国内に続いての挑戦です。

 

Examination  

 

昨年合格した国内旅行業務取扱管理者の科目免除を利用し、

今年は約款、海外旅行実務が受験科目となりました。

 

この海外旅行実務の範囲が広くてビックリ!

運よくスリランカ旅行直前に研修が開催され、

国際航空運賃、出入国法令、海外地理、実務は講義と演習で学びました。

英語は・・・、日頃の語学好きの力で乗り切ることに。(^^ゞ

 

約款は40分で30問(ギリギリ)、海外旅行実務は80分で52問解きました。

すべてマークシートです。

 

海外旅行実務は解く分野の順番がポイントとなります。

私は暗記物が苦手なので先に済ませるため、

海外地理(5分の予定がマークに時間がかかり10分消費)→出入国法令(10分)

→実務(10分)→英語(22分)→国際航空運賃(28分)

の順で解答しました。

 

最も得意と感じたのは実務で、

空港や都市の3レターコードを答えたり、

配布された資料から英語ベースの時刻表を読み取ったり、

乗り継ぎ便のMCT(Minimum connecting times)を算出します。

 

この分野のみ、満点を狙っていましたが、

クルーズ用語の問題にひっかかり、残念ながら1問落としてしまいました。

 

そして、最も心配していたのは

暗記の要素の強い海外地理で、時間をかけて準備しました。

 

旅行会社でいただいたパンフレット。

分かりやすい地図と美しい写真にお世話になりました。

ありがとうございました。

Img_20171009_231250  

 

行ったことがあれば即答できるこの分野、

行ったことのない国については、もう本当に大変でした。>_<

 

紙ベースだけでなく、

ようこ夫が撮りだめたテレビ番組『にじいろジーン』の旅コーナーを

約6時間かけてまとめ見したことで、より理解が深まりました。

 

最後になりましたが、現在旅行記を書いているスリランカからは、

出入国法令の分野にて、

「スリランカで買った紅茶を日本に持ち込んでよいかどうか」

が出題されました。

空港で買った紅茶を思い浮かべながら〇にしました。

(法令上、製茶は持ち込みOKです)

 

試験直後は疲労のあまり頭がガンガンしたものの、ようやく落ち着きました。

今年の受験は以上で終了です。

 

それではまた、スリランカ旅行記をよろしくお願いします。

|

« スリランカ旅行記 二日目その5(ホテル) | トップページ | スリランカ旅行記 三日目その1(シギリヤ博物館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカ旅行記 二日目その5(ホテル) | トップページ | スリランカ旅行記 三日目その1(シギリヤ博物館) »