« いわきでの宴会 | トップページ | 茨城のごちそう »

2017年8月25日 (金)

袋田の滝

いわきでの宴会の翌日、ようこ夫と袋田の滝に移動しました。

滝近くの温泉宿に一泊します。

 

袋田の滝は3回目ぐらいで、天気もどうにか持ちこたえる中、見学できました。

 

第1観瀑台から白いエプロンを撮影しています。

Img_20170818_150400_r1  

水量が多く、ものすごい音でした。このあたりの気温は約22度!

 

エレベーターで第2観瀑台へ。

滝の上の方が見えました。もきれいでした。

Img_20170818_151031_r2  

滝の長さは120メートル、幅は73メートルとのこと。

 

斜め横から見ると・・・。

Img_20170818_151821_r2  

 

冬になると滝が凍るそうなので、一度見たいのですが、

雪道の運転を嫌がるようこ夫が同意してくれなくて困っています。(^^ゞ

(水郡線袋田駅から徒歩40分ならOKだそうです)

 

滝見学の後は、あちこちで売られている鮎の塩焼きを買いました。

歯の問題はあったものの、頭から尾まで全部いただきましたよ~。

Img_20170818_153140  

ちなみに、袋田の滝の入場料は300円、鮎の塩焼きは400円でした。

 

華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三名瀑、次は冬希望です。

|

« いわきでの宴会 | トップページ | 茨城のごちそう »

コメント

勢いよく落ちてくる滝と比べてこちらは繊細な感じ、
ホントに白いエプロンのような景色ですね。
これこそ天然のクーラーでお写真見てても涼しい雰囲気が伝わってきますconfident

雪の中での運転はやはりご主人様が二の足を踏まれてしまいますかね~
チェーンをつけたり、スリップ事故とかにも気を付けないといけませんからね~danger

もし行く事があったら夏の滝と比較できますね。
鮎も美味しそうnote私も塩加減の良い鮎が好きです🐟
ところで歯医者さんの方は如何でしたか?

投稿: くらげちゃん | 2017年8月27日 (日) 01:38

>くらげちゃん
段のある滝を見ていると、水の流れがとても面白いです。
まさに天然のクーラーで、体も休まりましたclover

雪道ドライブを無理強いして何かあっても困るので
一人で列車の旅をしないといけないかもしれませんsweat01

次の記事に鮎の塩焼き2匹目の写真を載せました~。
歯のことも書いておきました。
咬み合わせがいかに大事か思い知りました・・・。

投稿: ようこ | 2017年8月28日 (月) 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわきでの宴会 | トップページ | 茨城のごちそう »