« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

映画『少女ファニーと運命の旅』

映画業界の方からのおすすめで、

『少女ファニーと運命の旅』

を観に行きました。

日比谷シャンテ近くのTOHOシネマズシャンテで上映されています。

 

舞台は1943年のフランス。

ナチスドイツから逃れるため、

スイスの国境を目指すユダヤ人の子供たちの物語です。

大人と一緒に逃げるはずが、はぐれてしまい、

やむを得ず、ファニーという少女がリーダーとなってスイスに向かいます。

 

ハラハラドキドキするシーンだけでなく、動きの面白いカメラワーク、

緑の濃いフランスの美しい景色、壮大な音楽なども良かったです。

 

言語はほとんどフランス語ですが、ドイツ兵はドイツ語を話します。

子供たちはフランス語だけを理解するという設定だからでしょうか、

ドイツ語には字幕が出ないという面白いつくりになっていました。

(もっと速く走れ!といったセリフが耳に飛び込んできました)

 

キャスティングもぴったりで、

キャラの立った子供たちはもちろん、

意気地なしのイケメン青年、寡黙な農家の主人など、

数少ない大人の登場人物がインパクトを残します。

 

また、子供たちはただひたすら逃げるだけでなく、

無邪気に水遊びをする場面ではほっとしたりも。(^^)

 

さて、スイスにはたどり着くのか?

ご家族で観ても心温まる作品だと思います。

| | コメント (2)

2017年8月28日 (月)

茨城のごちそう

袋田では、滝の近くにある”思い出浪漫館”に宿泊しました。

内装がきれいなホテルでした。

 

血の巡りがよくなって歯痛が出ると困るため、

せっかくの温泉はごくごく短時間に・・・。

 

さて、夜はレストランにて、お楽しみのコース料理です。

茨城の素材もいろいろと使われています。

 

先付と季節の旬菜

Img_20170818_175519_2  

豆をかたどった器が欲しくなりました。

 

天ぷら

Img_20170818_180416_3  

揚げたてのさくさくが何よりのぜいたくです。

 

お造り

Img_20170818_181342_2  

おちょこに入っているのは、地元のコンニャクです。

 

鮎の塩焼き

Img_20170818_184324_2  

ほどよい塩加減が上品でした。

 

地酒の飲み比べも注文しました。茨城はお酒がおいしいのです。(^^)

Img_20170818_184946_3  

 

常陸ポークと常陸牛のお野菜蒸し 胡麻ポン酢

Img_20170818_184951_2  

ゆっくりと蒸された肉や野菜たち。

蒸すと野菜の甘みが引き出されるのですね~。

常陸牛はやわらかくて溶けるようでした。

 

冷し煮物

Img_20170818_185515_2  

ひんやりとした野菜で料理をしめくくります。

 

ご飯とみそ汁は、セルフサービスで取りに行きました。

好きな時に好きな量、というのも満足感があります。

 

デザート 葛切りと季節の果実

Img_20170818_192102_2  

歯に優しい果物たちでした。ビタミン補給!

 

心配された歯痛も、薬が効いたようで

茨城のごちそうを無事、おいしくいただくことができました。

 

今度は体調万全で温泉と料理を楽しみたいです。(^^ゞ

 

---

後日、歯科で診てもらったところ、

初夏に治療した歯の咬み合わせが少し合っていないとのこと。

強い力がかからないよう調整してもらったら、すごく楽になりました。

お騒がせいたしました・・・。

 

以上、3回にわたって

いわき帰省と袋田の滝(と歯痛)についてお届けしました。

お付き合いありがとうございました。

| | コメント (2)

2017年8月25日 (金)

袋田の滝

いわきでの宴会の翌日、ようこ夫と袋田の滝に移動しました。

滝近くの温泉宿に一泊します。

 

袋田の滝は3回目ぐらいで、天気もどうにか持ちこたえる中、見学できました。

 

第1観瀑台から白いエプロンを撮影しています。

Img_20170818_150400_r1  

水量が多く、ものすごい音でした。このあたりの気温は約22度!

 

エレベーターで第2観瀑台へ。

滝の上の方が見えました。もきれいでした。

Img_20170818_151031_r2  

滝の長さは120メートル、幅は73メートルとのこと。

 

斜め横から見ると・・・。

Img_20170818_151821_r2  

 

冬になると滝が凍るそうなので、一度見たいのですが、

雪道の運転を嫌がるようこ夫が同意してくれなくて困っています。(^^ゞ

(水郡線袋田駅から徒歩40分ならOKだそうです)

 

滝見学の後は、あちこちで売られている鮎の塩焼きを買いました。

歯の問題はあったものの、頭から尾まで全部いただきましたよ~。

Img_20170818_153140  

ちなみに、袋田の滝の入場料は300円、鮎の塩焼きは400円でした。

 

華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三名瀑、次は冬希望です。

| | コメント (2)

2017年8月22日 (火)

いわきでの宴会

今年の夏の帰省は、

いわきに一泊したのち、茨城の袋田の滝に一泊しました。

いわきではようこ夫の実家ではなく、

近くの温泉センターの宿泊施設を利用しました。

宴会プランもあるので、参加者全員が食事の用意を気にせず楽しめる計画です。

歯痛を抱える私は、ただただ痛みが出ないことを願うばかり・・・。

 

今回は、パーティールームを使わせてもらいました。

広い部屋にテーブルと椅子、ちょっとした舞台とカラオケがあります。

飲み物は飲み放題。自分たちで適宜水割りなどを作ります。

 

フルメンバー11人の宴会となったわけですが、

いやーーー、なんと盛り上がったことか。

 

おねえちゃん姪といもうと姪は、次々とカラオケで熱唱。

ようこ夫の父も途中からカラオケに加わり、意外な一面を見せました。

 

ようこ夫の母は、この集まりでハイボール(ウイスキー+炭酸水)を知ったらしく、

「ようこさん、飲んでね」

と、ほどよい配合のハイボールを2杯いただきました。

 

来年小学校に上がるのんのん姪は、歌に合わせて踊るのが好きなようで

マラカスやタンバリンを持って、私と一緒にダンス、ダンス。

 

大学院生の甥も京都から帰省し、

直前に行ったロシア旅行の話をしたくてたまらない様子でした。

事前に勉強しておいたロシア語が役に立ったそうで

言葉が通じる楽しさについて、意気投合しました。

 

ようこ夫の気配がないと思ったら、姉や兄と近況を語っていたようです。

 

めいめい3時間の宴会を楽しんだ後は、部屋での二次会です。

姪ままは近況を話し、

おねえちゃん姪は高校の化学のワークブック、

いもうと姪は、中学校の日本史の問題集を取り出して

夏休みの宿題を始めました。

 

成り行きで、甥は化学担当、私は日本史担当となり、

解答に詰まると、ヒントを出したりして夏休みの宿題を手伝いました。

思い起こせば3年前、通訳案内士の試験対策で

中学校のワークブックを使って日本史を勉強したものです。

それがここで役に立つとは・・・。

 

2時間以上経ったところで、二次会はお開きとなりました。

さて、歯のこともあるし寝るか、と思ったら、

甥、ようこ夫、私の3人で三次会が始まりました。

 

それまでの話題とは打って変わって、

就職のこと、サラリーマン生活のことなどを語り合いました。

歯ッと気づくと午前1時!

 

昭和のホームドラマのような騒々しさと人情があふれる一家です。

受験や進学などで親戚の集まる機会が減る、という話はよく聞きますが、

むしろ「もっと経験談を聞かせて」という感じがしています。

 

私の歯もどうにかおとなしくしてくれていて

この集まりをドタキャンしなくて良かったと思いました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

お盆と歯痛

日曜日ですねぇ~。

今日でお盆休みが終わりという方も多いかと思います。

ようこ夫は10日間のお盆休みを満喫していました。

 

私は、落&Pに始まり、友人宅でのホームパーティー、

ハケンの仕事、旅行試験の研修、

そして2泊3日の帰省(いわき、茨城)など、盛りだくさんな日程でした。

 

調子がよかったら楽しく過ぎていくところでしたが、

なんと、山の日を過ぎたあたりから歯の根元が痛み出しました。

市販の鎮痛薬も効かず、

頼みの綱の歯科は軒並みお盆休みに入ってしまうという事態に!

 

自分で歯を抜くわけにもいかず、

冷やしたりしてどうにかこうにか診療日を迎え、

花粉症でお世話になっている耳鼻咽喉科に駆け込んで

抗生物質と鎮痛薬をを処方していただきました。

 

数日間、薬を服用したおかげで、帰省を含めたすべての予定を完走≡3

念のため、歯科にも行かなければ・・・。

 

・・・といった感じで、歯のことで頭がいっぱいだった夏でした。(^^ゞ

 

後日、いわきでの宴会、袋田の滝、ホテルでのごちそうなどを

報告したいと思います。

痛そうな話を読んでいただき、ありがとうございました。

どうぞご心配なく!

 

写真は、いわきの畑に育ったスイカ。

Img_20170818_1137322  

 

穫れたてをいただきました。

冷えていなくても、甘くておいしかったです。

やわらかくてにも優しいスイカで栄養補給。(^m^)

Img_20170818_115903  

| | コメント (4)

2017年8月16日 (水)

約款研修

梅雨のように雨が降り、のようにひんやりとした空気の今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか?

 

私は昨年に続き、代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターにて

旅行業務試験に向けた一日研修を受けました。

 

暑くないのは助かったものの、雨はザーザー降り、

「真夏にがんばってます」感ゼロなのも、ちょっと寂しかったりして?(^^ゞ

 

昨年は国内向けの研修に参加し、

国内旅行業務取扱管理者試験に合格しました。

今年は海外も含めた範囲に挑戦します。

 

まずは、昨年も勉強した約款(やっかん)から・・・。

先生の説明を聞いたり、練習問題を解いたり、

時間はあっという間に過ぎていきます。

学生さんも、おじいさんも、中国人もみーんな一緒にがんばります。

忘れていることも多く、しっかり復習しないといかんなーと思いました。

 

さらに、自分向けの今年の重大ミッションとして

遠近両用コンタクトレンズがどれほど有効であるかを調査しました。

 

いやー、いいですねぇ~。

先生の顔もホワイトボードもよく見えるし、手元の問題文もきれいに見えます。

「款」の字がクリアなのには感動すら覚えました。

 

9月には海外向けの研修に参加する予定です。

知らないことだらけで大変そうですが、楽しみでもあります。(^-^)

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

第55回 遊史郎の落&P

連休前夜となる8月10日(木)は、55回目の遊史郎の落&Pでした。

三遊亭遊史郎師匠とのコラボも60回が見えてきました。

そして、高円寺Grainでの開催も11回目となります。

 

今回も二部構成で進めました。

私のピアノは、会始まって以来ともいえるほどお二人参加率が高かったため、

ベートーベンの『君を愛す(Ich liebe dich)』などを演奏。

そして、落語”鈴ヶ森”の前のコラボ曲は、警察ドラマのテーマ曲を弾きました。

 

遊史郎師匠の落語一席目”鈴ヶ森”は、追いはぎの見習い?が、

鈴ヶ森にて、たどたどしく通行人を脅す噺です。

悪いことをしようとしているのに、

ついつい見習いを応援したくなるのはなぜでしょうか。

 

落語の後の休憩タイムには、ギリシャの映画音楽『日曜はダメよ』

夏の風を感じる名曲です。

 

後半のピアノは、日本の海と外国の海の音楽の聴き比べでした。

そして、落語”ねずみ穴”とのコラボ曲はブルース・リーで有名な『燃えよドラゴン』

落語のテーマが火事だったため、「燃える」というキーワードで選曲しました。

 

中華風なメロディーですが、リズムのとり方はラテンだったので

調べてみたところ、アルゼンチン人が作曲したとのこと。

なるほど~。

 

落語”ねずみ穴”は、人生が凝縮された噺で

火事ですべて失ってしまったのか・・・と思ったが、しかし・・・。

という構成自体も工夫された名作だと思います。

お客様が一体となって、話の展開を追う様子が伝わってきました。

 

終演後は、築地のおいしいものをつまみながら、

お客様が遊史郎師匠に感想を伝えたり、質問をしたり、

近況を語ったり、和やかなひとときとなりました。

 

平日開催にも関わらず、お仕事帰りに来てくださったお客様、

夏休みを調整してくださったお客様、ご来場ありがとうございました。

ピアノと落語が身近に感じられ、明日への活力となれば幸いです。

 

大熱演直後の三遊亭遊史郎師匠。

Img_20170810_204152_r1  

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

楽譜がクリアに見える。

雨の予報が出ていた今日、病院でのピアノ演奏でした。

持てる限りの楽譜にビニール袋をかぶせて出発!

 

病院にいた時間帯は晴れていたので、

『オー・ソレ・ミオ』や夏を思わせる映画音楽などを弾きました。

 

雨に遭ったのは自宅手前の50メートルほど。

全力で走りましたよ~~。

(荷物が重かったから???思うように前に進まなかったが)

 

さて、この活動に欠かせないのが、弾きながらの読譜です。

しかし残念ながら、1,2年ほど前から楽譜にピントが合わなくなってきました。

ドなのかラなのか、付点なのかスタッカートなのか、何が何やらで・・・。(^^ゞ

 

このままではピアノに影響が出てしまうので

このたび、こちらの1Day遠近両用コンタクトレンズを導入しました。

Img_20170807_0145202  

さわやかなパッケージ!

眼科で検査を受け、処方箋を発行してもらい、購入することができます。

 

いやーーー、楽譜がクリアに見えて快適、快適。(^o^)

毎日でも使いたいところですが、実は結構なコストがかかってしまいます。

 

当面、眼科に勧められたように

近視用の2weeksコンタクトレンズを併用しながら、

1Dayはピアノ演奏の時に特別に使うことにしておきます。

| | コメント (2)

2017年8月 5日 (土)

miffy手をつなごうフィギュア

8月1日より、日本百貨店協会の限定販売が始まりました。

 

題して、

”東北三県・熊本のお祭り miffy手をつなごうフィギュア”

http://dept-charity2017.com/ ※赤い派手な画面が出ます。

 

お祭りの格好をしたmiffyを買うと、収益金が各被災地に寄付される企画です。

4種類、一個300円で販売されています。(なくなり次第販売終了)

 

Img_20170805_231609_2  

 

組み立てると、かわいいmiffyが4人(匹?)並びました~。

Img_20170805_232157_2  

左から、盛岡さんさ祭り、仙台七夕まつり、福島わらじまつり、山鹿灯籠まつり。

 

私は都内のデパートの案内所で買いました。

最初は福島わらじまつりだけ買うつもりだったのですが、

財布をのぞくと、小銭が200円分しかありません。

 

募金箱のようなものにお金を入れる形式で

案内所の方によると、お釣りを出せず、両替もできないとのこと。

デパ地下で何かを買ってお金をくずすかどうか、少し考えて、

結局1200円で4種類購入しました。

 

夏、お祭りの季節ですね。

miffyを見て、あの日あの時の地震を忘れないようにしようと思います。

| | コメント (2)

2017年8月 2日 (水)

『31st Summer Best Hit Alfee 2017 夏フェスタ』(2017.7.29 横浜アリーナ)

THE ALFEEの夏のイベント、夏フェスタに参加しました。

昨年に続き、会場は新横浜駅近くの横浜アリーナです。

 

あいにくの土砂降りでしたが、駅から屋根付きの通路もあり、なんとか到着。

センター席という、武道館でいうところのアリーナ席の後方より、

いつものコンサート仲間と3人で参加です♪

 

そのステージはファンへの想いにあふれた圧巻の内容でした。

 

5曲目の『Stand Up, Baby --愛こそすべて--』は、

ピッポコピッポコしたリズム感が好きで

アルフィーの曲人気投票で一票を投じたことがあります。

生で聴けてうれしい~~。(^o^)

 

カリフォルニアを旅したことを思い出させる、さわやかな『Bridged to the Sun』。

伸びやかな桜井さんの声にぴったりだと、改めて思いました。

 

現在出演中の住宅のCMの曲も、重厚なハーモニーでした。

意表をついた生演奏だったからか、会場は大爆笑です。

 

『真夏のストレンジャー』は、カミュの”異邦人”をモチーフとしたとされる一曲。

私が高校生の頃に発表された曲だったと思います。

当時、かったるい感じがかっこいいなーという印象でしたが、今も変わらず。

 

アンコールその1での、グループサウンズのコーナーでは、

前の方を見ながら私も一緒に踊ってみました。

 

アンコールその2は、多くのファンが大好きな『SWEAT&TEARS』。

私は通訳案内士試験に落ち続けて、あきらめそうになった時に

この曲を聴いて、なんとか踏みとどまったなぁ。

・・・などと考えていたら、天井から、カラフルな風船が!!!

童心に返り、ピンク色の風船を一つだけ手にしました。

 

ラストは、ヒット曲が出る前(1981年)の『SAVED BY THE LOVE SONG』。

元々、ライブハウスで歌うアコースティックギターの曲だったはずですが、

この日のステージでは、まるで荘厳な組曲のようでした。

 

お客さんの少ない時代から一回一回のライブを大切にし、

60歳を過ぎた今も大きな会場で歌い続けるTHE ALFEE。

たくさんの夢と希望勇気をありがとうございます。

しっかりとパワーをチャージしました。私もがんばります。

| | コメント (2)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »