« 13ヶ月分の洗剤 | トップページ | いわき帰省プロジェクト »

2017年6月 7日 (水)

野ばら、のち豪雨。

月曜日の夕方、東京は突然の豪雨に見舞われました。

外に出ていた方も多い時間帯だったのではないでしょうか。

 

私は病院でのピアノ演奏の帰り道でした。

楽譜等、紙類が濡れてしまうと困るので(そもそも傘を持っていないし)、

自宅の最寄り駅の建物で約1時間半、雨が通り過ぎるのを待ちました。

 

いつもの活動だと、もう少し早く帰るので

雨に遭わなくてすんだはずなのですが、

この日はたまたま、予定の時間の演奏が終わるタイミングに

患者さんが聴きに来られました。

 

演奏時間を延長し、患者さんの体調に合いそうだと感じた

短いながらも美しいメロディーの『野ばら』などを弾きました。

この時は、まだ空も明るくて雨の予兆はなく・・・。

 

この後、乗換駅で買い物をして最寄り駅に着いたら

まさかの雨、雨、雨!!!

 

洗濯物がだめになったなぁなどとがっくりするのも無駄なほどの降り方で、

自分自身が無事に帰れるかどうかさえ、心配になるほどです。

 

結局、雨雲はいつまでも上空に居座り、

税込500円の傘を買い、楽譜をかばいながら帰宅しました。

 

そんな東京も梅雨入りとのこと。

しばらくは雨と上手に付き合わないといけませんね。

|

« 13ヶ月分の洗剤 | トップページ | いわき帰省プロジェクト »

コメント

こんばんは。
突然のゲリラ豪雨…これからの時季、どんどん増えてくるでしょうね。
車社会の田舎でも、(目的地に着いたはいいが)豪雨すぎて「車から出られない」ということが発生します。
電車移動の都会は大変ですよね。
でも、野ばらのメロディーを聞いた患者さんたちの心や気持ちは晴れやかだったと思いますよ♪

投稿: みぃ | 2017年6月13日 (火) 19:17

>みぃさん
こんばんは。
この豪雨には驚きました。
今日は梅雨らしい”しとしと”した雨です。

なるほど、車社会だと
目的地を目前にして車から出られなくなることがあるのですね。
そういえば、高速道路で大雨に遭った時は、
いくらワイパーをかけてもフロントガラスが雨の跡だらけでした。

6月は雨の名曲があるので、実は選曲しやすい月だったりします。
せめて音楽で晴れやかな空気を作れたら・・・と思っています。

投稿: ようこ | 2017年6月13日 (火) 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13ヶ月分の洗剤 | トップページ | いわき帰省プロジェクト »