« 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その5(角館歴史村 青柳家) »

2017年4月22日 (土)

大曲・角館の旅二日目その4(稲庭うどん、デジカメとのお別れ)

新潮社記念文学館からさらに歩くと、武家屋敷の通りが見えてきました。

黒塀が特徴です。

桜の季節は、どんな景色になるのでしょうか。

Img_23622  

 

お昼の時間であることに気づき、立派な店構えに魅かれて入ってみました。

Img_2364  

秋田名物の稲庭うどんを食べるつもりが・・・、

食事処ではなく、稲庭干饂飩を売っている老舗でした。(^^ゞ

間違えたとは言えず、自宅用に干饂飩とつゆを買いました。

(帰宅後、冷やし稲庭うどんを作ったら、つるっといけました!)

 

食事処を探し、稲庭うどんと比内地鶏の炊き込みご飯セットをいただきました。

Img_2365  

名物のいぶりがっこもついています。(うどんの左上)

ううう、冷酒が欲しい・・・。

しかし、まだ旅の途中です。ここはノンアルコールでいきましょう。

 

この後、デジカメで武家屋敷の写真を撮ろうとしたら、

異常を知らせる表示が出ました。

 

2005年に買ったデジカメくん。

都内のみならず、外国にも行き、いろいろな風景を残してくれました。

ついに寿命がきたのでしょう。

多くの写真はこのブログでも使用しました。

12年間本当にありがとう。ゆっくり休んでください。

 

(次は、角館歴史村 青柳家)

|

« 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その5(角館歴史村 青柳家) »

コメント

秋田県は高校生の頃に東北三大祭りの一つの竿灯祭りを見に行った
記憶があるくらいですが、沢山見るところがあるのですね。

案内のお仕事が無くなってしまったのは残念でしたが、見所を隈なく
周った今回の一人旅は後にきっと役立つことと思います。
一通り拝見しましたがデジカメが気になったのと、稲庭うどんのお写真が
美味しそうだったのでこちらに書いていますwink

OLの頃九州にご一緒した時に私のフィルムカメラが故障して
使い捨てカメラを買い、当時は不測の事態でも便利なものが
売られているなぁと思いましたが、現在ではデジカメが故障しても
スマホがデジカメの代役を務めるという文明の利器が大活躍、
時代の趨勢をも感じました。

有意義な旅、お疲れ様でしたconfident

投稿: くらげちゃん | 2017年4月25日 (火) 03:50

>くらげちゃん
コメントありがとうございますclover
旅行好きなくらげちゃん、竿灯祭りにも行っていたのですね!

今回の旅では、小さめの博物館が充実していて
思ったよりも濃い内容になりました。

角館で買った稲庭うどんは完食、
東京のデパ地下にも置いてあったので、追加しました。

そうそう、一緒に旅行した頃はフィルムの時代でしたね。
観光地の売店にぶら下がっていた”写ルンです”が思い出されます。

それにしても、私のデジカメも海外旅行の初日などに故障したら、
どんなだったろう?と冷や汗ものです。
それもすべて込みでの旅の思い出ということで・・・。(^^)

投稿: ようこ | 2017年4月27日 (木) 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その5(角館歴史村 青柳家) »