« 大曲・角館の旅二日目その2(田沢湖線) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その4(稲庭うどん、デジカメとのお別れ) »

2017年4月19日 (水)

大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館)

さあさあ、角館の観光が始まりました。

有名な武家屋敷などは、角館駅から約15分ほど離れたところにあります。

この空気と静寂を独り占めにして歩くぞーーー!

 

最初に訪問したのは、武家屋敷よりも手前にある新潮社記念文学館です。

ちょうど、作家の先生方の写真展が開かれていました。

ずらっと並んだオフショットは見応えあり!

Img_20170414_1623312  

 

日本を代表する出版社、新潮社を創設した佐藤義亮(ぎりょう)氏は

ここ角館の出身とのこと。

 

文学を志したものの、すぐにはそういった仕事には就けず、

東京の印刷会社で働きながらチャンスを窺った

・・・という人生に、私は感銘を受けました。

Img_23492  

 

こちらの記念文学館の横には立派な図書館があり、

今もなお、新潮社から出版物の寄贈が続いているとのことです。

秋田県は読書量が多いという話を聞いたことがありますが、

こういった活動もきっとその源になっているのだと思いました。

 

新潮文庫のオブジェは、人の高さほどもありました。

Img_2353  

そういえば高校時代、ヘルマン・ヘッセを読んだなぁ・・・。

 

東北の文学事情を知りたい方、読書好きの方におすすめしたい場所です。

 

(次は、稲庭うどん、デジカメとのお別れ)

|

« 大曲・角館の旅二日目その2(田沢湖線) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その4(稲庭うどん、デジカメとのお別れ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大曲・角館の旅二日目その2(田沢湖線) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その4(稲庭うどん、デジカメとのお別れ) »